ワイルド アット ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ワイルド アット ハート
シングル
初出アルバム『Popcorn
B面 How Can I Love(初回限定盤)
ついておいで(通常盤)
ふたりのカタチ(通常盤)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル J Storm
作詞・作曲 Octobar(作詞)
Octobar・FOX(作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2012年3月度月間1位(オリコン)
  • 2012年度上半期3位(オリコン)
  • 2012年度年間6位(オリコン)
  • シングル 年表
    迷宮ラブソング
    2011年
    ワイルド
    アット ハート

    2012年
    Face Down
    (2012年)
    テンプレートを表示

    ワイルド アット ハート」は、2012年3月7日J Stormから発売されたの37枚目のシングル

    概要[編集]

    • 初回限定盤、通常盤の2形態で発売。
    • 初回限定盤には、表題曲のビデオ・クリップと、カップリング曲「How Can I Love」を収録。
    • 通常盤には、「ついておいで」と同じくメンバーの櫻井翔がRap詞を手掛けた「ふたりのカタチ」のカップリング2曲に加え、オリジナル・カラオケ3曲を収録。

    その他[編集]

    • 2012年2月22日に表題曲の着うたがドワンゴ関連のウェブサイトで配信された。[1]
    • PVは、周りに黒いドアのある白基調の空間で歌うシーン、カラフルな空間で缶詰め状態になって歌うシーン、きらびやかなカーテンをバックにしたセットで歌うシーン(このシーンではテレビで披露する際の振り付けの一部が含まれている)、狭い壁の間に入って歌うソロシーンで構成されている。

    封入特典[編集]

    初回限定盤[編集]

    • 16P歌詞ブックレット

    チャート成績[編集]

    • 2012年3月19日付オリコン週間シングルチャートで初登場1位にランクインした。1位獲得は「PIKA★★NCHI DOUBLE」から26作連続・通算33作目であり、連続1位獲得数で歴代単独4位となり(本作の1位獲得直前まで浜崎あゆみが25作連続で並んでいた)、通算1位獲得数では歴代3位となった。初動売上は前作の初動を約2万枚上回る55.0万枚を記録し、累計売上は65.0万枚[3]

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    通常盤[編集]

    1. ワイルド アット ハート [4:09]
      作詞:Soluna
      作曲:Chris Janey, Junior Jokinen
      編曲:Trevor Ingram
    2. ついておいで [4:11]
      作詞:Mi-n
      作曲:iiiSAK, Anton Lindsjo
      編曲:ha-j
      大野智が振り付けを担当。[4]
    3. ふたりのカタチ [4:43]
      作詞:須藤まゆみ
      Rap詞:櫻井翔
      作曲:三留一純
      編曲:石塚知生
    4. ワイルド アット ハート(オリジナル・カラオケ
    5. ついておいで(オリジナル・カラオケ)
    6. ふたりのカタチ(オリジナル・カラオケ)

    初回限定盤[編集]

    1. ワイルド アット ハート
    2. How Can I Love [4:05]
      作詞:Octobar
      作曲:FOX, Octobar
      編曲:吉岡たく

    DVD[編集]

    ※初回限定盤のみ

    1. ワイルド アット ハート」ビデオ・クリップ

    収録アルバム[編集]

    出典[編集]

    [脚注の使い方]