Bjリーグ週間MVP・月間MVP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

bjリーグ週間MVP・月間MVP(びーじぇーりーぐしゅうかんMVP・げっかんMVP)は、bjリーグにおける選手表彰の一つである。

週間MVP」は、その週の全試合(月曜日開催は前週に含む)に出場した選手から、リーグ関係者の意見及びbjリーグ公式携帯サイト内のブースター投票を参考に、リーグ選考委員会による選考の元決定される。

月間MVP」は、2007-08シーズンまで当該月の週間MVP受賞選手の中から更にリーグ選考委員会の抽選等で決定されていたが、2008-09シーズンより週間MVP獲得の有無は関係なく全登録選手を対象にリーグ選考委員会により決定される。

リーグオフィシャルパートナーの一つであるコンビニチェーンのサークルKサンクス協賛の元、2006年12月に「サークルKサンクス週間MVP・月間MVPとして制定されたが、bjリーグ 2010-11シーズンから同業他社であるローソンの協賛に代わり、「ローソン“ponta”presents 週間(月間)MVP」と称される[1]

週間・月間とも受賞選手にはサークルKサンクスより電子マネーEdyチャージ済みの「KARUWAZA CLUBカード」が贈呈される。週間には1万円分、月間には5万円分の同カードがそれぞれ送られる。2006-2007シーズンはこれが週は3倍の3万円に/月は倍の10万円に増えた(もしも複数該当した場合は均等に分けられる)。2009-2010シーズンから月間MVPには副賞として平和堂貿易より腕時計がプレゼントされる。ローソン 週間・月間MVPとなってからはPonta特製プリペイドカードが贈呈される。

最初の受賞者は週間・月間ともにジョン・ヘリコプター・ハンフリーである。また、2006-07シーズンは複数回受賞した選手は一人もいなかった。2007-08シーズンに東京アパッチに移籍したニック・デービスが週間MVPを受賞し、初の複数回受賞者(同時に複数チームでの受賞者も初)となった。翌週にはジェフ・ニュートンが、同一チームでの初の複数回受賞者となった。2009年3月度はロドニー・ウェブボビー・セントプルーが史上初のダブル受賞となった。

月間MVP受賞者[編集]

シーズン 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月
2006-07 ジョン・ハンフリー リン・ワシントン マイキー・マーシャル マーマドゥ・ディオウフ
2007-08 ジェフ・ニュートン 澤岻直人 ライアン・ブラックウェル ゴードン・ジェームス ニック・デービス マイケル・ガーデナー
2008-09 ジェフ・ニュートン ジョン・ハンフリー ゴードン・ジェームス マイケル・ガーデナー マット・ギャリソン ロドニー・ウェブ
ボビー・セントプルー
リン・ワシントン
2009-10 ジーノ・ポマーレ ウェンデル・ホワイト ポール・ビュートラック リッキー・ウッズ リン・ワシントン マイケル・パーカー 城宝匡史
2010-11 ウィリアム・ナイト ウェイン・アーノルド マイク・ベル ケニー・サターフィールド バイロン・イートン 小菅直人 レジー・ウォーレン
2011-12 モリース・ハーグロー ジャメイン・ディクソン ジャーメイン・ボイェット アンソニー・マクヘンリー 城宝匡史 T・J・カミングス ジャスティン・バーレル
2012-13 高橋憲一 テレンス・ウッドベリー 池田雄一 マーキン・チャンドラー マイケル・パーカー 清水太志郎 アンソニー・マクヘンリー
2013-14 富樫勇樹 ナイル・マーリー ポール・ウィリアムス ジーノ・ポマーレ ジャメイン・ディクソン レジナルド・ウォーレン 城宝匡史
2014-15 岡田優 スクーティー・ランダル 田口成浩 アンソニー・マクヘンリー モー・チャーロ ケジュアン・ジョンソン レジー・ウォーレン
2015-16 ルブライアン・ナッシュ レジー・ウォーレン ウェンデル・ホワイト サム・ウィラード エグゼビア・ギブソン 岸本隆一 タイレン・ジョンソン

関連項目[編集]

脚注[編集]