ローター・マテウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローター・マテウス Football pictogram.svg
6423 Lothar Matthäus.JPG
名前
本名 ローター・ヘルベルト・マテウス
Lothar Herbert Matthäus
愛称 鉄人、ドイツの闘将
ラテン文字 Lothar MATTHAUS
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1961-03-21) 1961年3月21日(56歳)
出身地 エアランゲン
身長 173cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF/DF
利き足 右足
ユース
1971-1979 ドイツの旗 ヘルツォーゲンアウラハ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1984 ドイツの旗 ボルシアMG 162 (36)
1984-1988 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 113 (57)
1988-1992 イタリアの旗 インテル・ミラノ 135 (40)
1992-2000 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 189 (28)
2000 アメリカ合衆国の旗 メトロスターズ 16 (0)
代表歴2
1979-1983 西ドイツの旗 西ドイツ U-21 15 (2)
1979-1981 西ドイツの旗 西ドイツ B 4 (1)
1980-2000 ドイツの旗 ドイツ 150 (23)
監督歴
2001-2002 オーストリアの旗 ラピード・ウィーン
2002-2003 セルビア・モンテネグロの旗 パルチザン・ベオグラード
2004-2006 ハンガリーの旗 ハンガリー
2006 ブラジルの旗 アトレチコ・パラナエンセ
2006-2007 オーストリアの旗 レッドブル・ザルツブルク
2008-2009 イスラエルの旗 マッカビ・ネタニヤ
2010-2011 ブルガリアの旗 ブルガリア
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月26日現在。
2. 2014年11月26日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ローター・マテウスLothar Herbert Matthäus, 1961年3月21日 - )は、ドイツの元同国代表サッカー選手サッカー指導者

人物[編集]

ドイツ代表として歴代最多の150試合出場、5度のワールドカップ出場、ワールドカップ最多出場記録(25試合)を達成する等、20年間に渡り第一線で現役を続けた、1980年代から1990年代のドイツを代表する選手である。

1990年の1990 FIFAワールドカップにおいて主将としてドイツを3度目の優勝に導き、同年に欧州年間最優秀選手、1991年にはFIFA最優秀選手賞を受賞するなどの評価を得た。また引退後の2004年にはペレが選ぶ『偉大なサッカー選手100人』(FIFA100)にも選ばれている。

若い頃はその強靭な肉体と豊富な運動量を生かした守備的MFであったが、20代中盤頃からは、守備能力だけでなくミドルレンジからの強烈なシュートやパスセンスを武器に攻撃的MFを担当。選手キャリアの後半にはリベロとしてプレーし、最後尾からチームを統率した。

ピッチ上では強烈なリーダーシップを発揮する一方で気性の激しい人物としても知られ、若い頃からチームメイトや監督とのトラブルが絶えなかった。

経歴[編集]

クラブ[編集]

マテウスは1961年3月21日エアランゲンで生まれた。地元のFCヘルツォーゲンアウラハでサッカーを学ぶ一方で、ギムナジウムで教育を受け、インテリアデコレーターの見習いを務めていた[1]

1979年、18歳の時にブンデスリーガ1部のボルシアMGと契約し選手キャリアをスタートさせるが、若い頃は気性の激しい性格からチームメイトや審判とトラブルを起こすことも多く、素行に問題のある選手と考えられていたという[1][2]。ボルシアMG時代はタイトルとは縁がなく、1983-84シーズンのDFBポカールでは準優勝に貢献したが、決勝のバイエルン・ミュンヘン戦でPKを失敗しタイトル獲得を逃している。

1984年にバイエルン・ミュンヘンへ120万ドルの金額で移籍。バイエルンではアンドレアス・ブレーメクラウス・アウゲンターラーらと共にブンデスリーガ優勝3回(1985年、1986年、1987年)、DFBポカール優勝1回、UEFAチャンピオンズカップ準優勝1回に貢献した。

