ロワイヤリュー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロワイヤリュー賞
Prix de Royallieu
開催国 フランスの旗フランス
主催者 フランスギャロ
競馬場 パリロンシャン競馬場
2019年の情報
距離 芝2800メートル
格付け G1
賞金 賞金総額25万ユーロ[1]
出走条件 サラブレッド3歳以上牝馬
出走資格も参照
負担重量 別定戦本文に記載
テンプレートを表示

ロワイヤリュー賞(ロワイヤリューしょう、: Prix de Royallieu)は、フランスギャロパリロンシャン競馬場2800メートルで施行する競馬G1競走国際競走)である。牝馬限定戦として凱旋門賞ウィークエンドにおいて凱旋門賞の前日に行なわれる。

概要[編集]

競走名となったロワイヤリューとは19世紀後半にフレデリック・ラグランジュフランス語版伯爵[† 1]の育成牧場があったコンピエーニュ近郊にある森林地域に対する呼称のことである[2]

1922年に3歳牝馬限定の重賞競走として創設され、パリロンシャン競馬場の芝2600mで10月下旬に施行された。それ以降の変更は施行距離の小幅なものと1965年の古馬開放にとどまっている。長年パリロンシャン競馬場の秋開催に組み込まれており、1988年から凱旋門賞の前日に開催されることとなった[2]。本競走の後、長距離路線に進む馬も多くロワイヤルオーク賞などでの活躍が見られる。

出走資格は3歳以上の牝馬[3]

負担重量は3歳54Kg、4歳以上57.5kgを基本としている[3]

歴史[編集]

  • 1922年 パリロンシャン競馬場で行れる3歳牝馬に限定した芝2600mの重賞競走、ロワイヤリュー賞として創設。
  • 1939年 - 1940年 第二次世界大戦の影響により中止。
  • 1941年 - 1942年 ル・トランブレー競馬場の芝2500mで代替開催。
  • 1943年 パリロンシャン競馬場の芝2600mに戻る。
  • 1965年 出走条件を3歳以上に変更。
  • 1971年 グループ制導入に伴いG3に格付け。
  • 1972年 施行距離を芝2500mに短縮(以降、この距離で固定)。
  • 1988年
    • 施行時期を凱旋門賞の前日(原則10月第1週土曜日)に移行。またこの年にG2へ格上げ。
  • 2012年 賞金総額が13万ユーロから25万ユーロに増額。
  • 2013年 1位入線のシャルネッタ (Chalnetta) が進路妨害により2着降着、被害馬だった2位入線のエビーザ (Ebiyza) が繰り上がり優勝。
  • 2016年 - 2017年 シャンティイ競馬場で代替開催。
  • 2019年 G1に昇格され、距離も芝2500mから芝2800mに延長。

歴代優勝馬[編集]

※1979年以降の優勝馬を記載する[4]

