ロボコンの大冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

ロボコンの大冒険』(ロボコンのだいぼうけん)は、1976年に東映まんがまつりの作品の一環として上映された子供向けの映画。


概要

当時テレビ朝日系列で放送されていた人気特撮ドラマ・がんばれ!!ロボコンの映画版で唯一のオリジナル脚本である(他に3本製作されているが、これらはテレビ版をそのまま映画用に2次利用されていた)。

劇場版として千葉勝浦ロケが行われた。またロボコンの表情のアニメーションは本作では新撮されている。また、ロボガキの着ぐるみがこの映画登場の為に改修された模様。

「東映特撮ヒーロー THE MOVIE BOX」(2007年12月7日発売)で、他3作の劇場版と共にTVシリーズに先駆けてDVD化された。

ストーリー

ロボコンのガールフレンド、ロビンちゃん(島田歌穂)の故郷であるバレリーナ星をのっとろうと宇宙海賊・キャプテンワルダーとその配下の「恐ろしい男」妖術師アークマン(天本英世)にロビンちゃんがさらわれてしまう。ロボコンの仲間たちはアークマンの妖術磁力線に操られて敵になってしまう。ロボコンは単身キャプテンワルダーからロビンちゃんを取り戻そうと奮戦する。

今日は何の日(4月21日

もっと見る

「ロボコンの大冒険」のQ&A