ロン・フラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロン・フラール Football pictogram.svg
Vlaar, Ron.jpg
アストン・ヴィラでのフラール
名前
本名 Ron Peter Vlaar
ロン・ペーテル・フラール
ラテン文字 Ron VLAAR
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1985-02-16) 1985年2月16日(33歳)
出身地 コッヘンラント
身長 190cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム オランダの旗 AZアルクマール
ポジション DF (CB)
背番号 4
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2006 オランダの旗 AZ 10 (0)
2006-2012 オランダの旗 フェイエノールト 132 (8)
2012-2015 イングランドの旗 アストン・ヴィラ 79 (2)
2015- オランダの旗 AZ 8 (1)
代表歴2
2005-2007 オランダの旗 オランダ U-21 8 (0)
2005- オランダの旗 オランダ 32 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年2月20日現在。
2. 2014年11月12日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロン・フラールRon Peter Vlaar, 1985年2月16日 - )は、オランダ北ホラント州出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。足元の技術が優れている[1]

20歳の時にAZアルクマールからデビューした。2005年、U-20オランダ代表としてFIFAワールドユース選手権に出場した後、マルコ・ファン・バステン監督からオランダA代表に初招集された。ルイ・ファン・ハール監督との関係が悪化し、2006年にフェイエノールトに移籍した。膝の十字靱帯を2回断裂するなど多くの怪我に悩まされた[2]。2006年と2007年の2度のUEFA U-21欧州選手権では中心選手として2連覇を達成した。2012年にはA代表として初の主要大会であるUEFA EURO 2012に出場した。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ユース時代[編集]

6歳の時に地元のApollo '68というクラブに入団した。Apollo '68のユースコーチであったKees Wijteは後に「彼は5歳ほどであったが、すでに我々とともに練習することを認められていた。当時からどんなに素晴らしかったことか! 両足から放たれる力強くて質の高いキックを持ち、それに加えて驚くべき知性を備えていた。ロンはいつも勝利を求め、より良くなろうとしていた」と回顧した[3]。小学校の最終学年の時にApollo '68を離れ、より高いレベルでのプレーを希望したフラールはSVW '27に入団した。SVW '27で1シーズンプレーした後、2002年、トップチームがエールステディヴィジ(2部)に所属していたAZアルクマールの下部組織に入団し[4]、2007年夏までの初のユース契約を交わした。

AZアルクマール[編集]

2004-05シーズン終盤、20歳のフラールはトップチームデビューを飾った。負傷や出場停止などでトップチームの選手の数が足りず、2005年4月23日のRKCヴァールヴァイク戦 (2-1) ではフラールがベテランセンターバックのバリー・オプダムの相方を務めた[5]。同シーズンのUEFAカップでは準々決勝のビジャレアルCF戦などでもベンチに座ったが、4月28日、準決勝のスポルティングCP戦 (2-1) に先発出場し、欧州カップ戦初出場を果たした[6]。デビューシーズンには国内リーグ戦3試合とUEFAカップ2試合の計5試合に出場した。2005-06シーズンを飛躍のシーズンとしたかったが、ルイ・ファン・ハール監督はフラールの代わりにより熟練した選手を選んだ。最初の半年間で3試合に先発出場して4試合に途中出場し、エールディヴィジでは計7試合に出場した。AZでは控えであったが、オランダ代表のマルコ・ファン・バステン監督に対してA代表招集に十分であるとの好印象を与えた。またフラールはユース契約であったため、様々なクラブが獲得に興味を示した。AZは条件を改善した新契約を持ちかけたが、フラールはAZに留まることには乗り気でなく、ファン・ハール監督に対して「彼は僕に『もし新契約にサインしないのならば控えのままだ』と言ったんだ」と述べて契約を強要されたと感じていた[7]AFCアヤックスとの契約に近づき[8]、また、父親や代理人とともにロンドンを訪れてマルティン・ヨル監督率いるトッテナム・ホットスパーFCとも接触した[9]

フェイエノールト[編集]

