ローラン・ブラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ローラン・ブラン Football pictogram.svg
Laurent blanc 11 11 2013 reves de Clara.jpg
2013年のブラン
名前
本名 ローラン・ロベール・ブラン
Laurent Robert Blanc
愛称 ロロ、ラリー・ホワイト、プレジデント
ラテン文字 Laurent BLANC
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1965-11-19) 1965年11月19日(53歳)
出身地 アレス
身長 190cm
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足
ユース
1981-1983 フランスの旗 モンペリエ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1991 フランスの旗 モンペリエ 243 (76)
1991-1992 イタリアの旗 ナポリ 31 (6)
1992-1993 フランスの旗 ニーム 29 (1)
1993-1995 フランスの旗 サンテティエンヌ 70 (18)
1995-1996 フランスの旗 オセール 23 (2)
1996-1997 スペインの旗 バルセロナ 28 (1)
1997-1999 フランスの旗 マルセイユ 63 (14)
1999-2001 イタリアの旗 インテル・ミラノ 67 (6)
2001-2003 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 48 (1)
通算 602 (125)
代表歴
1989-2000[1] フランスの旗 フランス 97 (16)
監督歴
2007-2010 フランスの旗 ボルドー
2010-2012 フランスの旗 フランス代表
2013-2016 フランスの旗 パリ・サンジェルマン
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ローラン・ロベール・ブランLaurent Robert Blanc1965年11月19日 - )は、フランスラングドック=ルシヨン地域圏ガール県アレス出身の元サッカー選手。現在はサッカー指導者。2010年7月から2012年6月までフランス代表監督を務め、2012年から2016年にかけてはパリ・サンジェルマンの監督を務めた。選手時代のポジションはボランチ、ディフェンダーで、初期はボランチに位置でプレーしていたが、1990年代半ばより主にリベロセンターバックとしてプレーしていた。

ロロLolo)の愛称を持つ。また、プレジデント(大統領)とも称される。マンチェスター・ユナイテッド時代は「ローラン・ブラン」を英語風に変換した「ラリー・ホワイト」という愛称もつけられた。

経歴[編集]

選手時代[編集]

192cm、88kgの大柄な体で対人プレーに強いのは言うまでも無いが、鋭い読みでパスカットやカバーリングも超一流の実力を持ち、「青い壁」と称された。敏捷性には欠けるが、ボールテクニックに優れ、最終ラインから鋭いパスでチャンスを作った。ボランチやDFとしては得点力も高かった。

1983年にモンペリエでキャリアをスタートさせた。1989年2月7日にフランス代表初キャップを刻んだ。1991年セリエAナポリへ移籍したが活躍できず、1年でフランスに戻り、クラブを転々とした。守備の中心選手として活躍し、フランス代表ではディディエ・デシャンジネディーヌ・ジダンらとともに世界屈指のチームへと押し上げた。

1998年、地元開催のフランスW杯ではデシャンとともにチームの精神的支柱となった。さらに決勝トーナメント初戦ではゴールデンゴールをあげるなどの活躍で優勝に貢献した。2000年UEFA EURO 2000でも守備の要として優勝に貢献、同年9月2日に行われたイングランド代表との国際親善試合を最後に代表引退から引退した[1]。この大会を含めEUROには3度出場、その全てでベストイレブンに選出された。フランス代表としては、1987年から2000年の間に通算95試合に出場して16得点を決めた。

クラブチームではインテルマンチェスター・ユナイテッドに所属し、2003年5月に選手生活に終止符を打った。

指導者時代[編集]

UEFA EURO 2004後にはフランスサッカー連盟のクロード・シモーネ会長にフランス代表監督に推薦され、世論も彼を支持していたが、当時のブランはコーチングライセンスすら持っておらず、レイモン・ドメネクが代表監督に就任した[2]

2007年6月、リーグ・アンに所属するFCジロンダン・ボルドーの監督に就任した。1年目より優れた手腕を発揮し、フェルナンド・カベナギの才能を開花させ、攻撃的なチーム作りでチームを2位に導いた。2008-2009シーズンは、ヨアン・グルキュフの加入でチーム力をさらに上げ、リーグ・カップとリーグ・アンの二冠達成を果たし、オリンピック・リヨンの連覇を7で止めた。2009-10シーズンも出だしから好調で、2009年末の時点で2位に勝ち点9差をつけ、29節終了時まで首位をキープしていたが、2010 FIFAワールドカップ後のフランス代表監督に就任する噂が立ったことなどから[3]チームの成績が悪化し、最終的には欧州カップ戦出場圏外の6位でシーズンを終えた。

2010年5月16日、2010 FIFAワールドカップ後にフランス代表監督に就任するためにFCジロンダン・ボルドーの監督を辞任することを発表した[4]。同年7月、正式に代表監督に就任した。UEFA EURO 2012準々決勝敗退後、責任を取って辞任した[5]

2013年6月25日、レアル・マドリード監督就任のため退任したカルロ・アンチェロッティの後任としてパリ・サンジェルマンの監督就任が決定。契約は2年間[6]。2014-15シーズン、2015-16シーズンと2年連続国内三冠を達成、2013-14シーズンから三連覇と国内では無敵を誇るも、UEFAチャンピオンズリーグではベスト8どまりであった。2015-16シーズン終了後、辞任が決定。

個人成績[編集]

代表での成績[編集]

出典[1]


フランス代表国際Aマッチ
出場得点
1989 6 1
1990 7 1
1991 6 2
1992 8 0
1993 8 3
1994 7 0
1995 4 1
1996 10 3
1997 7 0
1998 13 3
1999 9 0
2000 12註1 2
合計 97 16

註1 フランスサッカー連盟2000年8月16日に行われたFIFA選抜戦を国際Aマッチとして認めている[1]

タイトル[編集]

選手[編集]

モンペリエHSC
AJオセール
FCバルセロナ
マンチェスターユナイテッド
フランス代表

監督[編集]

ボルドー
パリ・サンジェルマンFC

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “Laurent Blanc - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/blanc-intl.html 
  2. ^ 「Sports Graphic Number」、2010年5月20日号
  3. ^ フランス代表、「次はブラン監督」が既定路線? livedoorスポーツ、2010年5月3日
  4. ^ ブラン氏がフランス代表次期監督就任へ産経新聞、2010年5月17日
  5. ^ ブラン監督が辞任=サッカー仏代表 - 時事通信、2012年7月1日
  6. ^ LE PARIS SAINT-GERMAIN CHOISIT LAURENT BLANCパリ・サンジェルマン公式、2013年6月25日

関連項目[編集]