ローマンエンパイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ローマンエンパイア
欧字表記 Roman Empire[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 黒鹿毛[1]
生誕 1999年2月6日[1]
死没 2016年10月29日(17歳没)
登録日 2001年7月5日
抹消日 2007年6月14日 (JRA)
2008年3月19日(NAR)
サクラローレル[1]
ローマステーション[1]
母の父 Law Society[1]
生国 日本の旗 日本北海道浦河町[1]
生産 中島牧場[1]
馬主 (有)ターフ・スポート
→中島雅春[1]
調教師 古川平栗東
坂本勝美美浦
→藤木一男(金沢
[1]
競走成績
生涯成績 26戦5勝[1]
獲得賞金 1億6253万1000円[1]
 
勝ち鞍
GIII 京成杯 2002年
テンプレートを表示

ローマンエンパイア[1]日本の元競走馬2002年京成杯を制した。馬名はローマ帝国から。

経歴[編集]

戦績[編集]

日本中央競馬会 (JRA) 所属時代は栗東トレーニングセンター古川平調教師の管理馬となる。2001年12月の阪神競馬場から新馬戦、さざんか賞を連勝し、オープン入りを果たした。新馬戦ではチアズシュタルクを、さざんか賞ではテレグノシスに圧勝し、のちの皐月賞で人気を集める逸材だった。

明けて2002年東京競馬場京成杯に挑戦。母にヤマニンパラダイスを持つ良血馬ヤマニンセラフィムと、父サクラローレルの初年度産駒として注目されたローマンエンパイアの両頭に人気が集中。レースは先に抜け出したヤマニンセラフィムを大外からローマンエンパイアが追い込み、際どい一騎討ちの末に1着同着となった。次に出走したのは3月、ヤマニンセラフィムと再度対戦となった中山競馬場弥生賞で、ヤマノブリザードバランスオブゲームら素質馬が集まる一戦となった。レースは逃げたバランスオブゲームを、大外を回っての直線一気で捕らえ切れず2着に敗退。騎乗した武幸四郎の仕掛けの遅さを非難する声もあったが、「負けてなお強し」という印象を観衆に焼き付けた(この弥生賞ではヤマニンセラフィムが骨折して6着と大敗、その後両者の対戦はない)。その後はクラシック第1弾皐月賞へ進み、タニノギムレットら強力メンバーが集ったなか、2番人気に支持されるが体調不良もあり、やや出遅れて後方のまま14着に大敗。さらに左肩跛行の症状を見せたため、長期休養に入った。

約9か月の休養を挟んだのち、翌2003年京都競馬場のオープン特別・淀短距離ステークスで復帰。休み明けと距離短縮(2000メートル戦から一気に1200メートル戦へ短縮)の不利を感じさせない大外からの豪脚で2着に食い込み、ファンをあっと言わせたが、次走の京都記念は13着に大敗。この年は6戦したものの、東京競馬場のエプソムカップでの2着が目立つ程度に終わった(6戦2着2回、4着1回、6着1回)。その後、蕁麻疹を発症したため2度目の長期休養に入った。

2004年の復帰戦は小倉競馬場小倉大賞典で5着。阪神競馬場のオープン特別・大阪城ステークスで京成杯以来、2年2か月ぶりの勝利を挙げた。その後2戦は産経大阪杯5着、都大路ステークスが11着に終わり、エプソムカップ出走へ向けての調整中に右第1指骨を剥離骨折した。幸い症状は軽く、半年の休養を経て秋の京都競馬場で復帰したが、カシオペアステークス4着、京阪杯12着。その後安藤勝己騎手からダートの適性を示唆され、12月、初めてのダート戦となる阪神競馬場のオープン特別・ベテルギウスステークスで2着と健闘した。

2005年は京都競馬場のダート平安ステークス8着後に脚部不安で再度休養。12月末の阪神競馬場の2005ファイナルステークスで復帰して3着。

2006年は小倉大賞典6着、大阪城ステークス2着、大阪杯10着後に脚部不安により実に5度目の長期休養に入った。

2007年は管理調教師の古川平が定年引退となったため、美浦トレーニングセンター坂本勝美厩舎へと移籍した。中山競馬場のダービー卿チャレンジトロフィーで14着、東京競馬場のエプソムカップで15着に終わり、その4日後の6月14日にJRAの競走登録を抹消された。

