ワディム・サルマノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴァディム・ニコラエヴィチ・サルマノフ
ファイル:Салманов Вадим Николаевич.jpg
基本情報
生誕 (1912-11-04) 1912年11月4日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦レニングラード
死没 (1978-02-27) 1978年2月27日(65歳没)
学歴 レニングラード音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

ワディム・サルマノフロシア語: Вади́м Никола́евич Салма́нов英語: Vadim Nikolayevich Salmanov, 1912年11月4日 レニングラード - 1978年2月27日 レニングラード)は、ソ連交響曲作家。とりわけを描写した《交響曲 第2番》で広く知られる。

人物・来歴[編集]

1912年レニングラード生まれ。父親の手ほどきで少年時代からピアノを始める。18歳でレニングラード音楽院に進学するかたわら、大学で地質学を専攻し、1935年までは地質学者として働くが、同年に改めて本格的にレニングラード音楽院作曲科に籍を置き、ミハイル・グネーシンの薫陶を受けた。音楽院卒業後に第二次世界大戦に従軍している。退役後はガルシア・ロルカパブロ・ネルーダの詩や、ブロークエセーニンらの詩によって歌曲を作曲し、母校レニングラード音楽院で教鞭を執った。

《交響曲第1番ニ短調》は、スラヴ民謡の旋律を用いており、第1楽章の開始部で聞こえるモットーが終楽章に復帰するという、循環形式も採用されている。最も成功した《交響曲第2番》は、各楽章標題が付され、アルベール・ルーセルの最初の交響曲のように、交響曲形式をとった繊細な音詩としてまとめられている。1960年代のサルマノフは、ある程度まで無調十二音技法と不協和対位法の洗礼を受けており、その頃に完成された《交響曲第3番》は、調性感の判然としない、従来よりモダンな響きと、以前からの響きの爆裂が共存する独特な作品となっている。4つの交響曲はすべてエフゲニー・ムラヴィンスキーによって録音され、《交響曲第4番ロ短調》はムラヴィンスキーに献呈された。

ティホン・フレンニコフほど政治好きというわけではなかったが、サルマノフもさまざまな政治的な地位に就いており、たとえばソ連作曲家同盟議長も務めたことがある。

主要作品[編集]

  • 交響曲第1番 ニ短調
  • 交響曲第2番
  • 交響曲第3番
  • 交響曲第4番 ロ短調

文献[編集]

  • Рубцова В, 1982, Вадим Николаевич Салманов, Л. [ルブツォヴァ V.『ヴァディム・ニコラエヴィチ・サルマノフ』レニングラード、1982年]

脚注[編集]