ローマ進軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
進軍するファシスト党員

ローマ進軍(ローマしんぐん、: Marcia su Roma)は、イタリア王国ベニート・ムッソリーニ1922年10月に行った政権獲得のためのクーデターのことである。

概要[編集]

しかし実際にはこれらの計画の多くは、軍による様々な妨害活動や党員間の連絡の不行き届きなどから、国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世よりムッソリーニに組閣の命が下る、つまり政権交代が実現するまでに実行されないままであった。

独裁権の掌握[編集]

進軍の失敗を覚悟したムッソリーニは、スイスへの亡命の準備をしていたという。

余波[編集]

この一年後、ドイツにてアドルフ・ヒトラーがローマ進軍を参考にしてミュンヘン一揆を起こす。このように各国のファシズム団体によるローマ進軍を模倣したクーデター事件が続発したが、そのほとんどが未遂に終わるか、謀議の段階で摘発されている。

1926年5月にポーランドユゼフ・ピウスツキが起こした権威主義軍事クーデター「五月革命」は、ローマ進軍を研究した上で起こされたものだった。

関連項目[編集]