ワタナベコメディスクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ワタナベコメディスクールは、芸能事務所ワタナベエンターテインメント傘下の株式会社マニア・マニアが経営する[1]タレント養成所である。

概要[編集]

略称:WCS。2004年秋開校[2]

「お笑い適正チェック」などのオーディションを行っており、優秀者は学費が免除される[3]

コースには、「お笑い芸人プロフェッショナル」(週4日15時間)、「お笑い芸人総合」(週3日9時間)、「お笑い芸人」(週1日6時間)、「放送作家総合」(週1日4時間)の4コースがある。この他に「女性タレントコース」もある。

クラスは少人数制を採用しており、1クラスを25名までの定員として「100人いたら100通りのプロデュース」の運営を行っている[4]

著名な出身者[編集]

お笑いタレントコース[編集]

入学 卒業 著名な出身者
1 2004年
10月
2005年
9月
ハジメ(フォーリンラブ)、我人祥太HEY!たくちゃん、赤羽奈々瀬(元めっちぇん)、十枝内重昭(元タボン)、チェリーの果実姉御ぉゆりかにわとりとたまご、坂本大亮(元黄昏アンティーク)、本田らいだ〜△牧野ステテコ
2 2005年
4月
2006年
3月
バービー(フォーリンラブ 元東京ホルモン娘)、ハライチサンシャイン池崎スター旭、しんのすけ(ペニーズハウス 元しんのすけとシャン)、シャン(元しんのすけとシャン)、山口ふく太郎・ふく子桂竹紋(元風犬ナンジャ)、梅太郎(元風犬ナンジャ)、テンパちゃんJPアモーレ橋本遊び屋アモーンウエディ新剛、KOMO(元めっちぇん)
3 2005年
10月
2006年
9月
イモトアヤコ(元東京ホルモン娘)、クリニック高田、平井“ファラオ”光(馬鹿よ貴方は)、、米沢の遠藤(モノスゴイズ)、東京ウタカルタ(元東京ホルモン娘)
4 2006年
4月
2007年
3月
ジグザグジギー桂竹千代、みきふるう(漫才少爺)、そのせん(3段5段)、ケチン・ダ・コチンロマンチックセクシースタスタローン
5 2006年
10月
2007年
9月
中村涼子(元あんいーぶんパルフェ)、伊勢久乃(元あんいーぶん)、岩間よいこ(元パルフェ)、西村裕一(ジョージマン)、しげる、さかもとしろう(元ザ・ゴリラバンド)、中井慈(元春夏笑冬)、町田こーすけ(元デラスキッパーズ)トシボーイ(元デラスキッパーズ)、萩原拓也(ポップライン)、イタリアン・シガー・ブルドッグ
6 2007年
4月
2008年
3月
笑撃戦隊イヌコネクション新田かえでMサイズディエゴ・加藤・マラドーナ(元春夏笑冬)、前田あうと(元Mahha、ザ・ゴリラバンド)、中谷みつとし(元Mahha)
7 2007年
10月
2008年
9月
やしろ優、成田デシリットル(元ペパーミントの風に吹かれて)、中沢健介(元ペパーミントの風に吹かれて)、うえだのまさゆき(元ツートンカラー)、土橋周太(元ツートンカラー)、テンゲン、まさえ(うみのいえ)、大葉カヤロウ(おかわり)、ホイップ坊や
8 2008年
4月
2009年
3月
ダニエルズ、いでけん(元アンダーライン、ゴールデンハイスクール、れぷりか)、天才カイドキッ(元カイドキッ)、脇沢美穂(元カイドキッ)、畑雅文(元モラリスト)、加古川クエ(チューチューチュー)、アベヨースケリンシャンカイホウ、政鷹(元ワンピストンズ)、エッセンス、らむ(みちばたコンサート)、TEAM近藤、ロマンス河野(上木恋愛研究所
9 2008年
10月
2009年
9月
あばれる君パンダユナイテッド第2PKミヤシタガク(元デニッシュ)、中村シュフ(元デニッシュ)、小石田純一、さち(かぎしっぽ
10 2009年
4月
2010年
3月
長谷川ヨシテル(元あかいらか)、バッドナイス常田、内田英輔(元あかいらか、バッドナイス)、マービンJr.(サノシタラ 元まんぷくフーフー)、ソイ、西田ライヘイ(元)、ノブとカカズ、上田雅史(元くりおね)、レフト鈴木(元くりおね)、ビジーストリート乾恭子サムライローズ)、ロマンチックあつこグリーンマンション
11 2009年
10月
2010年
9月
石井てる美デルピエロ雷鳥、ふるやいなや(スーパーニュウニュウ)、天野裕加里(あっぱれ婦人会)、松丸ほるもん(元シリフリ、まんぷくフーフー)、原リベロ(元シリフリ)
12 2010年
4月
2011年
3月
ハナコクマムシキサラギ、こむそう.com(みちばたコンサート)、仲山真史(蟹パーティー)、マリカがじゅまるエイトブリッジ丹佳夫
13 2010年
10月
2011年
9月
平野ノラガッツマンアントワネットスタミナパンチャーミング炒飯シドニージャイアントジャイアン、けんたろう(FREE MONKEY)、薄幸納言)、マーフィー大人のカフェ
14 2011年
4月
2012年
3月
