ロベルト (ナポリ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

ロベルト1世Roberto I, 1277年 - 1343年1月20日)は、アンジュー家ナポリ王(在位:1309年 - 1343年)。カルロ2世の三男。母はハンガリーイシュトヴァーン5世の娘マーリア。ロベルト賢明王(Roberto il Saggio)と呼ばれる。

目次

ナポリ王国

1309年、父王カルロ2世の死によって即位した。このとき早世した兄カルロ・マルテッロの息子カルロ・ロベルトも有力な王位継承権者であったが、カルロ・ロベルトはハンガリー王(カーロイ1世として即位)となるのに忙しく、ナポリ王位には興味を示さなかったため、ロベルトが王位を継承した。

アカイア公国を巡る活動

アカイア公国の支配権はロベルトの次弟ターラント公フィリッポが保有していたが、フィリッポの死((1313年)の後、イザベル・ド・ヴィルアルドゥアンの娘マオー・ド・エノーが夫ルイ・ド・ブルゴーニュと共に獲得していた。ロベルトはルイが1316年に死去した事を好機として、翌1317年、マオーをイタリアに連行し、自分の別の弟グラヴィナ伯ジョヴァンニとの再婚を要求した。しかしマオーはこれに応じず、しかも貴族ユーグ・ド・ラ・パリッスとの結婚を密かに強行していた。

ロベルトはこれに激怒し、マオーからアカイア公位を剥奪して投獄すると、自らアカイア公を兼位した。その後ロベルトはイタリアでの政局に忙殺された為(神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世がイタリアに遠征した)、1322年にユーグを大逆罪で処刑して後顧の憂いを断った後、ジョヴァンニにアカイア公位を譲った。

家族

1297年にアラゴンペドロ3世の娘ヨランダ(1273年 - 1302年)と結婚し、2男をもうけた。

1304年にマヨルカジャウメ2世の娘でヨランダの従妹にあたるサンチャ(1285年頃 - 1345年)と再婚したが、子供は生まれなかった。

関連項目

先代:
カルロ2世
ナポリ王
プロヴァンス伯

1309年 - 1343年
次代:
ジョヴァンナ1世
先代:
ルイ・ド・ブルゴーニュ

マオー・ド・エノー(共治)

アカイア公
1318年 - 1322年
次代:
ジョヴァンニ・ディ・グラヴィナ
執筆の途中です この「ロベルト (ナポリ王)」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア)

今日は何の日(6月17日

もっと見る

「ロベルト_(ナポリ王)」のQ&A