ロメロ・スペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブライアン・ダニエルソンによるロメロ・スペシャル。

ロメロ・スペシャルは、プロレス技の一種である。タパティアメキシカン・サーフボードとも呼ばれる。日本名は吊り天井固め(つりてんじょうがため)。

概要[編集]

メキシコ出身レスラーのラウル・ロメロが創案したとされる[1]。うつ伏せになった相手の腿の外側から自身の足で巻き込むように挟み、その状態で自身の両手で相手の両手を持ち、そのまま後方へと倒れ込み、寝るようにして相手の体を吊り上げる。


脚注[編集]

  1. ^ 同じくメキシコ出身レスラーのリト・ロメロの創案とする説もある。

関連項目[編集]