フェイエノールトでのフラール

2005年12月28日、フェイエノールトと3年半契約を結んだ[9]。2006年1月15日のフィテッセ戦 (0-1) でデビューすると[10]、すぐにレギュラーに定着し、2005-06シーズン後半戦はリーグ戦16試合に出場した。2006年8月、レディングFCとのプレシーズンマッチで足を負傷し、2006-07シーズン序盤は低調なプレーぶりだった。当初は小さな負傷のように思えたが、FCフローニンヘンとの開幕戦 (3-0) では33分に途中交代せざるを得なかった[11]。医者はフラールの足の骨に亀裂があるのを見つけ、シーズン前半戦をほとんど丸々棒に振った[12]。復帰後には再びポジションを獲得し、残りのシーズンの20試合に出場した。2006年12月16日、FCユトレヒト戦 (2-1) で移籍後初得点を挙げた[13]ベルト・ファン・マルワイク監督が就任すると、2007-08シーズンは主に新加入のケヴィン・ホフラントとセンターバックのコンビを組んだ。しかし2007年9月16日、ローダJC戦 (1-3) で負傷し[14]、十字靭帯の手術を受けて残りのシーズンの離脱が決定した[15]。手術後には細菌性感染症に悩まされた。2008年夏のプレシーズンに膝の内側側副靭帯を負傷して1ヶ月以上も離脱したが、戦線復帰後にはチームメイトのホフラントと激突し、2007-08シーズンに負傷したのと同箇所の十字靭帯を負傷して再びシーズンを棒に振ることとなった[16]。2007-08シーズンと2008-09シーズンのほぼすべてをリハビリに費やしたが、2009-10シーズン序盤に力強く復帰を果たし、2009年8月、リーグ開幕戦のNECナイメヘン戦で1年10ヶ月ぶりに試合に出場した。9月25日のKNVBカップ2回戦・ハルケマセ・ボーイズ戦では、ハーフライン手前でパスを受けるとホフラントにシュートを打つようにけしかけられ、約60mの距離からのロングシュートを決めた[17][18]。復帰後は主にブラジル人アンドレ・バイーアとセンターバックのコンビを組み、屈強な肉体を活かしたプレーが称賛された。2010年夏にはキャプテンに就任した。2011-12シーズンはアヤックス・アムステルダムに次ぐ2位となり、UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦の出場権を獲得した。

アストン・ヴィラ[編集]

UEFA EURO 2012終了後の2012年8月1日、イングランド・プレミアリーグアストン・ヴィラFCに移籍した[19]

代表[編集]

UEFA EURO 2012デンマーク戦でのフラール(右)

世代別代表[編集]

フラールは常に世代別オランダ代表に招集されていたが、最も成功を収めたと言えるのが、2005 FIFAワールドユース選手権に出場したU-20オランダ代表と、2度のUEFA U-21欧州選手権に出場したU-21オランダ代表である。2005年6月から7月にかけてオランダで開催されたFIFAワールドユース選手権では、キャプテンのヘドヴィヘス・マドゥロを支える第2キャプテンであり、オランダ代表の全試合に出場する重要な選手であった。日本代表 (2-1) 、オーストラリア代表 (3-0) 、ベナン代表 (1-0) と対戦したグループリーグを3戦全勝で難なく突破し、決勝トーナメントではチリ代表 (3-0) を破ったが、結果的に決勝に進出するナイジェリア代表に1-1 (PK 9-10) で敗れた。フラールは同点弾を決め、PK戦でもPKを成功させたが、オランダ代表は準決勝に進めなかった[20]

2006年にはU-21オランダ代表としてUEFA U-21欧州選手権に出場し、オランダ代表は史上初の優勝を飾った。フラールはグループリーグのデンマーク代表戦 (1-1) を除いた全試合に出場し、決勝でウクライナ代表を3-0で破って優勝した[21]。UEFA U-21欧州選手権の2007年大会にはキャプテンとして出場し、決勝でセルビア代表を4-1で破って2連覇を果たした。フラールはグループリーグの全試合に出場し、準決勝に進出したことで翌年の北京オリンピック出場権を獲得した。彼のミスでリロイ・リタに先制点を許したが、終了間際にマセオ・リフテルスの同点弾が生まれて延長にもつれこみ、それでも決まらずにPK戦に勝敗がゆだねられた。PK戦は長引いたが、16人目のジャンニ・ザイフェルローンが決めて1-1 (PK 13-12) で劇的な勝利を収めた。フラールは後半途中に膝を負傷し、途中交代したためにPK戦には参加していない。決勝ではセルビア相手に4-1で快勝したが、フラールはベンチから試合を眺め、第2キャプテンのマドゥーロがフラールの代わりにトロフィーを掲げた[22]

A代表[編集]

