ワーシフ・アリー・ミールザー・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワーシフ・アリー・ミールザー・ハーン
Wasif Ali Mirza Khan
ムルシダーバード太守
Wasif Ali Mirza Khan Bahadur.jpg
ワーシフ・アリー・ミールザー・ハーン
在位 1906年 - 1947年
戴冠 1906年12月25日
別号 ナワーブ
出生 1875年1月7日
ムルシダーバード
死去 1959年10月23日
カルカッタ
埋葬 ジャアファルガンジ・セメタリー
王朝 ナジャフィー朝
父親 ハサン・アリー・ミールザー・ハーン
宗教 イスラーム教
テンプレートを表示

ワーシフ・アリー・ミールザー・ハーン(Wasif Ali Mirza Khan, 1875年1月7日 - 1959年10月23日)は、東インドムルシダーバード太守 (在位:1906年 - 1947年)。ライス・ウッダウラ(Rais ud-Daula)とも呼ばれる。

生涯[編集]

1875年1月7日ムルシダーバード太守(このときはまだ太守ではない)ハサン・アリー・ミールザー・ハーンの長男として生まれた。

1906年12月25日、父ハサン・アリー・ミールザー・ハーンが死亡し、息子のワーシフ・アリー・ミールザー・ハーンが太守位を継承した[1]

1947年8月15日インド・パキスタン分離独立時、ムルシダーバード区域はパキスタンに併合され、ハザールダウリー宮殿にはパキスタンの旗が掲げられた[1]。だが、8月17日インドはクルナーと交換でムルシダーバードを手に入れ、ハザールダウリー宮殿にはインドの旗が掲げられた[1]

1953年、インドの西ベンガル州政府はワーシフ・アリー・ミールザー・ハーンの土地をすべて接取した[1]

1959年10月23日、ワーシフ・アリー・ミールザー・ハーンはカルカッタで死亡した[1]。享年84。

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]