回数 施行日 調教国・優勝馬 日本語読み 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
第56回 1979年10月14日 フランスの旗Sealy シーリー 牝3   F.ヘッド C.ヘッド
第57回 1980年10月12日 フランスの旗Mariella マリエラ 牝3   P.パケ (en) F.ブータン (en)
第58回 1981年10月11日 フランスの旗Don't Sulk ドントサルク 牝3   P.パケ F.ブータン
第59回 1982年10月10日 フランスの旗Gipsy Road ジプシーロード 牝3   C.アスムッセン F.ブータン
第60回 1983年10月9日 イギリスの旗High Hawk ハイホーク 牝3 2:39.9 W.カーソン J.L.ダンロップ
第61回 1984年10月14日 フランスの旗Euliya エウリーヤ 牝3 2:47.8 Y.サンマルタン A.ロワイエ=デュプレ
第62回 1985年10月13日 フランスの旗Mersey マージー[† 2] 牝3 2:41.0 E.ルグリ (en) P.L.ビアンコーヌ (en)
第63回 1986年10月12日 フランスの旗Sharaniya シャラニヤ 牝3 2:40.4 Y.サンマルタン A.ロワイエ=デュプレ
第64回 1987年10月10日 フランスの旗Her Highness ハーハイネス 牝3 2:46.3 R.ブライアード G.ブリッジラン
第65回 1988年10月1日 フランスの旗Summer Trip サマートリップ 牝3 2:41.6 A.ジベール J.フェローズ
第66回 1989年10月7日 フランスの旗Passionaria パッショナリア[† 3] 牝3 2:38.9 C.アスムッセン J.ハモンド (en)
第67回 1990年10月6日 イギリスの旗Madame Dubois マダムデュボワ 牝3 2:42.6 P.J.エデリー H.セシル
第68回 1991年10月5日 フランスの旗Saganeca サガネカ[† 4] 牝3 2:41.9 G.モッセ A.スパヌー
第69回 1992年10月3日 フランスの旗Fabulous Hostess ファビュラスホステス 牝4 2:53.8 O.ドゥルーズ C.ヘッド
第70回 1993年10月2日 フランスの旗Halesia アレジア 牝4 2:49.0 D.ブフ E.ルルーシュ
第71回 1994年10月1日 フランスの旗Dalara ダララ 牝3 2:42.2 G.モッセ A.ロワイエ=デュプレ
第72回 1995年9月30日 アイルランドの旗Russian Snows ラシャンスノーズ 牝3 2:45.0 M.キネーン J.オックス (en)
第73回 1996年10月5日 イギリスの旗Annaba アナバ 牝3 2:43.2 L.デットーリ J.ゴスデン
第74回 1997年10月4日 イギリスの旗アラブ首長国連邦の旗Tulipa チューリパ 牝4 2:39.4 L.デットーリ S.ビン・スルール
第75回 1998年10月3日 フランスの旗Lexa レキサ 牝4 2:44.8 D.ブフ H.ファン・ザウレン
第76回 1999年10月2日 イギリスの旗アラブ首長国連邦の旗Fairy Queen フェアリークイーン 牝3 3:03.8 S.ギヨ (en) S.ビン・スルール
第77回 2000年9月30日 アイルランドの旗Mouramara ムラマラ 牝3 2:37.5 G.モッセ J.オックス
第78回 2001年10月6日 フランスの旗Moon Queen ムーンクイーン 牝3 2:49.3 L.デットーリ J-C.ルジェ
第79回 2002年10月5日 フランスの旗Dance Routine ダンスルーティン 牝3 2:39.4 C.スミヨン A.ファーブル
第80回 2003年10月4日 フランスの旗Moon Search ムーンサーチ 牝4 2:48.6 C.スミヨン A.ファーブル
第81回 2004年10月2日 フランスの旗Samando サマンド 牝4 2:39.4 S.パスキエ F.ドゥーメン (en)
第82回 2005年10月1日 フランスの旗Oiseau Rare ワゾーラール 牝3 2:40.3 C.スミヨン A.ファーブル
第83回 2006年9月30日 フランスの旗Montare モンターレ 牝4 2:39.5 O.ペリエ J.ピース (en)
第84回 2007年10月6日 イギリスの旗Anna Pavlova アンナパヴロワ 牝4 2:41.3 L.デットーリ R.フェイヒー
第85回 2008年10月4日 フランスの旗Balladeuse バラドゥーズ 牝3 2:38.3 O.ペリエ A.ファーブル
第86回 2009年10月3日 フランスの旗Daryakana ダリヤカナ (en)[† 5] 牝3 2:38.4 G.モッセ A.ロワイエ=デュプレ
第87回 2010年10月2日 フランスの旗Maria Royal マリアロワイヤル 牝3 2:49.6 G.モッセ A.ロワイエ=デュプレ
第88回 2011年10月1日 イギリスの旗Sea of Heartbreak シーオブハートブレイク 牝4 2:53.90 O.ペリエ R.チャールトン (en)
第89回 2012年10月6日 フランスの旗Dalkala ダルカラ 牝3 2:57.04 C.ルメール A.ロワイエ=デュプレ
第90回 2013年10月5日 フランスの旗Ebiyza エビーザ 牝3 2:44.17 C.ルメール A.ロワイエ=デュプレ
第91回[5] 2014年10月4日 フランスの旗Frine フリン 牝4 2:37.29 G.モッセ C.ラフォン=パリアス
第92回[6] 2015年10月3日 フランスの旗Candarliya カンダルリヤ 牝3 2:37.05 C.スミヨン A.ロワイエ=デュプレ
第93回[7] 2016年10月1日 フランスの旗The Juliet Rose ザジュリエットローズ 牝3 2:31.14 S.パスキエ N.クレメント
第94回[8] 2017年9月30日 フランスの旗The Juliet Rose ザジュリエットローズ 牝4 2:35.55 S.パスキエ N.クレメント
第95回[9] 2018年10月6日 フランスの旗Princess Yaiza プリンセスヤイザ 牝3 2:43.87 A.アッゼニ G.クロムウェル
第96回[10] 2019年10月5日 イギリスの旗Anapurna アナプルナ 牝3 3:10.98 L.デットーリ J.ゴスデン

