ロンドン数学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
London Mathematical Society
略称 LMS
設立年 1865年
学会長 ジョン・トーランド
ウェブサイト http://www.lms.ac.uk/

ロンドン数学会(ロンドンすうがくかい、The London Mathematical Society、略称:LMS)はイングランドにある有数の数学学会である。

歴史[編集]

1865年1月16日オーガスタス・ド・モルガンを学会長として設立される。当初学会はユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで開催されていたが、すぐにピカデリーバーリントン・ハウスに移る。初期の学会の活動には会合と学会誌の発行が含まれていた。

この学会をモデルとして1888年にアメリカ数学会が設立された。

1965年に英国王室お墨付き(Royal Charter)となる。またスタッフの増加に対応するため、1998年にバーリントン・ハウスからブルームズベリーのド・モルガン・ハウスに移る。

活動内容[編集]

  • 書籍と定期刊行物の出版。
  • 数学学会の計画及び開催。
  • 数学の研究と教育を促進するための資金の拠出。
  • 数多くの賞の管轄。
  • 優秀な研究員への奨学金。

出版物[編集]

学会の定期刊行物には5つの科学雑誌がある。

  • Bulletin of the London Mathematical Society[1]
  • Journal of the London Mathematical Society[2]
  • Proceedings of the London Mathematical Society[3]
  • Transactions of the London Mathematical Society[4]
  • Journal of Topology

自身の所有する財団の代わりに雑誌Compositio Mathematicaを、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの代わりにMathematikaを発行しており、英国物理学会とともにNonlinearityを共同発行している。

4つの叢書を発行している。Lecture Notes叢書、Student Texts叢書で、以前はMonographs叢書(アメリカ数学会と共同で)とHistory of Mathematics叢書も発行していた。また、4つの翻訳叢書を共同発行している(Russian Mathematical Surveys, Izvestiya: Mathematics, Sbornik: Mathematicsロシア科学アカデミーとTurpionとともに)とTransactions of the Moscow Mathematical Society(アメリカ数学会とともに))

電子ジャーナルであるJournal of Computation and Mathematicsは2017年末に終了した。

[編集]

歴代会長[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]