ローラ・ハリアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ローラ・ハリアー
Laura Harrier
Laura Harrier
第71回カンヌ国際映画祭にて(2018年5月)
本名 Laura Ruth Harrier
生年月日 (1990-03-28) 1990年3月28日(29歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州シカゴ[1]
職業 女優・モデル
活動期間 2013年 - 活動中
主な作品
スパイダーマン:ホームカミング

ローラ・ルース・ハリアーLaura Ruth Harrier, 1990年3月28日[2] - )は、アメリカ合衆国女優モデルである。2013年にソープオペラ『ワン・ライフ・トゥ・リヴ』でデスティニー・エヴァンス英語版を演じて知名度を上げた。2017年に『スパイダーマン:ホームカミング』のリズ・アラン英語版役で映画デビューする[3][4][5]

生い立ち[編集]

1990年3月28日[2]にイリノイ州シカゴで生まれ、エバンストンで育つ[1]。異人種間の子である[6]。2004年から2008年までエヴァンストン・タウンシップ高校英語版に通う。父は保険業界人、母は言語病理学者である[7]。弟が1人いる[6]

18歳の時にニューヨーク大学ガラティン・スクール・オブ・インディビジュアライズド・スタディ英語版で学ぶためにニューヨークに移ったが、モデル業を始めたために入学を延期する[6]。ハリアーはモデルを長く続けようとは考えておらず、女優転身のためにニューヨークのウィリアム・エスパー・スタジオ英語版の演技学校に通う[7][6]

キャリア[編集]

2013年にソープオペラ『ワン・ライフ・トゥ・リヴ』で女優デビューする。

2017年に『スパイダーマン:ホームカミング』のリズ・アラン英語版役でメジャー映画デビューを果たす。2017年6月には小説『華氏451度』のテレビ映画版への出演が報じられたが[8]、結局完成版ではハリアーの箇所は削除された[9]。2018年のスリラー映画『ブラック・クランズマン』ではジョン・デヴィッド・ワシントンらと共演し、人権活動家役を務めた[10]

2019年には『Balance, Not Symmetry』の公開が控えている[11]

主なフィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

日本語題
原題
役名 備考
2014 ラスト5イヤーズ
The Last Five Years
Manuscript Woman
Galyntine ワイリー
2015 親友のカミングアウト
4th Man Out
Dorothy Cuda
2016 The Realest Real アビー 短編
2017 スパイダーマン:ホームカミング
Spider-Man: Homecoming
リズ・アラン英語版
2018 ブラック・クランズマン
BlacKkKlansman
パトリス・デュマス
2019 Balance, Not Symmetry

テレビシリーズ[編集]

日本語題
原題
役名 備考
2013 ワン・ライフ・トゥ・リヴ
One Life to Live
デスティニー・エヴァンス英語版 計43話出演
2014 Unforgettable アンバー 計2話出演

参考文献[編集]

  1. ^ a b Laura Harrier, star of 'Spiderman: Homecoming' returns to Chicago”. WLS-TV (2017年6月21日). 2019年5月2日閲覧。
  2. ^ a b Chang, Mahalia (July 3, 2017). "Everything You Need To Know About ‘Spider-Man’ Babe, Laura Harrier". Elle.
  3. ^ Anderson, Ethan (2016年7月25日). “Spider-Man Homecoming Characters Revealed”. /Film. 2019年5月2日閲覧。
  4. ^ Geier, Thom (2016年4月15日). “'Spider-Man: Homecoming' Casts Laura Harrier From 'One Life to Live' (Exclusive)”. TheWrap. 2019年5月2日閲覧。
  5. ^ Kroll, Justin (2016年4月16日). “Tony Revolori and Laura Harrier Join 'Spider-Man: Homecoming'”. 2019年5月2日閲覧。
  6. ^ a b c d Weatherford, Ashley (2017年7月5日). “Laughing and Crying With Laura Harrier, the New Star of Spider-Man”. The Cut. 2019年5月2日閲覧。
  7. ^ a b Ortved, John (2016年6月14日). “Laura Harrier”. 2019年5月2日閲覧。
  8. ^ Petski, Denise (2017年6月). “'Fahrenheit 451': Laura Harrier Cast As Millie In HBO Movie”. Deadline Hollywood. 2019年5月2日閲覧。
  9. ^ Pond, Steve (2018年5月9日). “‘BlacKkKlansman’ Star Laura Harrier on Going From Spider-Man’s Homecoming to Cannes Red Carpet”. The Wrap. 2018年5月30日閲覧。
  10. ^ Adam Driver Joins Spike Lee’s ‘Black Klansman’”. Deadline Hollywood (2017年10月25日). 2018年5月18日閲覧。
  11. ^ Grater, Tom (2018年10月5日). “Laura Harrier, Bria Vinaite, Lily Newmark board 'Balance, Not Symmetry' with Biffy Clyro (exclusive)”. Screen International. 2018年12月30日閲覧。