ローズムーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ローズムーン
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1989年4月16日
死没 不明(2006年以降)
モガミ
クリエイゲツ
母の父 ボールドラッド(USA)
生国 日本の旗 日本北海道登別市
生産 大東牧場
馬主 (株)大東牧場
調教師 田村駿仁(美浦南
競走成績
生涯成績 平地19戦1勝
障害10戦3勝
獲得賞金 1億645万円
テンプレートを表示

ローズムーン日本競走馬である。1994年中山大障害(秋)に優勝した。父は障害競走の名種牡馬モガミ、3代母に天皇賞馬クリヒデがいる。

戦績[編集]

デビューしたのは1992年1月。それから1993年6月まで芝の中長距離戦を中心に出走し、19戦1勝という結果だった。同年8月より障害競走に転じると2戦目で初勝利、3戦目も連勝して1994年2月の東京障害特別(春)に駒を進めた。斤量55kgと恵まれたハンデでの出走となったが、[1]枠内で立ち上がるなど落ち着きのない状態であり、レースでも後方から追い込みを行ったが伸びを欠いて4着に敗れた。その後も障害オープン競走に出走していくが、3着、5着、3着と平凡な成績に終わった。

そして同年の中山大障害(秋)。中山大障害3連覇を目指すブロードマインドが1番人気、障害戦5戦5勝で京都大障害(秋)に優勝したタイヤンが2番人気で2強体制となっており、ローズムーンは出走馬8頭の中では実績が見劣る上に唯一の牝馬、鞍上の五十嵐久も重賞未勝利の若手騎手(しかも本馬には初騎乗)であり、当然の如く最低人気という状況だった。レースはブロードマインド、タイヤン、そして3番人気のユーワハッピーが先行するなか、ローズムーンは集団から大きく離された最後方を追走する展開となる。しかし大生垣障害でタイヤン、ユーワハッピーが落馬する波乱。ローズムーンはここから徐々に進出を開始する。更に最終第3コーナーを過ぎたあたりでブロードマインドが失速し、変わってフジノスラッガーが先頭に躍り出るが、直線に向いて急追したローズムーンがフジノスラッガーをクビ差でかわして優勝した。牝馬としての優勝は1989年秋のメジロマスキット以来5年ぶりのことであり、単勝配当9030円は中山大障害史上最高であった。

1995年は前年と同じく東京障害特別(春)に出走。再び最後方からレースを進めるが、結局直線でバテた1頭を交わしただけの10着に敗れる。4月には中山大障害(秋)勝利時のパートナー、五十嵐が交通事故でこの世を去ってしまう。そして休養後11月に障害オープン競走に出走するも6着となり、これを最後に引退。繁殖入りした。

引退後[編集]

引退後は大東牧場、ユートピア牧場で繁殖牝馬として供用されているが、初仔のロットシュナイダー(父トウカイテイオー)が平地2勝、障害1勝を挙げた程度で、産駒の成績は振るわず、2006年用途変更となった。その後の消息は分かっていない。

血統表[編集]

ローズムーン血統リファール系Nearco5×5=6.25%、Prince Rose5×5=6.25%(母内)) (血統表の出典)

*モガミ
Mogami
1976 青鹿毛
父の父
Lyphard
1969 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Goofed Court Martial
Barra
父の母
*ノーラック
No Luck
1968 黒鹿毛
Lucky Debonair Vertex
Fresh as Fresh
No Teasing Palestinian
No Fidding

クリエイゲツ
1980 栗毛
*ボールドラッド(USA)
Bold Rad(USA)
1962 栗毛
Bold Ruler Nasrullah
Miss Disco
Misty Morn Princequillo
Grey Flight
母の母
クリケント
1967 栗毛
*セダン
Sedan
Prince Bio
Staffa
クリヒデ クリノハナ
ケンタツキー F-No.1-b


脚注[編集]

  1. ^ 現在は4歳以上(旧表記では5歳以上)の馬の最低負担重量は57kgとなっている。