ロレンツォ・デ・シルヴェストリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロレンツォ・デ・シルヴェストリ Football pictogram.svg
De Silvestri.jpg
2013年のデ・シルヴェストリ
名前
愛称 ロレ[1]、ロロ、ロッロ
ラテン文字 Lorenzo De Silvestri
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1988-05-23) 1988年5月23日(31歳)
出身地 ローマ
身長 185cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 トリノFC
ポジション DF
背番号 29
利き足 右足
ユース
イタリアの旗 ラツィオ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2009 イタリアの旗 ラツィオ 47 (0)
2009-2014 イタリアの旗 フィオレンティーナ 74 (2)
2012-2014 イタリアの旗 サンプドリア (loan) 59 (4)
2014-2016 イタリアの旗 サンプドリア 50 (5)
2016- イタリアの旗 トリノ 83 (8)
代表歴
2003-2004  イタリア U-16 18 (1)
2003-2005  イタリア U-17 18 (3)
2005  イタリア U-18 2 (0)
2005-2007  イタリア U-19 10 (0)
2006  イタリア U-20 1 (0)
2007-2010  イタリア U-21 11 (0)
2008  イタリア U-23 6 (0)
2010- イタリアの旗 イタリア 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月21日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロレンツォ・デ・シルヴェストリLorenzo De Silvestri1988年5月23日 - )は、イタリアローマ出身のサッカー選手セリエAトリノFC所属。ポジションはDF(右サイドバック)。

経歴[編集]

ラツィオ[編集]

ラツィオ在籍時

2005年7月23日に行われたUEFAインタートトカップの対タンペレ・ユナイテッド戦において、試合時間87分にクリスティアン・マンフレディーニと交代で出場、わずか3分間であったが17歳にしてトップチームでの公式戦デビューを果たす。同大会にはオリンピック・マルセイユ戦にも出場、国内大会へは2006年1月23日に行われたコッパ・イタリアでのASチッタデッラ戦へ出場し、国内リーグ戦には出場はなかったものの、デビューシーズンとなった2005-06シーズンは計3試合に出場した。2006-07シーズン、トップチームに引き上げられクラブとプロ契約する。2006年8月20日にコッパイタリアでの対SSレンデ戦において、プロ契約後の初得点を記録し、2007年4月22日ACFフィオレンティーナ戦でセリエAデビューを果たす。2007-08シーズンにはリーグ戦で24試合の出場を果たすとともに、UEFAチャンピオンズリーグにも6試合に出場。2007年11月19日にはイギリスのサッカー専門誌であるワールドサッカー誌が選ぶ、世界で最も有望な若手選手トップ50にも選出される[2]。2007年12月28日にはイギリスの大衆紙であるザ・サンに、「ヨーロッパにおける20歳以下選手のトップ20」に後のチームメイトとなるステヴァン・ヨヴェティッチらと共に選ばれている[3]。順風満帆なキャリアだと思われていたが、2008-09シーズンはリールOSCから移籍してきたステファン・リヒトシュタイナーにレギュラーを奪われて出場機会が減少、一転し出場機会を求め移籍を志願した。

フィオレンティーナ[編集]

ACFフィオレンティーナ時代

2009年8月26日に550万ユーロ(約7億円)の移籍金でフィオレンティーナへ移籍[4]。同年9月28日に行われた対リヴォルノ戦でフィオレンティーナでの公式戦にデビューする。同シーズンの2010年4月3日にはパルマFC戦においてフィオレンティーナ移籍後、及びセリエAにおいてもキャリア初となる得点を記録した。

サンプドリア[編集]

2012年6月16日UCサンプドリアへレンタル移籍した。

代表[編集]

各年代の代表を経験し、2007年9月11日に19歳ながら飛び級で招集され、対アルバニア戦でU-21イタリア代表デビューを果たした。ピエルルイジ・カジラギ監督の元、2008年8月の北京オリンピックに2試合出場(イタリアは準々決勝で敗退)した。2009年以降はU-21イタリア代表でキャプテンを務めた。

2010年9月7日フェロー諸島代表戦でA代表デビューを果たした。

人物・特徴[編集]

SSラツィオ下部組織出身で、サイドバックセンターバックのポジションでプレーできるというプレースタイルからも、かつてのキャプテンであるアレッサンドロ・ネスタの後継者であると考えられていた。ラツィオでは将来のバンディエラとして期待されていたが、2009年に同クラブの会長であるクラウディオ・ロティートとの確執[5]から移籍を志願し、ネスタと同じくクラブを去ることになる。各年代でイタリア代表に招集されており、2008年8月の北京オリンピックに2試合出場した。

エピソード[編集]

  • フィオレンティーナ移籍の際にネスタが在籍するACミランからも興味を持たれていたことを明かした[5]

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 UCサンプドリア 2012-2014 (loan)

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
2005-06 ラツィオ 29 セリエA 0 0 1 0 UI 2 0 3 0
2006-07 2 0 2 1 - - 4 1
2007-08 24 0 4 1 CL 6 0 34 1
2008-09 21 0 7 0 - - 28 0
2009-10 ACFフィオレンティーナ 25 1 3 0 CL 5 0 33 1
通算 イタリア ラツィオ 40 4 - - - - 69 2
イタリア フィオレンティーナ 25 1 3 0 CL 5 0 33 1
総通算 72 1 17 2 13 0 102 3

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

代表[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Estate Viola - Estate Viola De Silvestri - violachannel.tv 2010年6月9日 (イタリア語)
  2. ^ De Silvestri fra i 50 baby d'oro Archived 2011年7月19日, at the Wayback Machine. - corrieredellosport.it 2007年11月19日 (イタリア語)
  3. ^ calcio: giovani talenti, de silvestri e pato tra 'top 20' per il 'sun' - tio.ch 2007年12月28日 (イタリア語)
  4. ^ Fiorentina, preso De Silvestri - gazzetta.it 2009年8月24日 (イタリア語)
  5. ^ a b デ・シルヴェストリ:「ロティート会長から離れた」 - Goal.com 2009年8月28日