ローレンス・ラムリー (第11代スカーバラ伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第11代スカーバラ伯爵ローレンス・ロジャー・ラムリー英語: Lawrence Roger Lumley, 11th Earl of Scarbrough1896年7月27日 - 1969年6月29日)は、イギリスの貴族、政治家。

経歴[編集]

1896年7月27日、陸軍大佐オズバート・ラムリー(第9代スカーバラ伯爵リチャード・ラムリーの次男)とその妻コンスタンス(旧姓パッテン)の間の次男として生まれる[1]。兄にリチャードがあったが、第一次世界大戦で戦死した[2]

イートン・カレッジを経てオックスフォード大学マグダレン・カレッジ英語版へ進学。

1922年から1929年まで東ハル選挙区英語版、1931年から1937年にかけて ヨーク選挙区英語版から選出されて庶民院議員を務めた[3]

1937年から1943年までボンベイ総督英語版、1945年にはインド・ビルマ担当省政務次官英語版、1952年から1963年にかけては侍従卿英語版を務めた[4]

1945年3月4日に伯父の第10代スカーバラ伯爵アルドレッド・ラムリー英語版が男子なく死去したため[5]、第11代スカーバラ伯爵位を継承し、貴族院議員に列した[3]

1951年から1967年までフリーメイソンイングランド・連合グランドロッジグランドマスター英語版を務めた[4]。1969年6月29日に死去[6]

家族[編集]

1922年にキャサリン・マッキュアンと結婚し、彼女との間に以下の5子を儲ける[6]

  • 第1子(長女)メアリー・コンスタンス・ラムリー (1923–1998) : エドワード・フリートウッド・ヘスケス英語版中将と結婚。
  • 第2子(次女)エリザベス・ラムリー (1925-) : 第4代グリムソープ男爵英語版クリストファー・ベケット英語版と結婚
  • 第3子(三女)アン・キャサリン・ガブリエル・ラムリー (1928 – 2006) : 第4代リドリー子爵マシューホワイト・リドリー英語版と結婚
  • 第4子(長男)リチャード・アルドレッド・ラムリー英語版 (1932–2004) : 第12代スカーバラ伯爵位を継承。
  • 第5子(四女)ジェーン・リリー・セレナ・ラムリー (1935-2016)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lundy, Darryl. “Colonel Osbert Victor George Athling Lumley” (英語). thepeerage.com. 2015年9月3日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “2nd Lt. Richard John Lumley” (英語). thepeerage.com. 2015年9月3日閲覧。
  3. ^ a b UK Parliament. “Mr Lawrence Lumley” (英語). HANSARD 1803–2005. 2015年9月3日閲覧。
  4. ^ a b Heraldic Media Limited. “Scarbrough, Earl of (E, 1690)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年9月26日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “Alfred Frederick George Beresford Lumley, 10th Earl of Scarbrough” (英語). thepeerage.com. 2015年9月3日閲覧。
  6. ^ a b Lundy, Darryl. “Lawrence Roger Lumley, 11th Earl of Scarbrough” (英語). thepeerage.com. 2015年9月3日閲覧。
グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
チャールズ・マーチソン英語版
東ハル選挙区英語版選出庶民院議員
1922年1929年
次代:
ジョージ・マフ英語版
先代:
フレデリック・ジョージ・バーゲス
ヨーク選挙区英語版選出庶民院議員
1931年 – 1937年
次代:
チャールズ・ウッド英語版
公職
先代:
第5代ブラボーン男爵英語版
ボンベイ総督英語版
1937年 – 1943年
次代:
サー・デイヴィッド・コルヴィル英語版
先代:
第5代リストーウェル伯爵英語版
インド・ビルマ担当省政務次官英語版
1945年
次代:
アーサー・ヘンダーソン英語版
宮廷職
先代:
第6代クラレンドン伯爵英語版
侍従卿英語版
1952年 – 1963年
次代:
初代コボルド男爵英語版
名誉職
先代:
第6代ヘアウッド伯爵
ヨークシャーの西リディング知事英語版
1948年 – 1969年
次代:
ケネス・ハーグレイヴス英語版
フリーメイソン
先代:
第10代デヴォンシャー公爵
イングランド・連合グランドロッジ
グランドマスター

1951年 – 1967年
次代:
第2代ケント公爵
学職
先代:
ジョージ・トレヴェリアン英語版
ダラム大学学長
1958年 – 1969年
次代:
マルコム・マクドナルド英語版
イングランドの爵位
先代:
アルフレッド・ラムリー英語版
第11代スカーバラ伯爵
1945年 – 1969年
次代:
リチャード・ラムリー英語版