ワレサ 連帯の男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ワレサ 連帯の男
Wałęsa. Człowiek z nadziei
Wałęsa filmmaking (1).JPG
レフ・ワレサ役のロベルト・ヴィェンツキェヴィチポーランド語版
監督 アンジェイ・ワイダ
脚本 ヤヌシュ・グウォヴァツキポーランド語版
製作 ミハウ・クフィェチンスキポーランド語版
出演者 ロベルト・ヴィェンツキェヴィチポーランド語版
アグニェシュカ・グロホフスカポーランド語版
音楽 パヴェウ・ムィキェティンポーランド語版
撮影 パヴェウ・エデルマン
編集 グラジナ・グラドン (Grażyna Gradoń)[1]
ミレニャ・フィェドレルポーランド語版
製作会社 Akson Studio
配給 ポーランドの旗 ITI Cinema
日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 ポーランドの旗 2013年10月4日
日本の旗 2014年4月5日
上映時間 124分
製作国 ポーランドの旗 ポーランド
言語 ポーランド語
イタリア語
製作費 €3,500,000[2]
テンプレートを表示

ワレサ 連帯の男』(ワレサれんたいのおとこ、Wałęsa. Człowiek z nadziei)は2013年ポーランド英語版伝記映画ポーランド独立自主管理労働組合「連帯」の初代委員長として祖国を自由民主化に導いた伝説的指導者レフ・ワレサ(ヴァウェンサ)の激闘の日々をポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督が映画化した作品である[3]

第86回アカデミー賞外国語映画賞にポーランド代表として出品されたが、最終選考には残らなかった。

ストーリー[編集]

ポーランド自主管理労組「連帯」のリーダーとして世界的に知られるレフ・ワレサを取材するために、イタリアの著名な女性ジャーナリストであるオリアナ・ファラチがワレサの自宅を訪問する。ワレサは1970年代に始まる自らの激闘の日々を彼女に語る[3]

ワレサの視点で1970年から1989年までのポーランド民主化運動が描かれる。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ FilmPolski.pl - Grażyna Gradoń”. 2015年11月13日閲覧。
  2. ^ Dorota Hartwich (2011年12月1日). “Wajda starts shooting Lech Walesa biopic” (英語). Cineuropa. http://cineuropa.org/nw.aspx?t=newsdetail&l=en&did=212473 2015年1月13日閲覧。 
  3. ^ a b ワレサ 連帯の男”. WOWOW. 2015年1月13日閲覧。

関連項目[編集]