ロマン・コウデルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロマン・コウデルカ

ロマン・コウデルカ(Roman Koudelka、1989年7月9日 - )は、チェコリベレツ州Turnov出身のスキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

コウデルカはLomnice LSKでリヒャルト・シャラートの指導を受けた。

2004年からスキージャンプ・コンチネンタルカップに参戦、2006年9月2日にスキージャンプ・サマーグランプリクラーニ大会で3位に入賞するなど好成績を残し、2006-2007シーズンからスキージャンプ・ワールドカップに参戦した。ワールドカップへのデビューは2006年11月24日のクーサモで、31位だった。

2007年ノルディックスキー世界選手権札幌大会ではノーマルヒル、ラージヒルとも25位、団体9位となった。

自国チェコのリベレツで開催された2009年ノルディックスキー世界選手権ではノーマルヒル、ラージヒルともに9位、団体戦5位。このシーズンのワールドカップ総合は自己最高の16位だった。

2010年バンクーバーオリンピックではノーマルヒル12位、ラージヒル23位、団体7位となった。