1988年にブレーメと共にイタリアインテル・ミラノへ440万ドルの金額で移籍。この金額はカール=ハインツ・ルンメニゲルディ・フェラーに次ぐ西ドイツ選手の高額での移籍であった[1]。インテルではジョバンニ・トラパットーニ監督の下でセンターハーフとしての才能に開花。守備だけでなくパスセンスや得点能力にも磨きをかけ(1989-90、90-91シーズンにリーグで11得点、16得点)、プレーの幅、安定感を伸ばし、強烈なキャプテンシーでクラブを8年ぶりのスクデット獲得に導いた。90-91シーズンにはUEFAカップ優勝の原動力になった。

1992年にインテルを退団し古巣のバイエルン・ミュンヘンへ復帰。シーズン序盤は怪我の治療のため出遅れたが、第13節のバイエル・レバークーゼン戦においてペナルティエリア外からコーナーキックのボールをダイレクトボレーでゴールに叩き込み[3]復活をアピールした。その後にリベロへコンバート。スピードや運動量は衰えたものの、最終ラインからの正確なフィードでマテウス・スタイルとも呼べるプレーを確立した。1995年1月アキレス腱断裂に見舞われ長期離脱するなど怪我に苦しんだ時期もあったが、バイエルンの顔として、ブンデスリーガ優勝3回(1994年、1997年、1999年)、UEFAカップ優勝1回などに貢献した。

現役時代は数々のタイトルを手にしてきたが、UEFAチャンピオンズリーグのタイトルだけには縁が無く、1986-87シーズンにはFCポルト、1998-99シーズンにはマンチェスター・ユナイテッドの前に決勝で涙を飲んだ。

2000年からはアメリカ合衆国のニューヨーク・ニュージャージー・メトロスターズへ移籍し、翌2001年に現役を引退した。

ドイツ代表[編集]

1994 FIFAワールドカップ準々決勝のブルガリア戦でPKを放つマテウス

ドイツ代表としては、1980年4月26日のオランダ戦で代表デビューを飾ると同年6月のUEFA欧州選手権1980、1982年の1982 FIFAワールドカップ代表に選出された。デビュー当初は交代出場が多くスタメン出場は成らなかったが、スペイン大会後の1984年に開催されたUEFA欧州選手権1984ではレギュラーの座を掴み、これ以降は代表の中心選手として定着した。

1986年ワールドカップ・メキシコ大会では、決勝トーナメント1回戦のモロッコ戦にて延長戦終了間際に与えられたフリーキックから弾道の低いロングシュートを決め1-0の勝利に導く活躍などで2大会連続の決勝進出に貢献。決勝のアルゼンチン戦では、相手エースのディエゴ・マラドーナのマンマークを担当、この試合においてマラドーナを封じる事には成功したが、試合そのものには敗れ去り、2大会連続準優勝に終わった。

ワールドカップ終了後にルンメニゲやフェリックス・マガトといったベテラン選手が代表から退くなど世代交代の時期を迎えると、フランツ・ベッケンバウアー監督の下で主将としてエースとして代表チームを牽引するようになった。1988年UEFA欧州選手権1988では、地元開催ということもあって準決勝進出を果たすが、この大会を制するオランダに1-2で敗退。なお、それまでマテウスは背番号8を付けることが多かったが、この大会後に所属クラブのインテルと同様に背番号10を付けるようになった。

1990年ワールドカップ・イタリア大会では、1次リーグ初戦のユーゴスラビア戦で強烈なミドルシュートで2得点を挙げ、守備面においても相手エースのドラガン・ストイコヴィッチを封じ込め4-1と大勝。決勝トーナメント1回戦では優勝候補の一角のオランダを2-1で退け、初戦の2得点を含む4得点をあげる活躍で決勝進出に貢献。決勝戦ではアルゼンチンに対し1-0で勝利し前回大会の雪辱を果たし、1974年大会以来となる3度目の優勝を果たした。マテウスは当時を振り返り次のように語っている[4]

