ロベルト・レーマク (数学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ロベルト・エーリヒ・レーマクRobert Remak, 1888年2月14日 ベルリン - 1942年11月13日 アウシュヴィッツ)は、ドイツ数学者ユダヤ系レマクともいう。祖父ロベルト・レーマク生理学者・神経病学者。

ベルリン大学フロベニウスのもとで学位を取得。代数学トポロジー代数的整数論加群有限群に関するクルル・レマク・シュミットの定理などに業績を残す。経済学への数学の応用にも関心があった。

1929年からベルリン大学で講師を務めていたが、33年にナチスが政権を取ると、ユダヤ系のため職を追われオランダに移住。だが42年にナチスがオランダを占領すると、逮捕されてアウシュビッツに送られ殺害された