ロードショー (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ロードショー
ROADSHOW
ジャンル 映画
読者対象 若年層
刊行頻度 毎月21日
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 創刊号 360円/休刊号 980円[1]
出版社 集英社
編集長 藤井眞也(最末期)
刊行期間 1972年3月21日(1972年5月号) - 2008年11月21日2009年1月号)
テンプレートを表示

ロードショー』(ROADSHOW)は、日本の映画雑誌。集英社発行で、1972年3月21日に創刊された。

概要[編集]

創刊時、1970年代の映画雑誌は他に「キネマ旬報」「月刊近代映画」(現「Kindai」)などがあったが、「キネマ旬報」が邦画(日本映画)を中心に日本で公開される外国映画の紹介と評論を主に掲載したのとは違い、「ロードショー」は、先に刊行されていた近代映画社の「スクリーン」同様、外国人スター俳優のグラビアを中心にした誌面構成であった。両誌は「月刊明星」と「月刊平凡」の「洋画(外国映画)スター版」という趣であったが、「スクリーン」と比べると邦画を紹介する記事が多く、TV番組の紹介記事もあった。映画評論家の批評やコラムやエッセイなどの連載,映画関係の付録など,競合する部分も多かった。

インターネットの普及などで購読者数が減少し、2008年11月21日発売の2009年1月号を最後に廃刊となった。1980年代には約35万部売れていたが、最後は約5万部まで減っていたという[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ "【ああ懐かしの雑誌黄金時代】『ロードショー』 スターとの「距離感」と映画への「憧れ」". Zakzak. SANKEI DIGITAL. 2015-10-07. 2020年7月5日閲覧創刊号:1972年5月号360円 休刊号:2009年1月号980円。
  2. ^ 柴口育子「しんみり切ない休刊号一気読み」『本の雑誌』本の雑誌社 2009年8月号 p.24

関連項目[編集]

  • SCREEN (雑誌) - ライバル誌。
  • ゴールデン洋画劇場 - 番組エンディングで最新号の視聴者プレゼントが行われていた。
  • 欽ドン! - 1970年代にニッポン放送で放送されていたラジオ番組『欽ちゃんのドンといってみよう!』の中で、スポンサーである集英社の雑誌名にちなんだ賞が贈られていた。「ロード賞」。