プロデビューして日が浅いにもかかわらず、オランダA代表マルコ・ファン・バステン監督の注目を浴びるのに十分な活躍を見せ、2005年6月のルーマニア戦に招集されたが、この試合での出場機会はなかった。10月8日、チェコ戦でA代表デビューを飾った。2008年夏にはベルト・ファン・マルワイク監督が就任したが、フェイエノールトでの好調さから、マルワイク監督は2010FIFAワールドカップに向けてフラールに注目していると公の場で述べた。しかし、2007-08シーズンと2008-09シーズンに深刻な負傷を負ったために代表には招集されず、2009年夏にフェイエノールトのトップチームに復帰してからも、徐々に完全な状態に戻るまで招集が見送られた。しかし2009-10シーズン後半には、マルワイク監督はフラールの招集を真面目に検討していると述べた。南アフリカで開催される2010 FIFAワールドカップに向けた代表候補に選ばれたが[23][24]、キャンプ中にハムストリングを負傷して離脱し[25]、5月27日にマルワイク監督が発表した23人の出場選手からは外れた[26][27]2010 FIFAワールドカップ後初の試合となったウクライナ戦には代表の主力がほとんど出場せず、フラールがキャプテンマークを巻いた[28]

2012年5月7日、マルワイク監督によってUEFA EURO 2012に向けた代表候補36人に選ばれた。6月2日、北アイルランドとの親善試合 (6-0) でイブラヒム・アフェライのコーナーキックにヘディングで合わせて代表初得点を記録した。

家族[編集]

母親はハンドボール選手であり、父親はアマチュアのサッカー選手である。妹のひとりは体操選手であり、もうひとりはバレーボール選手である[4]

タイトル[編集]

フェイエノールト
U-21オランダ代表

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

2013年3月23日時点
クラブ 国内リーグ 国内カップ 欧州カップ 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
オランダ リーグ KNVBカップ 欧州カップ 通算
2004-05 AZ エールディヴィジ 3 0 0 0 2 0 5 0
2005-06 7 0 0 0 2 1 9 1
フェイエノールト エールディヴィジ 16 0 0 0 0 0 16 0
2006-07 20 1 0 0 1 0 21 1
2007-08 4 1 0 0 - 4 1
2008-09 0 0 0 0 0 0 0 0
2009-10 32 4 1 1 - 33 5
2010-11 26 2 0 0 - 26 2
2011-12 32 0 0 0 - 32 0
イングランド 国内リーグ FAカップ 欧州カップ 通算
2012-13 アストン・ヴィラ プレミアリーグ 27 2 1 0 0 0 28 0
2013-14 32 0 0 0 - 32 0
通算 オランダ 127 8 1 1 5 1 134 10
イングランド 59 0 1 0 0 0 60 0
キャリア通算 176 10 3 1 5 1 185 12

代表での得点[編集]

# 日付 場所 対戦相手 スコア 最終結果 大会
1. 2012年6月2日 アムステルダム  北アイルランド 6-0 6-0 親善試合

脚注[編集]

