ワン・ツウ アタック!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ワン・ツウ アタック!』は、1971年東宝の制作により、東京12チャンネル(現・テレビ東京)で放送されていたテレビドラマ。1971年4月3日6月26日放送、全13話。

なお本項では、この続編となったテレビドラマ『レッツ・ゴー ミュンヘン!』(1971年7月3日10月2日放送、全11話)についても解説。

放送時間は両番組とも、毎週土曜日20:00~20:55。

概要・ストーリー[編集]

原作は両作品共に、日紡貝塚女子バレーボールチームに所属していた1964年東京オリンピックの女子バレーボール代表選手として出場し、東洋の魔女と呼ばれた一人である谷田絹子と、小泉志津男との共著による著書『栄光へのスパイク』(ルック社・刊)。

主人公・伴久美子(愛称・バンビ)は、東都高校卒業後にジャガー工業バレーボール部監督の松岡にスカウトされる形でジャガー工業に入社。松岡率いるチームに入り、背の低さを克服すべく努力を重ねていく。

1971年7月3日からは、ミュンヘンオリンピックでの栄冠を目指すというストーリーを前面に打ち出し『レッツ・ゴー ミュンヘン!』と改題、太洋紡、武蔵大和など多くのライバルチームと対戦する全日本リーグ戦がドラマの中心の一つとなる。

撮影に際して、代役スタントマンなど吹き替えは一切使わないという方針のもとで行われた[1]

キャスト[編集]

(※) - 『レッツ・ゴー ミュンヘン!』からの出演

ジャガー工業[編集]

バレーボール部
その他

太洋紡[編集]

バレーボール部
  • 山内監督:杉江廣太郎
  • 大西理加:早乙女ゆう - 久美子とは高校時代からの友人で、高校のバレーボール部ではアタッカーコンビを組んでいた。
  • 林敏江(キャプテン):林マキ
  • 小宮正美:皆川妙子 - 第2話でジャガー工業から太洋紡へ移籍。『レッツ・ゴー ~』から再びジャガー工業へ。
  • 西沢めぐみ:坂本幸子
  • 木戸妙子:川崎陽子
  • 速水:いぬいなおみ

その他[編集]

主題歌[編集]

  • 『ワン・ツウ・アタック!』(『若い太陽』[3]) - 作詞:伴田充/作曲:いずみたく/編曲:親泊正昇/歌:いぬいなおみ
  • 挿入歌『青春の丘』 - 作詞:岩谷時子/作曲:いずみたく/編曲:親泊正昇/歌:いぬいなおみ

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

「ワン・ツウ アタック!」[編集]

回数 放送日 サブタイトル ゲスト
1 1971年4月3日 跳べジャガー! 長門裕之(久美子の夢の中の日本・ソ連戦の主審)
河西昌枝(バレーボール部の先輩)
大村千吉(守衛)
2 4月10日 泣くもんかバンビ! 中沢治夫(小宮秀一 =正美の弟)
塩沢とき(料亭の女将)
3 4月17日 恐怖の魔球
4 4月24日 青春はまっしぐら! 清水将夫(外科医・長沢)
月丘千秋(大西ユミエ =理加の母)
村田知栄子(桑原ちゅう =大西理加の実母)
相原ふさ子(大西典子 =理加の妹)
渚健二(不良仲間の親分・新井)、中村俊男(不良仲間)
5 5月1日 スパイは誰だ!
6 5月8日 素っ裸の娘たち 江戸家猫八(山岸善三 =奈々の父でタクシー運転手)
三角八朗(山岸善三の同僚)
八代駿(山岸善三の同僚)
7 5月15日 涙をふッ飛ばせ 柳谷寛(早田絹代の父)
市川寿美礼(早田絹代の母)
船戸順(木下)、永井柳太郎(漁師)
8 5月22日 どろんこ修業 南利明(ワールドレイヨン宣伝部長・大田)
佐竹明夫(医師)
西田昭市(モデルプロダクションマネージャー)
9 5月29日 打ち込め! スピンボール 松村達雄(佐々木エツの父)
笠置シヅ子(佐々木エツの母)
石田茂樹(ジャガー工業課長・若林)
永谷悟一、松尾文人三田松五郎(以上、債権者役)
10 6月5日 負けてたまるか! 石山健二郎(岩本北光 =茂巳の父で寺の住職)
11 6月12日 秘密兵器は何だ? 木田三千雄(豆腐屋の主人)
畠山麦(養豚業者)
12 6月19日 ジャンボをぶっ飛ばせ! 増田順司(会社の専務)
13 6月26日 激突! 真屋順子(山内英子 =山内監督の妻)
浦辺粂子(山内監督の母)
清水元(バレーボール協会会長)
村越伊知郎(全日本選手権の表彰式司会)

「レッツ・ゴー ミュンヘン!」[編集]

回数 放送日 サブタイトル ゲスト
1 1971年7月3日 魔の円盤ボール 人見清(レストラン支配人)、東八郎(警官)
原田健二(警官)、曾我廼家一二三(主任警部)
花村えいじ(守衛)、矢田耕司(実況アナウンサー)
2 7月10日 恐怖の殺人スパイク 北浦昭義(記者)
3 7月17日 魔球へのアタック! 中沢治夫(小宮秀一 =正美の弟)
4 7月24日 狼との対決 灰地順(刑事)
高森玄(強盗殺人犯・中野正己)
伊藤久哉(カーフェリー船長)
5 8月14日 オリンピックへのパスポート 野村昭子(女中・タキ)
逗子とんぼ(ジャガー工業宮崎出張所所長・青島)
6 8月21日 死んでも負けるな 土田早苗(牧野麻子 =日南平和養護院保母
太宰久雄(肉屋の主人)
7 9月4日 幽霊がやってきた 土田早苗(牧野麻子)
山田康雄(実況アナウンサー)
8 9月11日 金メダルへの激闘!
9 9月18日 バレーボール一直線 三條美紀(村山加代 =真理の母)、今井健二(タクシー運転手)
辻しげる浜田ゆう子
10 9月25日 サンダーボール誕生
11 10月2日 世界に挑めサンダー・ボール! 柳永二郎(バレーボール協会会長・前川)
清水将夫(バレーボール協会理事長・島村)
三條美紀(村山加代)
小林夕岐子(高野かおり)、藤吉次郎(アナウンサー)

放送局[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊TVガイド 1971年4月2日号 p.84 本作の記事より。
  2. ^ 本作放映中の1971年5月26日に死去。
  3. ^ 当時のオープニング映像でのタイトルは『若い太陽』となっている。
  4. ^ 『河北新報』1972年7月26日 - 8月22日付朝刊、テレビ欄。
  5. ^ 『河北新報』1971年5月23日 - 10月30日付朝刊、テレビ欄。
  6. ^ 『河北新報』1971年4月18日 - 9月26日付朝刊、テレビ欄。
  7. ^ 『福島民報』1971年10月29日 - 1972年4月21日付朝刊、テレビ欄。
  8. ^ 週刊TVガイド 1971年8月6日号 p.5 本作の記事より。
東京12チャンネル 土曜20:00~20:55枠
前番組 番組名 次番組
命を賭けます
ワン・ツウ アタック!

レッツ・ゴー ミュンヘン!
ビッグ・チャレンジボウル