ワシントン・スクエア (オレゴン州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワシントン・スクエア
Washington Square
Washington Square Mall outside - Oregon.JPG
2005年に増築された部分の外観
所在地 アメリカ合衆国
オレゴン州
タイガード
北緯45度27分02秒 西経122度46分52秒 / 北緯45.450618度 西経122.7811度 / 45.450618; -122.7811座標: 北緯45度27分02秒 西経122度46分52秒 / 北緯45.450618度 西経122.7811度 / 45.450618; -122.7811
開業 1973年 (1973)
開発業者 ウィンマー・パシフィック
(Winmar Pacific, Inc.)
施設管理者 マセリッチ・カンパニー
(The Macerich Company)
施設所有者 マセリッチ・カンパニー、
オンタリオ教員年金基金
(OTPP)
テナント数 170[1]
中核店舗数 5
総賃貸面積 1,458,734 ft² (135,520 m²) (GLA)[1]
階数 2
駐車台数 6,700[2]
ウェブサイト Official Website

ワシントン・スクエア: Washington Square)は、アメリカ合衆国オレゴン州タイガードにあるショッピングモールである。ポートランド都市圏のオレゴン州道217号線沿いにあり、単位面積当たり売上高は716米ドル/平方フィートと全米指折りの水準を誇る[3]。1973年に開業した当モールは、現在は不動産投資信託マセリッチ・カンパニー(The Macerich Company)が所有し、中核店舗にメイシーズ、ノードストローム、JCペニー、シアーズを構える。2008年3月には5番目の中核店舗としてディックス・スポーティング・グッズを迎えた[4]

歴史[編集]

1972年5月3日、当時オレゴン最大のショッピングモールを建設する計画が、ウィンマー・パシフィック[5](1967年にセーフコ傘下となったデベロッパー)により発表された[6]。130エーカー (0.53 km2)の面積に100以上の店舗の入居を見込み、85エーカー (340,000 m²)の敷地にL字型の1,000,000平方フィート (93,000 m²)の建築物を置く開発地区である。1973年8月16日、マイヤー・アンド・フランクが最初のテナントとして登場[5]。シアーズとリップマンズが11月に入居し、続いてリバティーハウスとノードストロームが1974年夏季にオープンした[5]。モール本体は1974年2月21日に開業した[5]

モール西側。拡張前の1988年に撮影。

1979年、フレデリック・アンド・ネルソンズがリップマンズを買収し名称を変更。1980年にはマーヴィンズが当初リバティーハウスが入居していたスペースを継承した。元々ワシントン・スクエアがあった場所はビーバートン、タイガード、ポートランド近郊に位置する非法人地域であったが、1986年、3市の間でこの地区を巡って領有権紛争が勃発した[7]。その結果、タイガードがワシントン・スクエアの地域を、リンカーン・センターやエンパシー・スイート・ホテル等と共に併合する権利を勝ち得た[7]。フレデリック・アンド・ネルソンズが1991年1月に破産し閉店すると、ノードストロームが空き地となった同敷地を取得し、既にワシントン・スクエアに持っていた同社店舗の拡大に乗り出した。そうして完成した新しいノードストロームが1994年に開店。元々あったノードストロームはモール本体が取得し、当時進行中だったモール改修の一環としてフードコードや新たな小売スペースとして改造した。ワシントン・スクエアは1990年半ばまでに、単位面積当たり売上高が全米トップ10%に入るまでに成長した[7]

1998年12月、シアトルに本社を置く保険会社セーフコがワシントン・スクエアを売却し、これをマセリッチ・カンパニーとオンタリオ教員年金基金が取得した。売却当時、ワシントン・スクエアは「西海岸有数の単位面積当たり売上高を有するモール」として、500米ドル/平方フィートに到達[8]。不動産投資信託のマセリッチ・カンパニーがこの不動産の管理を継承した。2005年、マセリッチは100,000平方フィート(9,300平方メートル)の規模の増築を行い、チーズケーキ・ファクトリー、セフォラ、ルーシー・アクティブウェア、ゴディバ・ショコラティエ、ウィリアムズ=ソノマなど30以上の店舗を新たに迎え入れた[1]。またこの時、モール全体に改修工事が行われ、2つの新たな駐車場が建設された。2005年11月、マーヴィンズが閉店し、敷地はモール本体に売却された。2008年3月、マーヴィンズがあった敷地に新たにディックス・スポーティング・グッズが入居した。