ユーゴスラビア戦は人生において最高の試合だった。前評判の高いチームに対して私は2得点し、相手のエースであるストイコビッチに仕事をさせなかった。この勝利により、批判的なメディアやチーム内の不満分子を封じ込めることが可能となり雰囲気も向上した。また私とベッケンバウアー監督とが密接な関係を作り上げたこともチーム全体が結束する重要な要素となった。彼はアイドルとしてではなく、私の友人として接してくれたのだ。[4]— ローター・マテウス

ドイツ代表での活躍もあり、1990年には欧州年間最優秀選手とドイツ年間最優秀選手賞ワールドサッカー誌選定世界最優秀選手賞を受賞、1991年にはFIFA最優秀選手賞を受賞するなど絶頂期にあったが、1992年4月に前十字靭帯を負傷しUEFA欧州選手権1992は不参加となった。

1994年ワールドカップ・アメリカ大会に出場。前回の優勝メンバーに東ドイツ出身の選手やシュテファン・エッフェンベルクらが加わり戦力は整ってはいたが、直前の親善試合の結果は芳しくなかった[5]

マテウス自身は1992年に負傷した膝の状態が思わしくなく、動きに精彩を欠いていた[5]。優勝候補の一角と目されたものの、準々決勝でダークホースのブルガリアに1-2で敗れた。ドイツ代表の主将として長きに渡って代表を支えていたマテウスであったが、アメリカ大会後はユルゲン・クリンスマンとの確執(後述)などもあってベルティ・フォクツ監督の構想外となり代表への招集は見送られ、1996年UEFA欧州選手権1996は不参加となった。

1998年ワールドカップ・フランス大会ではリベロのマティアス・ザマーが負傷したこともあり代表に復帰を果すとベスト8進出に貢献。2000年のUEFA欧州選手権2000でもプレーをするなど、ドイツ代表としては歴代最多となる国際Aマッチ150試合出場、5度のワールドカップ出場、ワールドカップ最多出場記録(25試合)を達成する金字塔を打ち立てた。

監督時代[編集]

2001年9月にオーストリア・ブンデスリーガラピード・ウィーンで監督としてのキャリアをスタート。アンドレアス・イヴァンシッツを始めとした多くの若手選手を起用したがクラブの歴史上最も酷い8位という成績に終わり2002年5月に解任された。

2002年パルチザン・ベオグラードの監督に就任。2002-03シーズンの国内リーグ戦を制し、UEFAチャンピオンズリーグ 2003-04では予選を突破しグループリーグ進出に導いたが、グループリーグでは最下位に終わり敗退。国内リーグ戦では首位と勝ち点3差の2位につけていたものの、個人的な理由により2003年12月に監督を辞任した[6]

2004年ハンガリー代表監督に就任。ワールドカップ・ドイツ大会出場を目指したが、スウェーデンクロアチアブルガリアなどの強国がひしめくグループを突破することは叶わず予選敗退。マテウスは契約更新を望んだが、ハンガリーサッカー協会(MLSZ)との交渉は決裂し2005年末で監督を退任した[7]

2006年1月11日、 ブラジルアトレチコ・パラナエンセと1年間の契約を結んだが、生活環境の不一致を理由に同年3月に帰国。監督就任から7試合で指揮(通算5勝2分)を執っただけでの退団となった[8]

2006年6月よりオーストリア・ブンデスリーガレッドブル・ザルツブルクのヘッドコーチに就任[9]。インテル時代の恩師のトラパットーニ監督との二人三脚で指揮を執り[9]、2006-07シーズンのリーグ優勝に導いたがクラブ側と意見が対立し、2007年6月12日に解任された[10]

2008年7月よりイスラエル・プレミアリーグマッカビ・ネタニヤの監督に就任した[11]が、翌2009年4月29日、成績不振によりクラブとの契約を更新しないことを発表した。

