ロンダ (スペイン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Ronda

Coat of Arms of Ronda.svg

Bridgeronda.jpg
Flag of Andalucía.svg アンダルシーア州
Flag Málaga Province.svg マラガ県
面積 481.31 [1] km²
標高 723m
人口 36,909 人 (2010年[1]
人口密度 76.68 [1] 人/km²
住民呼称 rondeño/-a
Rondaの位置(スペイン内)
Ronda
Ronda
スペイン内ロンダ (スペイン)の位置
Rondaの位置(マラガ県内)
Ronda
Ronda
マラガ県内ロンダ (スペイン)の位置

北緯36度44分14秒 西経05度09分53秒 / 北緯36.73722度 西経5.16472度 / 36.73722; -5.16472座標: 北緯36度44分14秒 西経05度09分53秒 / 北緯36.73722度 西経5.16472度 / 36.73722; -5.16472

ロンダスペイン語: Ronda)は、スペインアンダルシア州マラガ県ムニシピオ(基礎自治体)。

地理[編集]

ロンダ市街を描いたアスレッホ

海抜739メートルの岩がちの台地上にある。グアディアーロ川スペイン語版の支流グアダレビン川スペイン語版が形成するロンダ渓谷スペイン語版によって市街地は2つに分断されている。この渓谷はモリノス谷まで広がる。市街地の東にはシエラ・デ・ラス・ニエベス自然公園スペイン語版があり、南にはヘナル谷スペイン語版があり、西にはグラサレーマ山脈があり、北にはカンピージョススペイン語版へとつながる平地がある。

人口[編集]

ロンダ (スペイン)の人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3]

歴史[編集]

ロンダ渓谷に架かるヌエボ橋

近隣のクエバ洞窟内で洞窟壁画が見つかっており、ロンダ周辺には新石器時代から人が定住していたとみられている。紀元前6世紀頃に住んでいたケルト人はこの地をアルンダ(Arunda)と呼んでおり、これがロンダという名称の語源となった。ケルト人の後にはフェニキア人が近郊に村をつくり、そこをアシニポスペイン語版と呼んだ。古代ギリシャ人に征服されたアルンダは、ルンダ(Runda)と改名された。

現在のロンダの基盤は、第二次ポエニ戦争後、ローマの将軍スキピオ・アフリカヌスカルタゴ遠征の最中につくられたとされる。紀元前3世紀終わりにはヒスパニアがローマに平定された。ラウルス城が築かれたことで周辺から人口が集まり、ユリウス・カエサルの時代には都市の規模になった。ルンダの住民もアシニポの住民も、ローマ市民とされた。

5世紀にローマ帝国の衰退が始まり、レキラ王率いるスエビ族が都市を征服、その後東ローマ帝国が都市を征服した。レオヴィギルド王が都市を西ゴート王国に統合するまで、アシニポは完全に打ち捨てられていた。

711年、イスラム教徒がイベリア半島へ侵入、713年にロンダは戦いらしいことをせずにベルベル人サイード・ベン・ケサディ・エル・セブセキ(Zaide Ben Kesadi El Sebseki)の元に下った。都市はイスン=ランド・オンダ(Izn-Rand Onda、城の都市)と改名され、アルアンダルスのタクルンナ県の中心地となった。

コルドバ太守国スペイン語版が分解し、タクルンナ県がアブー・ヌール・イラル・ベン・アビ・クラ(Abu Nur Hilal Ben Abi Qurra)が治める独立王国(タイファ)となった。この時代に、ロンダの都市としての歴史的な外観の大部分がつくられたと考えられている。アブー・ヌールの息子ナサルが王国を継承後殺害され、ロンダ王国はセビーリャ太守アル=ムタティードのものとなった。

1485年5月22日、長期の包囲戦後にアラゴンフェルナンド2世がロンダを陥落させたことで、ロンダのイスラム支配は終わった。征服後、イスラム時代に建てられた建物の多くが刷新され、メルカディーリョやサン・フランシスコといった郊外定住地へと市街が拡大していった。対して、古いアラブ時代の市街はラ・シウダー(La Ciudad)と呼ばれるようになった。

1572年、王立ロンダ騎士養成学校スペイン語版が設立された。

18世紀には近代闘牛の様式を確立させたフランシスコ・ロメーロが登場し、現在のロンダの顔であるヌエボ橋スペイン語版[4]ロンダ闘牛場英語版が建設された。

ロンダの要塞であったラウレル城は、退却するフランス軍によって荒らされた。19世紀から20世紀、ロンダの経済活動は引き続き僻地の経済活動であった。近郊のセラニアには20世紀初頭に鉄道が敷かれ、繁栄の時代を経験した。1918年のロンダ議会において、現在のデザインのアンダルシア州旗、州歌、州章が紹介された。

経済[編集]

ロンダはアンダルシア有数の観光地であり、今日の経済は観光業が中心であるが、農業や家具製造業も行われている。地中海沿岸のコスタ・デル・ソルから日帰りでやってくる観光客も多い。品質の良いワインセラーがある。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Población, superficie y densidad por municipios” (スペイン語). INE(スペイン国立統計局). 2012年1月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月1日閲覧。
  2. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  3. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  4. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年2月25日閲覧。