ロード (コンピュータ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ロード(load)とは、コンピュータプログラムにおいて、記憶媒体セーブされたデータ(セーブデータ)から作業内容や各種データを復元すること。ロードするもの、という意味で「ローダ」という語がある。

コンピュータプログラムにおいて、電源が切れるなどの不測事態対策、作業の中断・終了、別の機器で読み出したいなどの理由で行われる。

同義語は他にもいくつかあるが、多くのBASIC環境でLOADという命令(ではない)であったことなどもあり、ロードという表現がポピュラーである。

コンピュータゲーム[編集]

コンピュータゲームにおいては、プレイを中断する際、現在の進行状態を保存し、次回にプレイするときにその時点から再開できるように処理することをセーブといい、そのデータをロードして再開することまで含めてロードということも多い。

なお、再開するという意味の英単語としては「コンティニュー」(continue)というものもあるが、コンピュータゲームでは、いったん何らかのゲームオーバーの後に、何らかのペナルティ(アーケードでは追加クレジット、CRPG等では装備類が剥がされるなど)を受け入れることで続行する(詳細は、ゲームオーバー#コンティニューについてを参照)という意味で定着している。

関連項目[編集]

GUI[編集]

前提の操作[編集]