ワカフ・バル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワカフ・バル駅
ワカフ・バル駅
ワカフ・バル駅
Wakaf Bharu
ブヌッ・スス (4.1km)
(4.1km) パレンバン
所在地 マレーシアの旗 マレーシア
クランタン州ワカフ・バル
所属事業者 マレーシア鉄道公社
駅コード 85700
所属路線 イースト・コースト線
キロ程 513.7km(グマス起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式ホーム1面1線
開業年月日 1914年5月4日
テンプレートを表示

ワカフ・バル駅 (ワカフ・バルえき、Wakaf Bharu Railway Station) は、マレーシアクランタン州ワカフ・バルにある、マレー鉄道イースト・コースト線である。

概要[編集]

マレー半島北東部のクランタン州の州都コタ・バルの最寄り駅であるが、コタ・バルの市街地からはクランタン川の対岸に当たり、市街地からも5キロほど離れている。そのため、鉄道を利用しようとすれば、バスタクシーで駅まで行かねばならない。

KTMインターシティの全列車が停車する。

2016年、東海岸鉄道計画が具体化し、ワカフ・バルが終着駅となる計画も浮上したが[1]2019年1月、鉄道事業計画は高額となる事業費を理由に中止となっている[2]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線をもつ地上駅である。駅舎は北西側にあり、ホームに面している。南東側に行違線があり、列車交換をすることができる。

駅周辺[編集]

コタ・バルの中心地から離れており、ワカフ・バルの集落はコタ・バル市とは別の小規模な村になっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東海岸鉄道、路線と設置23駅の計画概要発表”. NNA (2017年3月10日). 2019年1月26日閲覧。
  2. ^ 中国との鉄道計画中止を正式決定=「一帯一路」に打撃か-マレーシア” (2019年1月26日). 2019年1月26日閲覧。