ロンドン・スタンステッド空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロンドン・スタンステッド空港
IATA: STN - ICAO: EGSS
概要
国・地域 イギリスの旗 イギリス
所在地 エセックス州
種類 公共
運営者 Manchester Airports Group
運用時間 24時間
標高 106 m (348 ft)
座標 北緯51度53分06.00秒 東経00度14分06.00秒 / 北緯51.8850000度 東経0.2350000度 / 51.8850000; 0.2350000座標: 北緯51度53分06.00秒 東経00度14分06.00秒 / 北緯51.8850000度 東経0.2350000度 / 51.8850000; 0.2350000
公式サイト 公式サイト
地図
空港の位置
空港の位置
STN
空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
04/22 YES 3048×48 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ロンドン·スタンステッド空港 (英語London Stansted Airport)は、イギリスロンドンにある国際空港である。 ロンドン市街地から北東48Kmのエセックス州に位置し、ロンドンの名が付く6つの空港の中で、サウスエンド空港ルートン空港に次ぎシティから離れている(残り3つは、ヒースロー空港シティ空港ガトウィック空港)。

概要[編集]

ロンドン地域では3番目に大きい国際空港である。現在のターミナルはノーマン・フォスターの設計で、1991年に開業した。格安航空会社ライアンエアーはここをハブ空港にしている。

ライアンエアーのほかイージージェットなど格安航空会社によるヨーロッパ圏内の路線が発着便のほとんどを占めている。

長距離路線では、貨物便がフェデックスUPSマーティンエアーアシアナ航空大韓航空などにより運航されている。旅客便はエアアジア Xによりクアラルンプールへの定期便が運航されていたが、2012年3月をもって運休となった[1]。 2018年6月からは、エミレーツ航空が777-300ERでドバイ線を開設し、再び長距離旅客便が復活した。[2]。なお、かつては日本航空の貨物便や日本貨物航空も就航していた。

2014年は1994万1593人が利用し、15万7117回の発着回数を記録した[3]

スタンステッド空港の旅客ターミナル

就航会社と就航地[編集]

航空会社就航地
スペインの旗 エア・ヨーロッパ 季節チャーター:テネリフェ・スール
マルタの旗 マルタ航空 季節チャーター:マルタ
モルドバの旗 モルドバ航空 キシナウ
イギリスの旗 オーリニー・エア・サービス ガーンジー
オーストリアの旗 オーストリア航空 季節運航:インスブルック
ブルガリアの旗 BHエア 季節運航:ブルガス
イギリスの旗 イージージェット アムステルダム, アストゥリアスベルファストビルバオカリアリコペンハーゲンエディンバラグラスゴーリュブリャナマラガミュンヘンナポリニースパルマ・デ・マヨルカプラハシャルム・エル・シェイク
季節運航:ボドルムダラマンドゥブロヴニク、ジュネーヴ、グルノーブルイビサモナスティールレイキャヴィーク・ケプラヴィーク(2015年12月12日より運航再開)、ソフィアスプリット(2015年11月4日より運航開始)
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ航空 ドバイ
ドイツの旗 ユーロウイングス
運航はオーストリアの旗 オーストリア航空
ウィーン
イギリスの旗 Flybe ダンディーニューカッスル(2015年10月24日をもって運航終了)
季節運航:ニューキー
トルコの旗 フリーバード・エアラインズ 季節チャーター便:アンタルヤ
トルコの旗 オヌール・エア 季節チャーター便:アンタルヤ
トルコの旗 ペガサス航空 イスタンブール・サビハ・ギョクチェン イズミールニコシア・エルカン
季節運航:ボドルム
アイルランドの旗 ライアンエアー オーフス, アルゲーロアリカンテアンコーナアテネバルセロナ・エル・プラットバーリバーゼルベルガモベルジュラクベルリン・シェーネフェルトビアリッツビルンボローニャボルドーブラチスラヴァブレーメンブリンディッジブルノブカレスト・アンリ・コアンダブダペストブィドゴシュチュカルカソンヌカステリョン(2015年9月15日より運航開始)、ケルン・ボンコーミゾコーク、、デリー (アイルランド)ディナール(サン・マロ)ドルトムントダブリンエディンバラアイントホーフェンファロフェズフランクフルト・ハーンフエルテベントゥラ島グダニスクジェノヴァジローナグラスゴーヨーテボリグラン・カナリアハウゲスンカールスルーエカトヴィツェカウナスキラーニーノッククラクフラ・ロシェルラメーツィア・テルメランサローテライプツィヒ・ハレリモージュリンツリスボンルルドルブリンウッチマドリード・バラハスマラガマルタマラケシュマルセイユメミンゲンムルシアニュルンベルクオスロ・リュッゲオスロ・トルプオストラヴァパレルモパルマ・デ・マヨルカパフォスパルマペルピニャンペルージャペスカーラピサプロヴディフポドゴリツァポワチエポンタ・デルガダポルトポズナンプラハラバトレウスリガローマ・チャンピーノジェシュフザルツブルクサンタンデールサンティアゴ・デ・コンポステーラセビリアシャノンシェレフテオストックホルム・スカブスタストックホルム・ヴェステロースシュチェチンタリンテネリフェ・スールテッサロニキトゥールトレヴィーゾトリエステトリノバレンシアヴェローナヴィリニュスワルシャワ=モドリンヴェーツェヴロツワフサラゴサ
デンマークの旗 スウェーデンの旗 ノルウェーの旗 スカンジナビア航空 ヨーテボリ
イギリスの旗 トーマス・クック航空アンタルヤエンフィダフエルテベントゥラ島ランサローテテネリフェ・スール
イギリスの旗 TUIエアウェイズ フエルテベントゥラ島ランサローテグラン・カナリアシャルム・エル・シェイクテネリフェ・スール

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “エアアジア・エックス、ロンドン、パリ線などを運休-3月末”. フライチーム. (2012年1月12日). http://flyteam.jp/news/article/7168 2013年8月10日閲覧。 
  2. ^ “エミレーツ、2018年6月にドバイ/ロンドン・スタンステッド線を開設”. フライチーム. (2017年12月26日). https://flyteam.jp/news/article/88355 2017年12月26日閲覧。 
  3. ^ "CAA: Annual UK Airport Statistics" UK Civil Aviation Authority(2015年8月28日閲覧)

関連項目[編集]