ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノートOne Night With Blue Note)とは、1985年2月22日にニューヨークで行なわれたコンサート

1939年アルフレッド・ライオンブルーノート・レコードを創立、1979年に同レコードは活動を停止、1984年にブルース・ランドヴァル、マイケル・カスクーナが復活させた。ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノートは、この復活を記念して催されたコンサート。

アルバム[編集]

コンサートの記録として4枚組のアルバムとコンピレーションが制作・発売された。

  • 『リバース・オブ・ブルーノート:ベスト・オブ・ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノート』 - One Night with Blue Note (EMI/Blue Note) 1985年

映像作品については、2003年にDVDビデオとして再発された。

  • 『ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノート』ASIN B00028XDXG

演奏された曲とアーティスト[編集]

  1. カンタロープ・アイランド(cantaloupe island)- ハービー・ハンコックジョー・ヘンダーソントニー・ウィリアムスフレディ・ハバードロン・カーター
  2. リコーダ・ミー(recorda-me)- ジョー・ヘンダーソントニー・ウィリアムスハービー・ハンコックフレディ・ハバードボビー・ハッチャーソンロン・カーター
  3. リトルB’sポエム(little b's poem)- ボビー・ハッチャーソン、ジェームス・ニュートン、トニー・ウィリアムスハービー・ハンコックロン・カーター
  4. ブーケ(bouquet)- ボビー・ハッチャーソンハービー・ハンコックロン・カーター
  5. ジャンピン・ジャック(jumpin' jack)- スタンリー・ジョーダン
  6. サマータイム(summertime)- ケニー・バレル、グラディ・テイト、グローバー・ワシントンJr.レジー・ワークマン
  7. モーニン(moanin')- アート・ブレイキーウォルター・デイヴィスJr.カーティス・フラージョニー・グリフィンフレディ・ハバードレジー・ワークマン
  8. スイート・アンド・ラヴリー(sweet and lovery)- マッコイ・タイナー
  9. アポイントメント・イン・ガーナ(appointment in ghana)- ジャッキー・マクリーンウディ・ショウジャック・ディジョネットセシル・マクビーマッコイ・タイナー
  10. トーン・ポエム(tone poem)- チャールズ・ロイドジャック・ディジョネットセシル・マクビーミシェル・ペトルチアーニ
  11. ブルース・ウォーク(blues walk)- ルー・ドナルドソンケニー・バレル、グラディ・テイト、ジミー・スミス
  12. ザ・ジャンピン・ブルース(the jumpin' blues)- ジミー・スミス、グラディ・テイト、ケニー・バレルスタンリー・タレンタイン
  13. スクラッチ・マイ・バック(scratch my back)- スタンリー・タレンタイン、グラディ・テイト、ケニー・バレルジミー・スミス
  14. ポントス・カンタドス(pontos cantados)- セシル・テイラー

参考文献[編集]

関連項目[編集]