ロールス・ロイス ジェム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミッドランド航空博物館英語版で展示されるロールス・ロイス ジェム

ロールス・ロイス ジェム(Rolls-Royce Gem)は、1970年代末にウェストランド リンクスヘリコプター用に開発されたターボシャフトエンジンである。

開発[編集]

設計はデ・ハビランド (だから名称は"G"で始まる)で開始され、BS.360としてブリストル・シドレーを経由した。1966年にロールスロイスが買収してRS.360になった。[1] Gemの3軸式のエンジンの仕様はターボシャフト/ターボプロップエンジンでは一般的ではない。基本的な構成は4段軸流式LP(低圧)圧縮機を単段の低圧タービンで駆動され、過給用の遠心式HP (高圧)圧縮機は単段の高圧タービンで駆動される。出力は2段式の自由(出力)タービンに接続された3番目の軸から取り出される。反転流式燃焼器を特徴とする[2]。 Gem 42の出力は離陸時に海面高度での静止時にISA条件下で1,000 shp (750 kW)だが、最大定格(MCR)は1,120 shp (840 kW)である。 近年まで全てのリンクスの派生型はGemを動力としていたが、現在はロールスロイスが所有するアリソンハネウェルと共同で開発した、より近代的なLHTEC T800が販売される。民間用の派生型はCTS800として知られ、アグスタウェストランドスーパーリンクスの動力となる予定である。

搭載機[編集]

エンジンの展示[編集]

  • ミッドランド航空博物館英語版
  • ヘリコプター航空博物館英語版

仕様諸元 (Gem 42)[編集]

一般的特性

構成要素

  • 圧縮機: 低圧:4段軸流式、高圧:単段遠心式
  • タービン: 2段式出力タービン、低圧単段、高圧単段

性能

出典: ロールス・ロイス[3]


関連項目[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gunston 1989, p. 155.
  2. ^ Rolls-Royce Gem product page
  3. ^ Rolls-Royce Gem 42 factsheet www.rolls-royce.com. Retrieved: 16 July 2009

出典[編集]

  • Gunston, Bill. World Encyclopedia of Aero Engines. Cambridge, England. Patrick Stephens Limited, 1989. ISBN 1-85260-163-9