ロンメル軍団を叩け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロンメル軍団を叩け
Raid on Rommel
監督 ヘンリー・ハサウェイ
脚本 リチャード・M・ブリュエル
製作 ハリー・テートルマン
音楽 ハル・ムーニー英語版
撮影 アール・ラス
編集 ジーン・パーマー
製作会社 ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1971年2月12日
日本の旗 1971年6月
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ロンメル軍団を叩け』(ロンメルぐんだんをたたけ、Raid on Rommel)は1971年アメリカ合衆国戦争映画第二次世界大戦中の北アフリカ戦線を舞台に、イギリス軍コマンド部隊の活躍を描く。戦闘シーンなど、多くのシーンが1967年に公開された『トブルク戦線』より流用されている。

ストーリー[編集]

1943年、リビア。北アフリカ戦線の連合国軍はエルヴィン・ロンメル元帥のドイツアフリカ軍団に苦しめられ、戦況は日々悪化し続けていた。そんな中、英陸軍は洋上からの反撃を計画。しかし洋上から接近する為にはトブルク軍港に設置された沿岸砲台の排除が不可欠であり、これを果たすべくコマンド部隊からアレックス・フォスター大尉が送りこまれたのであった。フォスターは手始めに捕虜となっているコマンド隊員を救出するべく、傷痍兵を装ってドイツ軍のハインツ・シュレーダー大尉率いる捕虜輸送車列の中に紛れ込む。しかし、合流予定だったコマンド部隊は既に撤退していたこと、また捕虜のうちコマンド隊員は4名だけで、残りは衛生兵と軍医、そして本物の傷病兵ばかりだと明かされる。やむを得ず、フォスターは彼らと共に車列を乗っ取り、作戦の続行を決心する。

キャスト[編集]

括弧内は日本語吹替(フジテレビゴールデン洋画劇場1979年11月30日

関連項目[編集]

  • クルセイダー作戦
  • トブルク戦線』 - 1967年の映画。「ドイツ兵に変装したコマンド部隊がトブルクの要塞を爆破する」という、本作とほぼ同じプロットで制作されている。また本作では『トブルク戦線』の戦闘シーンなどを流用している。