ワルサーカンプピストル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Bundesarchiv Bild 101I-264-1623-20, Frankreich, Soldaten in Schutzstellung mit Kampfpistole.jpg
1944年3月21日、フランスにて使用されるカンプフピストーレ。
概要
種類 擲弾発射器
製造国 ドイツ
設計・製造 ヴァルター社
性能
口径 26.6mm
使用弾薬 榴弾、対戦車榴弾
装弾数 1発
全長 245mm
重量 1,450g
テンプレートを表示

ワルサー・カンプピストル(Walther Kampfpistole)とは、1930年代にドイツワルサー社が開発した小型擲弾発射器である。

ドイツ語の音写としては「ヴァルター・カンプフピストーレ」が近い。

概要[編集]

当時、ワルサー社は26.6mm信号拳銃を開発していたが、戦場では、銃口に手榴弾を取り付け、即席の擲弾発射器として使用していた。そこでドイツ陸軍は、この信号銃を擲弾発射器に作り変えることを要求。そこでワルサー社は滑腔式の銃身にライフリングを入れ、専用の小型榴弾発射器として開発した。これがカンプフピストーレ(Kampfpistole:戦闘拳銃)である。外見は従来の信号拳銃と変らないが、区別のため銃身左横にZの文字の刻印があり、このためZ(ツェット)ピストーレともいう。

開発当初は信号弾サイズの小型榴弾専用だったが、後に銃口側から差し込む大口径で威力の高い榴弾が使用可能になった。成形炸薬弾タイプも登場、軽装甲を打ち抜くほどの威力を持つようになり、小型の対装甲車両兵器として使われた。しかし、弾頭の大型化で反動が強くなったため、折り畳み可能なストック照準器を装備した発展型のシュトゥルムピストーレも作られた。

写真資料[編集]

登場作品[編集]

映画[編集]

『フューリー』
ソ連軍の見張りが所持している。ムーサが物音を立てた際に発砲。
フューリー
武装親衛隊指揮官、シュミット中尉照明弾を発射する際に使用。

アニメ・漫画[編集]

Fate/Zero
衛宮切嗣が使用。
機動警察パトレイバー the Movie
クライマックスに登場する「方舟の直接集中点火装置」に用いられる信号拳銃はカンプフピストーレがモデルになっている。
ジオブリーダーズ
原作第5巻で梅崎真希が主に使用。カンプフピストーレとシュトゥルムピストーレが共に登場。
ブレイブウィッチーズ
ヴァルトルート・クルピンスキー中尉が8話で使用。
エクスドライバー
OVA、劇場版で使用されている。

関連項目[編集]