その後、地方競馬の金沢・藤木一男厩舎に移籍。初戦の金沢競馬場で行われたダイヤモンド特別を制し、移籍後初勝利を挙げている。しかしその後は脚部不安などレースに出走できずに2008年3月に競走馬引退が発表された。

競走成績[編集]

以下の内容は、netkeiba.com[2]およびJBISサーチ[3]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量
(kg)
距離(馬場) タイム 着差 勝ち馬/(2着馬)
2001.12.02 阪神 新馬 15 1 1 002.3 0(1人) 01着 M.デムーロ 54 芝1600m(良) 1:37.2 -0.3 (チアズシュタルク)
0000.12.16 阪神 さざんか賞 500 14 5 8 002.7 0(1人) 01着 武幸四郎 54 芝1400m(良) 1:21.2 -0.8 (キタサンオウシャン)
2002.01.13 東京 京成杯 GIII 13 7 11 001.9 0(1人) 01着 武幸四郎 55 芝2000m(良) 2:00.4 -同着 ヤマニンセラフィム
0000.03.29 中山 弥生賞 GII 11 8 11 002.8 0(2人) 02着 武幸四郎 56 芝2000m(良) 2:02.1 -0.1 バランスオブゲーム
0000.04.14 中山 皐月賞 GI 18 5 10 004.3 0(2人) 14着 武幸四郎 57 芝2000m(良) 2:00.2 -1.7 ノーリーズン
2003.01.18 京都 淀短距離S OP 15 4 8 009.9 0(4人) 02着 福永祐一 55 芝1200m(良) 1:08.2 -0.2 キーンランドスワン
0000.02.22 京都 京都記念 GII 16 2 3 003.3 0(1人) 13着 武幸四郎 56 芝2200m(稍) 2:17.6 -1.1 マイソールサウンド
0000.03.15 阪神 大阪城S OP 16 5 9 002.1 0(1人) 14着 安藤勝己 56 芝2000m(良) 2:01.0 -1.8 アサカディフィート
0000.05.18 東京 京王杯スプリングC GII 13 8 12 006.9 0(3人) 06着 武豊 57 芝1400m(良) 1:21.7 -0.7 テレグノシス
0000.06.15 東京 エプソムC GIII 18 5 10 008.1 0(3人) 02着 後藤浩輝 57 芝1800m(稍) 1:47.7 -0.0 マイネルアムンゼン
0000.07.06 阪神 米子S OP 11 2 2 002.7 0(1人) 04着 小牧太 57 芝1600m(良) 1:35.4 -0.3 キタサンチャンネル
2004.02.08 小倉 小倉大賞典 GIII 15 8 16 005.9 0(4人) 05着 武豊 57 芝1800m(芝) 1:50.2 -1.1 メイショウバトラー
0000.03.13 阪神 大阪城S OP 16 7 14 003.9 0(1人) 01着 岩田康誠 57 芝2000m(良) 1:59.0 -0.0 (タケハナオペラ)
0000.04.04 阪神 産経大阪杯 GII 11 6 6 024.3 0(7人) 05着 福永祐一 57 芝2000m(稍) 2:00.0 -0.4 ネオユニヴァース
0000.05.09 京都 都大路S OP 12 4 4 003.5 0(1人) 11着 岩田康誠 56 芝1600m(稍) 1:35.7 -1.4 チアズメッセージ
0000.11.06 京都 カシオペアS OP 9 8 8 006.7 0(4人) 04着 松永幹夫 57 芝1800m(良) 1:47.6 -0.1 エリモマキシム
0000.11.27 京都 京阪杯 GIII 17 2 3 018.5 0(9人) 12着 松永幹夫 56 芝1800m(良) 1:47.9 -1.6 ダイワエルシエーロ
0000.12.25 阪神 ベテルギウスS OP 12 4 4 017.6 0(5人) 02着 松永幹夫 57 ダ1800m(良) 1:51.5 -0.8 スパイキュール
2005.01.23 京都 平安S GIII 16 7 13 015.7 0(6人) 08着 松永幹夫 57 ダ1800m(良) 1:51.3 -1.0 ヒシアトラス
0000.12.25 阪神 2005ファイナルS OP 15 8 15 017.6 0(7人) 03着 石橋守 56 芝1600m(良) 1:36.2 -0.4 ニューベリー
2006.02.04 小倉 小倉大賞典 GIII 16 3 5 019.1 0(9人) 09着 石橋守 57 芝1800m(良) 1:48.2 -1.0 メジロマイヤー
0000.03.11 阪神 大阪城S OP 12 4 4 007.3 0(4人) 02着 川原正一 57 芝2000m(良) 2:00.8 -0.1 マチカネメニモミヨ
0000.04.02 阪神 産経大阪杯 GII 12 6 8 025.2 0(7人) 10着 川原正一 57 芝2000m(重) 2:05.8 -1.3 カンパニー
2007.04.01 中山 ダービー卿CT GIII 15 8 14 079.8 (13人) 14着 北村宏司 56 芝1600m(良) 1:34.5 -1.4 ピカレスクコート
0000.06.10 東京 エプソムC GIII 18 5 10 107.0 (16人) 15着 菊沢隆徳 56 芝1800m(稍) 1:50.9 -2.6 エイシンデピュティ
0000.09.09 金沢 ダイヤモンド特別 A1 9 8 9 001.5 0(1人) 01着 前野幸一 54 ダ1500m(稍) 1:36.0 -0.1 (ケンゴウザン)

