ワン ナイト トリップ EP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ワン ナイト トリップ EP
阿部芙蓉美シングル
収録アルバム ブルーズ(#1)』
『アルバム未収録(#2,3,4)
リリース 2008年9月10日
録音 2007年2008年
ジャンル J-POP
時間 14分1秒
レーベル FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT
プロデュース 谷本新
チャート最高順位
阿部芙蓉美 シングル 年表
開け放つ窓/なみだは乾かない
2008年
ワン ナイト トリップ EP
2008年
私たちの望むものは
2010年
テンプレートを表示

ワン ナイト トリップ EP」は、阿部芙蓉美の4枚目のシングル

概要[編集]

2008年9月10日に発売された。作詞は阿部芙蓉美(#1,2,4)、Johnny H Mercer(#3)。英訳詞はarvin homa aya(#2)。作曲は谷本新(#1,2,4)、Henry Nicola Mancini(#3)。

初の4曲入りシングルで、収録曲4曲のうち3曲にタイアップが付いた。本作は既出の楽曲「trip -うちへかえろ-」の映画タイアップに合わせたため、「秋限定生産盤」と銘打った企画盤として、年末までの期間限定生産となる。なお、企画盤ということであくまでもお遊びとして、本作のアーティスト写真では阿部は着ぐるみを着用している。

収録曲[編集]

  1. trip -うちへかえろ-
    • ヘキサゴン・ピクチャーズ配給フランス映画『ベティの小さな秘密』日本公開版イメージソング
    • TBS系『CDTV』2008年9月度エンディングテーマ
    初出は2枚目のシングル「青春と路地」のカップリングで、アルバム『ブルーズ』の収録に続き3度目の音源化となる。本作ではリマスタリングを施しての収録となる。なお、本作のタイトルの『ワン ナイト トリップ』は本曲の歌詞によるものである。PVは「青春と路地」「開け放つ窓」に続き、牧鉄馬監督を手掛けており、イメージソングのタイアップとなった映画『ベティの小さな秘密』が映写されているドライブインシアターで阿部がギターを弾き語っているというものになっている。
  2. journey (english version)
    • うごく!プロジェクト『うごく!岐阜<生>』キャンペーンウェブサイト使用曲
    オリジナル曲としては初の英語曲。先に阿部が日本語詞で書いたものを、後に歌手作詞家のarvin homa ayaが英訳して制作された。楽曲自体は6月下旬より『うごく!岐阜<生>』のウェブサイト上でフルサイズで聴くことが出来た。
  3. moon river
    オードリー・ヘプバーンが映画『ティファニーで朝食を』の主題歌として1961年に発表した楽曲のカバーで、阿部にとっては初のカバー曲の音源化となる。楽曲自体はCMソングとして3月よりオンエアが開始され、本作収録の新曲の中では最も早く存在が明らかになっていた。
  4. みんなのブルーズ
    アルバム『ブルーズ』期間限定生産盤の付属DVDのスペシャルクリップとして収録されていた映像でBGMとして使用されていた楽曲で、本作で初のCD音源化となる。楽曲の尺は2分強と、これまで発表した歌詞付きの楽曲の中では最も短い。