  1. ^ スポーツナビ (200-09-25). “フェイエノールトが3回戦進出 フラールが60メートルのゴール”. 2009年10月1日閲覧。
  2. ^ “Vlaar maakt nieuwe rentree en scoort” (Dutch). Voetbalkrant. (2009年7月9日). http://www.voetbalkrant.com/nl/nieuws/lees/2009-07-09/vlaar-maakt-nieuwe-rentree-en-scoort 2009年10月16日閲覧。 
  3. ^ “Nieuwe start voor Ron Vlaar” (Dutch). de Sportfabriek. (2005年12月28日). オリジナル2012年2月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120220171823/http://www.journalism.fcj.hvu.nl/index.php?id=5182 2009年10月14日閲覧。 
  4. ^ a b “Ron Vlaar” (Dutch). Kameraadjes. オリジナル2009年9月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090908122829/http://www.feyenoord.nl/content/asp/kameraadjes/website/feyenoord.asp?speler=10010000020740 2009年10月13日閲覧。 
  5. ^ “RKC Waalwijk – AZ (23-04-2005)” (Dutch). VI. (2005年4月23日). オリジナル2012年9月19日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120919104331/http://www.vi.nl/Wedstrijden/Wedstrijd.htm?dbid=123279&typeofpage=84140 2009年10月14日閲覧。 
  6. ^ “Sporting seeking Dutch double”. UEFA. (2005年4月28日). http://www.uefa.com/competitions/uefacup/history/season=2004/round=1980/match=80790/report=mb.html 2009年10月14日閲覧。 
  7. ^ “Ron Vlaar wordt vanaf januari Feyenoorder” (Dutch). Nieuws.nl. (2005年12月28日). http://sport.nieuws.nl/114036 2009年10月14日閲覧。 
  8. ^ “Ajax doet bod op AZ-verdediger Vlaar” (Dutch). Trouw. (2005年11月16日). http://www.trouw.nl/krantenarchief/2005/11/16/2275653/Ajax_doet_bod_op_AZ-verdediger_Vlaar.html 2009年10月14日閲覧。 
  9. ^ a b “Feyenoord contracteert Ron Vlaar” (Dutch). Feyenoord.nl. (2005年12月28日). http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail/S2/20051228vlaar.aspx 2009年10月14日閲覧。 
  10. ^ “Vitesse – Feyenoord: 0–1” (Dutch). Feyenoord.nl. (2006年1月15日). オリジナル2012年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120308065553/http://www.feyenoord.nl/pages/datapresenter/S2/10010000000002-10010000000016/wedstrijdinfo.aspx?contentcode=matchinfo&dataid=10010000029926 2009年10月14日閲覧。 
  11. ^ “Valse start in Groningen: 3–0” (Dutch). Feyenoord.nl. (2006年8月20日). オリジナル2012年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120308065601/http://www.feyenoord.nl/pages/datapresenter/S2/10010000000002-10010000000016/wedstrijdinfo.aspx?contentcode=matchinfo&dataid=10010000010147 2009年10月14日閲覧。 
  12. ^ “Ron Vlaar fit verklaard” (Dutch). Feyenoord.nl. (2006年11月28日). http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail/S2/20061128vlaar.aspx 2009年10月14日閲覧。 
  13. ^ “Slechte start fataal voor Feyenoord: 2–1” (Dutch). Feyenoord.nl. (2006年12月17日). オリジナル2012年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120308070040/http://www.feyenoord.nl/pages/datapresenter/S2/10010000000002-10010000000016/wedstrijdinfo.aspx?contentcode=matchinfo&dataid=10010000010165 2009年10月14日閲覧。 
  14. ^ “Feyenoord aan kop van Eredivisie” (Dutch). Feyenoord.nl. (2007年9月16日). オリジナル2012年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120308070112/http://www.feyenoord.nl/pages/datapresenter/S2/10010000000002-10010000000016/wedstrijdinfo.aspx?contentcode=matchinfo&dataid=10010000030672 2009年10月14日閲覧。 
  15. ^ “Ron Vlaar toch onder het mes” (Dutch). Feyenoord.nl. (2007年10月27日). http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail/S2/20071027vlaar.aspx 2009年10月14日閲覧。 
  16. ^ “Vlaar minstens zes maanden uitgeschakeld [Vlaar at least six months out]” (Dutch). Feyenoord.nl. (2008年9月19日). http://www.feyenoord.nl/pages/newsdetail/S2/20080919vlaar_blessure.aspx 2009年10月14日閲覧。 
  17. ^ “Feyenoord boekt onberispelijke zege in Friesland” (Dutch). Feyenoord.nl. (2009年9月24日). オリジナル2011年9月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110928025718/http://www.feyenoord.nl/pages/datapresenter/S2/10010000000002-10010000000016/wedstrijdinfo.aspx?contentcode=matchinfo&dataid=10010000034816 2009年10月14日閲覧。 
  18. ^ スポーツナビ (2009年9月25日). “フェイエノールトが3回戦進出 フラールが60メートルのゴール”. 2009年10月1日閲覧。
  19. ^ Goal.com (2012年8月2日). “フラールのアストン・ヴィラ移籍が完了”. 2012年8月2日閲覧。
  20. ^ “FIFA World Youth Championship Netherlands 2005”. FIFA. オリジナル2009年2月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090207053244/http://www.fifa.com/tournaments/archive/tournament%3D104/edition%3D9102/index.html 2009年10月14日閲覧。 
  21. ^ “2006: Huntelaar thrives in Dutch triumph”. UEFA. オリジナル2009年10月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091004175927/http://www.uefa.com/competitions/under21/history/season%3D2006/intro.html 2009年10月14日閲覧。 
  22. ^ “2007: Dutch double for De Haan”. UEFA. オリジナル2009年9月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090917020305/http://www.uefa.com/competitions/under21/history/season%3D2007/intro.html 2009年10月14日閲覧。 
  23. ^ Van Marwijk trims Dutch squad to 27”. AFP (2010年5月15日). 2010年5月18日閲覧。
  24. ^ W杯オランダ代表候補 ニステルローイが落選AFP BB News、2010年5月12日
  25. ^ Holland coach Bert van Marwijk finalises World Cup squadguardian.co.uk、2010年5月27日
  26. ^ “Holland coach Bert van Marwijk finalises World Cup squad”. Press Association. The Guardian. (2010年5月27日). http://www.guardian.co.uk/football/2010/may/27/holland-world-cup-23-man-squad 2010年5月27日閲覧。 
  27. ^ オランダ代表、23人のメンバーが決定Goal.com、2010年5月28日
  28. ^ footballista、ソルメディア、2010年8月25日号、25頁