ロヴェチ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ロヴェチ州
Област Ловеч
ブルガリア内のロヴェチ州の位置
ブルガリアの国旗 ブルガリア共和国
州都 ロヴェチ
人口 167,931 人
面積 4,128.8 km²
基礎自治体 8
ナンバープレート OB
標準時 EETUTC+2
夏時間EESTUTC+3
テテヴェン近くのグロジェネ僧院
ロヴェチの要塞跡

ロヴェチ州(-しゅう、ブルガリア語:Област Ловеч、ラテン文字転写Oblast Lovech)はブルガリア北西部に位置するブルガリアの州

基礎自治体[編集]

ロヴェチ州の基礎自治体

歴史[編集]

州都のロヴェチは19世紀の民族復興期の建築家コリュ・フィチェト(Колю Фичето、Kolyu Ficheto)による屋根付橋ポクリティア・モスト(Covered Bridge, Lovech)で知られている。

ロヴェチには中世の要塞が残されている。この要塞はペタル2世とアセン1世の兄弟によるビザンティンに対する抵抗運動の要であり、彼らは後に第2次ブルガリア帝国を建国した。

オスマン帝国からの独立運動においても、ブルガリア独立運動の英雄ヴァシル・レフスキ(Васил Левски、Vasil Levski)は自ら率いる独立運動組織の拠点をこのロヴェチに置いた。レフスキはオスマン帝国によってロヴェチ近郊で逮捕されている。後に要塞の隣にはロヴェチをたたえる碑石が立てられ、レフスキの活動を紹介する博物館が設立された。

またブルガリアにおける外国語教育の発祥の地でもあり、1881年に同地に設置されていた米国の学校をに改組し、1950年ブルガリアにおける初の外国語学校となった。はじめは英語フランス語ドイツ語が教えられていたが、英語学校はソフィアへ、フランス語学校はヴァルナへ移転され、その後はドイツ語専門となっている。そのため同校はドイツ学校(Немската гимназия)と呼ばれている。