2010年9月21日よりブルガリア代表の監督に就任した[12][13]。ブルガリアサッカー連合 (BFU)の発表によると2年間の契約延長オプションが付いた1年契約[13]。2011年9月19日、成績不振により解任された[14]

評価[編集]

同じようなポジションの変遷を辿っている皇帝ベッケンバウアーや、同世代のマラドーナらの偉人達と比較される事もあるが、タイトル獲得の実績に遜色はない。天才と呼ばれ華やかな活躍をした彼らとは対照的に、こつこつと実力を伸ばしていった後に栄光を勝ち取った秀才型の選手と言える[1]。また、運動量や体力を前面に出したサッカーが主流となった現代においてMF・DFのほぼ全てのポジションをこなし、高いレベルでプレーが出来る最高のユーティリティー・プレーヤーとの評価もある[1]

精神面の評価が先立つ傾向があるがドリブル、強烈なミドルシュート、正確なフィード、チャンスメイクといった技術面でも一流の能力を持ち合わせており、多芸多才な選手[15]であった。

後進のサッカー選手に与えた影響は大きく、ドイツ人に限らず、自分の息子にマテウスという名前を付けるサッカー選手が多数おり、その中の何人かはプロのサッカー選手になっている。

2001年にはドイツ代表の名誉主将に選ばれたマテウスだが、現役時代の素行の悪さのためかドイツ国内のクラブから監督就任のオファーを受けたことがない[16]。マテウスは2009年11月フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙のインタビューに応じ、「私はフランツ・ベッケンバウアーに次いで有名なドイツのサッカー選手なんだ。それをぞんざいに扱うなんて恥じるべきだ」「ドイツのクラブには私を信用して欲しい。優劣はその上で判断してほしい」と不満を表明した[16]

エピソード[編集]

  • ユルゲン・クリンスマンとは犬猿の仲とされている[2]。1996年の欧州選手権直前にマテウスは「クリンスマンが自分を代表チームから追放しようと画策している」と主張し自ら大会出場を辞退[2]。その後も所属クラブのバイエルンでもチームメイトだったクリンスマンへの口撃は続いたが、これに対しクリンスマンは「我々は異なる人間だが、彼のことを悪くは思わない。むしろ尊敬している」と平静を保っていた[2]。やがてマテウスは暴露本を出版したことで、バイエルンからの追放の危機を迎えたが、副会長のベッケンバウアーの仲介により主将の地位を剥奪されるだけに終わり、この一件以降はマテウスの口撃は沈静化していったという[2]
  • ピエール・リトバルスキーは、自伝の中で90年W杯の時のチームメイトとの写真を使用した際に金銭を要求されたと記述している。
  • 私生活では5度の結婚歴があり3人の子供がいる。1人目の妻のシルヴィアとは1982年に結婚、リーサとヴィオラという二人の娘を授かったが1992年に離婚。1994年、スイス出身のモデル、テレビ司会者のロリータ・モレナと結婚し息子のロリスを授かったが1999年に離婚。 2003年11月27日、セルビア人のマリアナ・コスティッチと結婚したが2007年末に離婚。2008年12月、21歳のウクライナ人モデルのクリスティナ・リリアナと結婚。挙式はラスベガスで行われた。しかし、2011年に離婚が確定[17]。2014年11月、28歳年下の女性と結婚した[18]
  • 1992年当時、Jリーグガンバ大阪入団の噂が報じられたことがある。これはマテウスが松下電器の関連会社のCMに出演していた縁によるもので、G大阪側から積極的なオファーを受けていたとされている。なおマテウスの当時のマネージャーは「1994年にはG大阪のキャプテンになっているだろう」と発言しているが、実現することはなかった[19]

獲得タイトル[編集]

代表[編集]

  • ドイツ代表として150試合出場(ドイツ代表最多記録)
  • W杯通算25試合出場(世界最多記録)

クラブ[編集]

