ロマン・グレボヴィチ (ノヴゴロド公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロマン・グレボヴィチ
Роман Глебович
ノヴゴロド公
ムスチスラヴリ公
在位 ノヴゴロド公:? - 1293年
ムスチスラヴリ公1281年 - 1301年以降

死去 1301年以降
子女 ドミトリー
ヴァシリー
オリガ
家名 リューリク家
父親 スモレンスク公グレプ
テンプレートを表示

ロマン・グレボヴィチロシア語: Роман Глебович、? - 1301年以降)は、スモレンスク公グレプの末子である。ノヴゴロド公:? - 1293年ムスチスラヴリ公1281年 - 1301年以降。

生涯[編集]

1293年のジョチ・ウルス軍の襲撃(ru)、同年のウラジーミル大公国アンドレイによるウラジーミルノヴゴロド支配の後すぐに、ロマンはアンドレイの依頼を受けて[1]スウェーデン王国軍の建設したカレルィ人(ru)の地の要塞への遠征軍を率いた。しかし雪解けと馬の飼料の欠乏のために、ルーシ軍は撤退を余儀なくされた。

ノヴゴロド公位に就いた年は不詳であるが、L.ヴォイトヴィチの説によれば、ロマンは1293年までノヴゴロド公だったという[2]。また年代記によれば、1284年からノヴゴロド公にはドミトリーが就いている[1]

1300年、兄のアレクサンドルと共に、ドロゴブージの包囲戦に参加した。しかしブリャンスク公アンドレイの援軍が到来し、ロマンら兄弟の軍は敗れた。

妻子[編集]

妻の名前は不明である。子には以下の人物がいる。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b НОВГОРОДСКАЯ ПЕРВАЯ ЛЕТОПИСЬ МЛАДШЕГО ИЗВОДА
  2. ^ Л.Войтович КНЯЗІВСЬКІ ДИНАСТІЇ CXIДНОЇ ЄВРОПИ
  3. ^ В.М. Коган. История Дома Рюриковичей // Дом Королей Галицких. — 1993.. — Т. 1.