ワイルド・ウエスト・ヒーロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワイルド・ウエスト・ヒーロー
エレクトリック・ライト・オーケストラシングル
初出アルバム『『アウト・オブ・ザ・ブルー』』
B面 エルドラド
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル シンフォニーロック
時間
レーベル ジェット・レコード(イギリスの旗
作詞・作曲 ジェフ・リン
プロデュース ジェフ・リン
チャート最高順位
エレクトリック・ライト・オーケストラ シングル 年表
スウィート・トーキン・ウーマン
(1978年)
ワイルド・ウエスト・ヒーロー
(1978年)
哀愁の果て
(1978年)
テンプレートを表示

ワイルド・ウエスト・ヒーロー」 (Wild West Hero) は、エレクトリック・ライト・オーケストラ1977年に発表した楽曲。2枚組アルバム「アウト・オブ・ザ・ブルー」の2枚目の最終曲である。

概要[編集]

シングルカットされ、イギリスで大ヒットとなった。

プログレを意識したような独特の曲構成をしており、基本的にはミドルテンポのバラードとして進行するのだが、間奏では一転してロックになる。一度アカペラになる箇所もある。

歌詞は、西部のヒーローになりたかったという男の妄想劇。ミュージックビデオでは、馬に乗ったカウボーイが投げ縄を振り回し、演奏中のジェフを捕まえるという演出がされた。

その他[編集]

  • 冒頭及び曲中で聴かれるホンキートンクピアノの演奏は、ツアー・メンバーのチェロ奏者であるマーヴィン・ゲイルの演奏。ELOのアルバム・レコーディングで聴くことができる彼の演奏のうち、判明しているものはこれが唯一である。
  • ベスト盤「The Very Best of Electric Light Orchestra」にも収録されたが、日本盤では「トワイライト」が収録される都合上でオミットされた。
  • アローン・イン・ザ・ユニバースツアーで、セットリストに組み込まれた。若干の曲構成の変更がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]