種牡馬入り後[編集]

2008年より、サクラローレル産駒として初の後継種牡馬となる。繋養地は生まれ故郷の中島牧場だが、中島牧場はイーストスタッドの隣にあり、種付け時のみ同スタッドへ移動している。2011年に初年度産駒がデビュー。この年限りで種牡馬を引退する予定であったが、2頭の初年度産駒がともに勝ち上がったため、種牡馬生活を続行することになった[1]

2016年の種付けシーズンを最後に種牡馬を引退し、ホーストラスト北海道で余生を送っていた[4]

特徴[編集]

血統構成は芝の中長距離馬であるが、兄弟は短距離馬が多い。3歳から4歳の春シーズンは直線一気の豪脚が武器で、とくに淀短距離ステークスでは上がり3ハロンが33秒1という当時としては脅威的な上がりを計時した。しかし500キログラムを超える大柄な馬体と大跳びの走法から、雨混じりの重馬場は苦手とされており大敗続きもめずらしくなかった。さらに大柄な馬体から脚部不安が付きまとい、4歳春シーズン以後は直線一気の豪脚は鳴りを潜め、大舞台から遠ざかった遠因にもなった。また母のローマステーションの仔は、短距離で活躍した半姉ニシオセーラムが骨折のため安楽死となるなど、ローマンエンパイア以後の仔も脚部不安や体調不安が付きまとい、デビューしても好成績を収められない仔が多かった。

血統表[編集]

ローマンエンパイア血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ブラッシンググルーム系
[§ 2]

サクラローレル
1991 栃栗毛
父の父
Rainbow Quest
1981 鹿毛
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
I Will Follow Herbager
Where You Lead
父の母
*ローラローラ
1985 栗毛
Saint Cyrien Luthier
Sevres
Bold Lady Bold Lad
Tredam

ローマステーション
1987 黒鹿毛
Law Society
1982 黒鹿毛
Alleged Hoist the Flag
Princess Pout
Bold Bikini Boldnesian
Ran-Tan
母の母
*アルパインスウィフト
1983 黒鹿毛
Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
La Dame Du Lac Round Table
Cosmah
母系(F-No.) 2号族(FN:2-d) [§ 3]
5代内の近親交配 Bold Ruler 5x5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ [5]
  2. ^ [6]
  3. ^ [5]
  4. ^ [5][6]
  • 半姉ターフメビュースの仔にキーポケット(2010年GRANDAME-JAPAN古馬シリーズ優勝)がいる[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ローマンエンパイア”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月12日閲覧。
  2. ^ ローマンエンパイアの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月12日閲覧。
  3. ^ ローマンエンパイア 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年9月12日閲覧。
  4. ^ 養老牧場の「落ち着ける感」netkeiba.com、2016年9月4日閲覧
  5. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ローマンエンパイア”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2018年9月29日閲覧。
  6. ^ a b c ローマンエンパイアの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年9月12日閲覧。