1978年以前のおもな優勝馬は以下のとおり。

  • 1924年 - Tetratela
  • 1925年 - Frisette
  • 1934年 - Samee
  • 1936年 - Miraflore[† 6]
  • 1937年 - Kiss Curl
  • 1938年 - Queen
  • 1961年 - Bobette
  • 1963年 - Monique
  • 1966年 - アンドルーサ (Andrusa)
  • 1970年 - Prime Abord
  • 1971年 - イグザンプル (Example)
  • 1973年 - シバライト (Sybarite)
  • 1975年 - Gramy
  • 1976年 - ペイントザタウン (Paint the Town)
  • 1977年 - トリリオン (Trillion)
  • 1978年 - Amazer

日本人騎手の成績[編集]

日本調教馬以外での調教成績

回数 施行日 騎乗馬名 性齢 騎手名 管理調教師 頭数 着順
第71回 1994年10月1日 アイルランドの旗Royal Ballerina(ロイヤルバレリーナ) 牝4 武豊 M.Kauntze 11頭 4着
第76回 1999年10月2日 フランスの旗Moteck(モテック)[† 7] 牝4 武豊 E.ルルーシュ 11頭 8着
第78回 2001年10月6日 フランスの旗Beyond The Waves 牝4 武豊 J.ピース 9頭 8着

記録[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ グラディアトゥールオーナーブリーダーとして有名。
  2. ^ 欧州遠征中のシリウスシンボリが出走したロワイヤルオーク賞とフォワ賞における優勝馬。
  3. ^ 後に繁殖牝馬として日本に輸入された。代表産駒はフサイチソニック
  4. ^ 1984年凱旋門賞勝馬サガスの仔にして1998年凱旋門賞勝馬サガミックスの母。
  5. ^ アーガー・ハーン4世の所有馬で無敗の4連勝でこの競走に挑み初重賞制覇、次走の香港ヴァーズも優勝している。
  6. ^ 本邦輸入種牡馬ミンシオの祖母。
  7. ^ 1999年フロール賞(G3)優勝馬、吉田照哉が本競走より前に買取り馬主となった。後に日本で繁殖牝馬となる。代表産駒はサンテミリオン

出典[編集]

  1. ^ ICSC 2014 France2014年12月12日閲覧。
  2. ^ a b フランスギャロ、ロワイヤリュー賞の歴史
  3. ^ a b IFHA、競走詳細
  4. ^ galopp-sieger,Prix de Royallieu
  5. ^ 2014年レース結果 - レーシングポスト、2014年10月10日閲覧
  6. ^ 2015年ロワイヤリュー賞 - レーシングポスト、2015年10月5日閲覧
  7. ^ 2016年ロワイヤリュー賞 - レーシングポスト、2016年10月2日閲覧
  8. ^ 2017年ロワイヤリュー賞 - レーシングポスト、2017年9月30日閲覧
  9. ^ 2018年ロワイヤリュー賞 - レーシングポスト、2018年10月7日閲覧
  10. ^ 2019年レース結果”. racingpost (2019年10月5日). 2019年10月6日閲覧。

参考文献[編集]

ウェブサイト