ワーズ (ビージーズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワーズ
ビージーズシングル
B面 シンキング・シップス
リリース
規格 7インチ シングル
録音 1967年10月3日
ジャンル ポップス
時間
レーベル イギリスの旗 ポリドール・レコード
アメリカ合衆国の旗 アトコ・レコード
作詞・作曲 バリー・ギブロビン・ギブモーリス・ギブ
プロデュース ロバート・スティッグウッド
ビージーズ シングル 年表
ワールド
(1967年)
ワーズ
(1968年)
ジャンボー /恋するシンガー
(1968年)
ミュージックビデオ
「Words」 - YouTube
テンプレートを表示

ワーズ」 (Words) は、ビージーズの楽曲である。

「ワーズ」シングルのB面である「シンキング・シップス」は、ビージーズの3兄弟全員がリード・ボーカルを担当する、彼らにとって非常に珍しい曲である。

「ワーズ」は多くのアーティストによってカバーされており、1978年のリタ・クーリッジによるバージョンと、1996年のボーイゾーンによるバージョンはヒットした。ボーイゾーンのカバーは、彼らにとって最初のナンバー1ヒットとなった。

解説[編集]

元々、クリフ・リチャードへの楽曲提供だったが、アルバムの製作中だったリチャードは、この曲を録音することまで手が回らなかったため、ビージーズ自身が録音することになった。

1996年、VH1でバリー・ギブは、彼らのマネージャであるロバート・スティッグウッドのために書いた曲だと発言している。

バリー・ギブの非常に強力なビブラートが効いた歌が特徴である[1]。バリー・ギブはリードボーカルのみでなく、すべてのバックボーカルも担当している。演奏は次のメンバーで成り立っている。バリー・ギブ(リズムギター)、モーリス・ギブ(ピアノ、ベース)、ロビン・ギブとコリン・ピーターセン(ドラムス)、オーケストラのアレンジはビル・ジェファード。

なお、元々モノラル録音のシングルのみで発売され、アルバム未収録だった。アルバムに初めて収録されたのは、1969年に発売された『ベスト・オブ・ビージーズ』で、そのバージョンは上書きされたピアノ、ドラムの音量バランスが悪いものだった。

また、この曲は1965年の映画『The Mini Bob』で使用され、そのバージョンではビル・ジェファードがアレンジして、イギリスの歌手ジョージィ・フェイムが歌っていた。

1977年5月に発表されたシングル「宇宙の片隅」(Edge of the Universe) のB面に「ワーズ」のライブ・バージョンが収録されている。両曲とも彼らのライヴアルバム『ビー・ジーズ・グレイテスト・ライヴ』(Here at Last...Bee Gees...Live) に収録されている。

チャート・パフォーマンス[編集]

最高位
西ドイツ 1
オランダ 1
中華人民共和国 1
ベルギー 4
オーストリア 4
カナダ 4
ノルウェー 7
イギリス 8
フランス 9
イタリア 11
オーストラリア 13
アメリカ合衆国 15
日本 19

カバー・バージョン[編集]

ボーイゾーンによるカバー[編集]

ワーズ
ボーイゾーンシングル
初出アルバム『ディファレント・ビート』
リリース
録音 1995年
ジャンル ポップス
時間
作詞・作曲 バリー・ギブロビン・ギブモーリス・ギブ
ボーイゾーン シングル 年表
カミング・ホーム・ナウ
(1996年)
ワーズ
(1996年)
ディファレント・ビート
(1996年)
テンプレートを表示

ワーズ」 (Words) は、アイルランドのバンドであるボーイゾーンのアルバム『ディファレント・ビート』からの 1stシングルで、全英シングルチャートで 1位を獲得した。このシングルは、イギリスでゴールドディスクに認定されている[4]

チャート[編集]

チャート(1996年) 最高位
オーストラリア (ARIA)[5] 96
オーストリア (Ö3 Austria Top 40)[6] 2
ベルギー (Ultratop 50 Flanders)[7] 3
ベルギー (Ultratop 50 Wallonia)[8] 16
フランス (SNEP)[9] 31
アイルランド (IRMA)[10] 1
オランダ (Dutch Top 40)[11] 18
ノルウェー (VG-lista)[12] 14
スウェーデン (Sverigetopplistan)[13] 4
スイス (Schweizer Hitparade)[14] 2
イギリス (全英シングルチャート)[15] 1
先代:
ケミカル・ブラザーズ
「セッティング・サン」
全英シングルチャート ナンバー1シングル
(ボーイゾーン・バージョン)

1996年10月13日(1週)
次代:
スパイス・ガールズ
セイ・ユール・ビー・ゼアー

脚注[編集]

  1. ^ Show 49 The British are Coming! The British are Coming!: With an emphasis on Donovan, the Bee Gees and the Who. [Part 6] : UNT Digital Library. Digital.library.unt.edu. Retrieved on 2011年9月30日
  2. ^ Svensk mediedatabas”. 2011年5月23日閲覧。
  3. ^ Engelbert Humperdinck - We Made It Happen (Vinyl, Europe, 1970) | Discogs
  4. ^ "British single certifications – Words". British Phonographic Industry. Enter Words in the field Keywords. Select Title in the field Search by. Select single in the field By Format. Click Search
  5. ^ "Australian-charts.com – Boyzone – Words". ARIA Top 50 Singles.
  6. ^ "Austriancharts.at – Boyzone – Words" (in German). Ö3 Austria Top 40.
  7. ^ "Ultratop.be – Boyzone – Words" (in Dutch). Ultratop 50.
  8. ^ "Ultratop.be – Boyzone – Words" (in French). Ultratop 50.
  9. ^ "Lescharts.com – Boyzone – Words" (in French). Les classement single.
  10. ^ Irish Charts Search Page
  11. ^ "Nederlandse Top 40 – Boyzone" (in Dutch). Dutch Top 40.
  12. ^ "Norwegiancharts.com – Boyzone – Words". VG-lista.
  13. ^ "Swedishcharts.com – Boyzone – Words". Singles Top 100.
  14. ^ "Swisscharts.com – Boyzone – Words". Swiss Singles Chart.
  15. ^ UK Singles Chart”. ChartArchive.org. 2012年6月30日閲覧。