ワンナイト・ミラージュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ワンナイト・ミラージュ』は宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。星組公演[1][2][3]。形式名は宝塚が「ショー・スペクタル[1]」、東京が「ショー・スペクタクル[2]」、地方公演・福岡公演が「ショー[3]」。宝塚・東京は24場[1][2]。作・演出は酒井澄夫[1][2][3]。併演作品は宝塚・東京公演が『白夜伝説[1][2]』、地方・福岡公演が『秋…冬への前奏曲[3]』。

公演期間と公演場所[編集]

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[4]参考。

全てが変わっていく、世をあげて新旧交代の激動の時代・・・。でも変わりゆくということは、そこに新しい誕生、未知なる出逢いがあるということ。喜び、悲しみ、感激、出会い、想い出、好奇心、欲望、潜在意識、運命・・・そして愛、失恋など、人間の持つ不思議な感情、様々な心の思いを表現したショー作品。

スタッフ(宝塚・東京)[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

主な配役[編集]

宝塚・東京[編集]

※宝塚[1]・東京[2]共通

地方公演・福岡市民会館公演[編集]

※地方公演[3]・福岡公演[3]共通。

  • スーパー・ミラージュ、Mr.D、悪魔、黒の男、踊る男S - 麻路さき
  • ミラージュ女S、淑女、ジュリエッタ、鏡の女、踊る女S - 白城あやか
  • ミラージュ女、運命の女、踊る女 - 洲悠花
  • ミラージュ男S、歌手、吟遊詩人、踊る男 - 稔幸

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 353.
  2. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 355.
  3. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 365.
  4. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 168.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5。
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。