個人タイトル[編集]

個人成績[編集]

個人成績
クラブ シーズン リーグ カップ 欧州カップ戦 合計
試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点
ボルシアMG 1979-80 28 4
1980-81 33 10
1981-82 33 3
1982-83 34 8
1983-84 34 11
Total 162 36
バイエルン・ミュンヘン 1984-85 33 16
1985-86 23 10
1986-87 31 14
1987-88 26 17
Total 113 58
インテル 1988-89 32 19 7 3
1989-90 25 11 2 2
1990-91 31 19 3 1
1991-92 27 1 5 1
Total 115 40 17 7
バイエルン・ミュンヘン 1992-93 28 8
1993-94 33 6
1994-95 16 5
1995-96 19 1
1996-97 28 1
1997-98 25 3
1998-99 25 1
1999-00 15 1
Total 189 28
メトロスターズ 2000 16 0
2001 0 0
Total 16 0
合計 595 161

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『ゲルマン魂は死なず・闘将マテウス栄光への蘇生』 サッカーダイジェスト、1990年3月号。
  2. ^ a b c d e Bernd Klingbaum「Live a CAT and DOG LIFE -- 口害と沈黙 ローター・マテウス vs ユルゲン・クリンスマン」『レジェンド--伝説のライバル』(日本スポーツ企画出版社、2001年)134頁 ISBN 4-930942-41-1
  3. ^ Lothar Matthäus: Leverkusen-Bayern 2-4 (1992/93)
  4. ^ a b 忠鉢信一「Wの舞台へ 90年イタリア大会 西ドイツ マテウス -- 初戦快勝勢いに乗った」『朝日新聞』2006年5月30日 12版 15面
  5. ^ a b グランヴィル 1998、406頁
  6. ^ Lotar Mateus podneo ostavku”. Glas javnosti (2003年12月14日). 2010年10月8日閲覧。
  7. ^ ハンガリー、マテウス監督後任探しへ”. UEFA.com (2006年1月11日). 2009年4月24日閲覧。
  8. ^ マテウス氏、アトレチコ・パラナエンセを個人的な理由で退団へ”. AFPBB News (2006年3月19日). 2010年10月8日閲覧。
  9. ^ a b Trapattoni and Matthaus join forces”. UEFA.com (2006年5月19日). 2010年10月8日閲覧。
  10. ^ ザルツブルクがマテウスを解任”. スポーツナビ (2007年6月13日). 2010年10月8日閲覧。
  11. ^ マテウス氏 マッカビ・ネタニヤの監督に就任”. AFPBB News (2008年5月20日). 2010年10月8日閲覧。
  12. ^ マテウス氏がブルガリア代表監督就任”. UEFA.com (2010年9月21日). 2010年10月8日閲覧。
  13. ^ a b Лотар Матеус пое България”. Футбол България - Gol.bg. 2010年9月22日閲覧。
  14. ^ ブルガリアのマテウス監督が退任”. UEFA.com (2011年9月19日). 2011年9月20日閲覧。
  15. ^ 『決定版ワールドカップ全史』347頁
  16. ^ a b I am an idol and should be treated like one, says Lothar Matthaeus”. guardian.co.uk (2009年11月8日). 2010年10月8日閲覧。
  17. ^ Matthäus heiratet zum vierten Mal - 20minuten.ch 2009年4月26日閲覧
  18. ^ 元独代表マテウス氏、5回目の結婚「最後の妻になることを願う」 - サッカーキング 2014年11月26日閲覧
  19. ^ 『世界サッカー情報』ストライカー1992年12月3日号92頁

参考文献[編集]

  • 『ゲルマン魂は死なず・闘将マテウス栄光への蘇生』サッカーダイジェスト1990年3月号
  • ブライアン・グランヴィル著、賀川浩監修、田村修一、土屋晃、田邊雅之訳 『決定版ワールドカップ全史』 草思社1998年。ISBN 978-4794208187。