2011年2月、スウェーデンの衣料品小売であるH&Mがワシントン・スクエアに開店。オレゴン州内で2番目の店舗となった。

レイアウト[編集]

現在、ワシントン・スクエアには5つの百貨店店舗、170の専門店及びレストラン、そしてフードコードが入居している。その一部はワシントン・スクエア・トゥー(Washington Square Too)と呼ばれる屋外型プラザにある。モールのほとんどは1階部分にあるが、中核店舗に関しては複数階に跨がり、またフードコードは2階に位置している。2005年の拡張工事では将来的に2階部分を拡張できるような仕組みで建設が行われた。

ポートランド都市圏で公共交通機関を運営するトライメットは、当モール至近にワシントン・スクエア・トランジット・センター駅を所有している。

中核店舗[編集]

2005年拡張部分の内観
  • JCペニー(JCPenney) - 210,585平方フィート、1975年開店
    • JCペニー・ホームストア(JCPenney Home Store) - 20,397平方フィート
  • メイシーズ(Macy's) - 242,505平方フィート、1973年にマイヤ・アンド・フランク(Meier & Frank)として開店、2006年に改称
  • ノードストローム(Nordstrom) - 180,000平方フィート、1974年に小規模店舗を開店、1994年に移設
  • シアーズ(Sears) - 211,937平方フィート、1974年開店
    • シアーズ・タイヤ・バッテリー・アンド・オート(Sears Tire, Battery & Auto) - 16,600平方フィート
  • ディックス・スポーティング・グッズ(Dick's Sporting Goods - 90,000平方フィート、2008年開店

かつて存在した中核店舗[編集]

  • フレデリック・アンド・ネルソン(Frederick & Nelson) - 120,000平方フィート、1991年閉店、ノードストロームが承継
  • リバティーハウス(Liberty House) - 1974年開店、1980年にマーヴィンズが承継
  • リップマンズ(Lipman's) - 1974年開店、1979年にフレデリック・アンド・ネルソンが承継
  • マイヤー・アンド・フランク(Meier & Frank) - 1973年開店、2006年にメイシーズに改称
  • マーヴィンズ(Mervyn's - 89,309平方フィート、1980年開店、2005年11月閉店、現・ディックス・スポーティング・グッズの敷地
  • ノードストローム(Nordstrom) - 108,000平方フィートの旧店舗、1974年開店、1994年にフードコート及び小売スペースに置換

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c Property Overview - Washington Square”. The Macerich Company. 2010年7月25日閲覧。
  2. ^ “Countering the crunch”. The Oregonian. (2006年8月27日) 
  3. ^ 2006 Annual report for The Macerich Company”. Form 10-K (for fiscal year ended December 31, 2006). SEC (2007年2月16日). 2007年3月28日閲覧。
  4. ^ Washington Square brings first Dick's Sporting Goods to Oregon (PDF)”. Washington Square (2007年2月5日). 2007年8月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年3月28日閲覧。
  5. ^ a b c d "Shopping center contribute to fast-growing phenomenon". Hillsboro Argus, October 19, 1976.
  6. ^ Lane, Polly (1998年2月5日). “Safeco Plans To Sell Off Its Real-Estate Division”. The Seattle Times. http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=19980205&slug=2732736 2010年7月25日閲覧。 
  7. ^ a b c Manning, Jeff (1994年8月11日). “Washington Square still strong, profitable 20 years after debut”. The Oregonian: pp. R7 
  8. ^ “Safeco Corp. set to sell Washington Square Mall”. Portland Business Journal. (1998年12月11日). http://seattle.bizjournals.com/portland/stories/1998/12/14/story4.html?t=printable 2010年7月25日閲覧。  [リンク切れ]

ウィキメディア・コモンズには、ワシントン・スクエア (オレゴン州)に関するカテゴリがあります。