ロマリッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロマリッチ Football pictogram.svg
Romaric 2010.jpg
名前
本名 クリスティアン・コフィ・エンドリ・ロマリッチ
Christian Koffi Ndri Romaric
ラテン文字 ROMARIC
基本情報
国籍 コートジボワールの旗 コートジボワール
フランスの旗 フランス
生年月日 (1983-06-04) 1983年6月4日(35歳)
出身地 アビジャン
身長 187cm
体重 88kg
選手情報
ポジション MF
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001–2003 コートジボワールの旗 ASECミモザ
2003–2005 ベルギーの旗 KSKベフェレン 44 (18)
2005–2008 フランスの旗 ル・マンUC 89 (7)
2008–2012 スペインの旗 セビージャFC 81 (3)
2011–2012 スペインの旗 RCDエスパニョール (loan) 28 (3)
2012–2013 スペインの旗 レアル・サラゴサ 12 (0)
2013–2015 フランスの旗 SCバスティア 60 (4)
2015-2016 キプロスの旗 オモニア・ニコシア 30 (0)
2016 インドの旗 ノースイースト・ユナイテッド 12 (2)
代表歴
2005-2013 コートジボワールの旗 コートジボワール 44 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

クリスティアン・コフィ・エンドリ・ロマリッチ(Christian Koffi N'dri Romaric, 1983年6月4日 - )は、コートジボワールアビジャン出身の元サッカー選手。元コートジボワール代表である。現役時代のポジションはMFボランチ、攻撃的ミッドフィールダー)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期の経歴[編集]

他の多くのコートジボワール人選手と同じく、ASECミモザの名高いユースアカデミーでキャリアをスタートさせた。2003年、ASECミモザと提携しているベルギー・ジュピラーリーグKSKベフェレンに移籍し、高いユーティリティ性と能力を発揮して頭角を現した。

ル・マンUC[編集]

2005年7月14日フランスル・マンUCに移籍した。8月にはベルギーリエージュ近郊のハイウェイを走行中に自動車事故に巻き込まれ、鎖骨を骨折して頭部も打ちつけたが、すぐに回復してスターティングメンバーに名を連ねた。2005-06シーズンは活躍はできなかったものの、2006年夏に守備的ミッドフィールダーのレギュラーだったフレデリック・トーマとヨアン・オートゥクールが相次いで移籍したため、急遽ロマリッチが守備的ミッドフィールダーにコンバートされると、それまでトップ下として起用されることが多かった彼にとって転機となり、粘り強いマークと球離れの速さを身につけた。

2006-07シーズン序盤戦には活躍を見せ、2006年11月にはヴィカシュ・ドラソーを手放すパリ・サンジェルマンFCがドラソーの後継者として獲得することに関心を抱いていると報道された。主に新人のマテュー・クタドゥールとコンビを組み、チームの要としてリーグ・アン残留に貢献した。2007年夏には長年に渡ってキャプテンを務めて来たローラン・ボナールオリンピック・マルセイユに移籍したことで、ルディ・ガルシア監督はロマリッチをキャプテンに指名した。素行が良いとは言えない選手がキャプテンに指名されたことに対して驚きの声も上がったが[要出典]、2007-08シーズン開幕後も安定したプレーを披露し、チームの大黒柱とも言える存在に成長した。

セビージャFC[編集]

2008年6月23日、同胞のアルナ・コネが在籍するスペインセビージャFCと5年契約を結んだ。それ以前よりセビージャはロマリッチ獲得に興味を示していると報道されていた。移籍金は800万ユーロ以上と推定されており、違約金は3000万ユーロに設定された。12月7日のレアル・マドリード戦(4-3)で初得点を決め[1]、2008-09シーズンは36試合に出場して1得点3アシストを挙げた。2009年1月25日のホームでのラシン・サンタンデール戦(1-2)で移籍後2点目を決めたが、2009-10シーズンは新加入で同胞のディディエ・ゾコラにポジションを奪われ、19試合の出場にとどまった。2010年12月9日10月30日に行われたFCバルセロナとのアウェー戦の前夜にゾコラとともにホテルから抜け出したことが発覚し、それぞれ300ユーロの罰金を受けた[2]

RCDエスパニョール[編集]

2011年8月31日RCDエスパニョールにレンタル移籍した[3]

レアル・サラゴサ[編集]

2012年7月27日にセビージャとの契約を解除し、7月28日レアル・サラゴサへ完全移籍した。

SCバスティア[編集]

サラゴサの降格に伴い、2013年7月30日SCバスティアに加入。

オモニア・ニコシア[編集]

2015年9月10日オモニア・ニコシアに加入。

ノースイースト・ユナイテッド[編集]

2016年8月14日ノースイースト・ユナイテッドFCに加入。

代表[編集]

ドイツ・ワールドカップに初出場を果たしたコートジボワール代表のW杯出場メンバーにも選出。グループリーグの対オランダ代表戦にてW杯デビューも果たした。

2005年にコートジボワール代表デビューした。2006年にはコートジボワール代表にとって初のFIFAワールドカップ出場となる2006 FIFAワールドカップに参加し、グループリーグのオランダ戦に出場した。同年にはアフリカネイションズカップ2006にも出場し、決勝でエジプトに敗れた。2009年3月29日、2010 FIFAワールドカップ・アフリカ予選マラウイ戦(5-0)で試合開始直後に初得点を決めた。6月7日のギニア戦(2-1)では決勝点を決めている。2010 FIFAワールドカップ本大会グループリーグの北朝鮮戦で代表3得点目を決めた。

個人成績[編集]

代表での得点[編集]

脚注[編集]