チュランペット加藤誉子CHIEサツマカワRPG安藤ヒロキオ、東大ヤンキー澤山(元なんぶ桜)、中野孝康(元なんぶ桜)、フレンチぶるきしたかの、ちなてい(危険物てぃらてぃら)、市原洋さんだるトキヨアキイ、菅谷直弘(カカロニ)、宮本勇気(モンローズ)、シティホテル3号室ウェンズデイズ、大田黒ヒロタカ(36号線)、くまりえ
15 2011年
10月
2012年
9月
ゼスト、たかまつななナナちゃん、岩永いわな(さんぽ 元ノオト)、春山元樹(元ノオト)、ゆうきたけしメルヘン総長もりせいじゅ、久保田星希(あははいい塩梅)、飯島翔平(元アメリカンコミックス
16 2012年
4月
2013年
3月
きったん根菜キャバレー)、おちもりがんばれ! ぶそんくん、ヒロ・オクムラ、ドラゴン龍(元TOY)、菊原由香利(元TOY)、グリーンランプ、パリのくまさん、キャッチャー中澤、やほし(元ぷらんくしょん)、ぐっち(元ぷらんくしょん)、ラティーン(元ぷらんくしょん)、三好悠生(元ドーピングヒーローズ)
17 2012年
10月
2013年
9月
はなしょー、く~ぽん、ゆめまなこプーケットマーケットりっち。
18 2013年
4月
2014年
3月
土佐兄弟、早川知里(危険物てぃらてぃら)、まちゅヒラヤマンショー(元マドモアゼルズ)、坪倉良太(元マドモアゼルズ)、フワちゃん、コル、のばしぼん、えっちゅう
19 2013年
10月
2014年
9月
厚切りジェイソン小杉まりもカニササレアヤコ[5]
20 2014年
4月
2015年
3月
こゝろ、アンゴラ村長(にゃんこスター)、あきちゃん(モシモシ)、チカトプライド
21 2014年
10月
2015年
9月
ツヨシっ!まいあんつ廣田彩、デンジャーD(元セクシーチョコレート、ピンクネイチャー)、REINA(元セクシーチョコレート)、八つ橋てまり(おかわり)
22 2015年
4月
2016年
3月
丸山礼四千頭身森山あすか新作のハーモニカシマウマフック、荒川(あはは)、竹田(あはは)
23 2015年
10月
2016年
9月
フタリシズカどんぐりパワーズワタリ119(元キラキラ関係)、ななえ(スロッピ 元キラキラ関係)、ポポロクランク、コージ・トクダ(元ブリリアン)、杉浦大毅(元ブリリアン)、ぼっちゃん、チョケルデ水光
24 2016年
4月
2017年
3月
Gパンパンダこたけ正義感アユチャンネル海獣クラブリンダカラー、エンぷレス、電気ドンキー、らびっとビーチ
25 2016年
10月
2017年
9月
金の国、海豹、パープルナンバー、シロクマズ、えぐっちゃん
26 2017年
4月
2018年
3月
ラパルフェタカマッチCo.慶応、ジグロポッカ、ぎょねこ、ポテトカレッジ、福島衣織、コリアンチョップスクワッド、ドリルフィンフィンズ
27 2017年
10月
2018年
9月
豆鉄砲、ビバリーガール、シャンティ、吉尾和記(ヒューストンズ 元ときわ、キングストン)、ざつべのメインロッカー、ピンポンマスターズ、橘井と小池、早川(葉月 元群青ピンク)
28 2018年
4月
2019年
3月
しょうやムーン、彗星バロック横山天音はるか123 (ネバーギブアップ)、ギャランドゥ小田、アーシングステップ、トランキーロ・サブロー、倍々番長、俺達、三坪、フレンキー、つばめ花火、なきっつらにT-REX、田園劇場、伊東先生(元近道ラプソディー)、サモアンスガイ(元近道ラプソディー)
29 2018年
10月
2019年
9月
らくちんペクチン、シーシーダンシー、アオドラ、幕末ピエロ、可児正(公共の八尾)、ホカマアナーキー、カナエ
30 2019年
4月
2020年
3月
ゼンモンキー、ジョニーヘンドリクス、オーラス、奇天烈カルボナーラ、ラクーンドック、コメジマン、ニュートンズ、としの差ワーカーズ、所作ゴリラ、天馬、さかざきまさき、潮風、ハンナッシュベティー、瓦、ドドドばいそん、時計じかけの水谷、アグレッシブ、鼻矢印永井(明鳴)
31 2019年
10月
2020年
9月
えみざんまい

女性タレントコース[編集]

入学 卒業 著名な出身者
1 2007年4月 2008年3月 なちゅ村田奈津実メルヘン須長
3 2008年4月 2009年3月 石出奈々子
5 2009年4月 2010年3月 ビジーストリート
6 2009年10月 2010年9月 シリフリ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ ワタナベエンターテインメント リクルートサイト”. ワタナベエンターテインメント. 2017年4月25日閲覧。
  2. ^ ワタナベコメディスクール”. De☆View. オリコン・エンタテインメント. 2017年4月25日閲覧。
  3. ^ お笑い芸人適正チェック”. ワタナベコメディスクール. 2017年4月25日閲覧。
  4. ^ こだわりの「全員参加」”. ワタナベコメディスクール. 2017年4月25日閲覧。
  5. ^ カニササレアヤコ on Twitter」『Twitter』。2018年7月15日閲覧。