ローズル・シュミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローズル・シュミット
生誕 (1911-04-25) 1911年4月25日
出身地 ドイツの旗 ドイツミュンヘン
死没 (1978-11-20) 1978年11月20日(67歳没)
学歴 ミュンヘン音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

ローズル・シュミット(Rosl Schmid, 1911年4月25日 - 1978年11月20日)は、ドイツ出身のピアニスト[1][2][3]

経歴[編集]

ミュンヘンの生まれ。4歳の頃よりステファニー・フドニクにピアノを習い、16歳で地元のテアティナー教会のオルガン奏者を務めた。1928年からミュンヘン音楽院でヴァルター・ランペに師事。1931年に音楽院を卒業した時にはフェリックス・モットル賞を贈られ、ドイツ内外での演奏活動を開始した。1937年にはベルリン音楽賞を贈られ、1938年にはウジェーヌ・イザイ・コンクールで9位入賞を果たしたが、ライプツィヒでロベルト・タイヒミュラーの門を叩き、翌年にタイヒミュラーが亡くなるまでその教えを受けた。第二次世界大戦後の1945年から演奏活動を活発化させ、1949年から度々ヨーゼフ・カイルベルトの指揮するベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会にソリストとして参加していた。

1948年から母校のミュンヘン音楽院で教鞭を執った。

ミュンヘンにて死去。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Schmid, Rosl” (ドイツ語). Deutsche Biographie. 2014年11月7日閲覧。
  2. ^ Rosl Schmid” (ドイツ語). Munzinger Biographie. Munzinger. 2014年11月7日閲覧。
  3. ^ Rosl Schmid plays Beethoven, Weber and Strauss”. melo Classics. 2016年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月10日閲覧。