ワールドプレミア (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ワールドプレミア
World premiere Kikuka Sho 2019(IMG2).jpg
2019年菊花賞
欧字表記 World premiere
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2016年2月1日(4歳)
ディープインパクト
マンデラ
母の父 Acatenango
生国 日本の旗 日本北海道安平町
生産 ノーザンファーム
馬主 大塚亮一
調教師 友道康夫栗東
調教助手 安田晋司
競走成績
生涯成績 7戦3勝
獲得賞金 2億7021万5000円
(2019年12月22日現在)
 
勝ち鞍
GI 菊花賞 2019年
テンプレートを表示

ワールドプレミア(英:World Premire、港:世界首映[1]日本競走馬2019年菊花賞の勝ち馬である。

なお、同名の競走馬が過去に中央競馬に存在していたが[注 1][2]本項では2016年生まれの同名の競走馬について記述する。その他、イギリスにおいても1993年に生産された「World Premire」という競走馬が存在した [3]

経歴[編集]

デビュー前[編集]

2016年7月に北海道苫小牧市で開催されたセレクトセールに上場され、大塚総合税理士法人代表の大塚亮一に2億4000万円で落札された[4]。「世界規模での上映会を目指して」[5]という由来から「ワールドプレミア」と名付けられ、栗東友道康夫厩舎に入厩する。

2018年(2歳)[編集]

10月21日に行われた京都競馬場2歳新馬戦武豊を鞍上に迎えて出走。「伝説の新馬戦[注 2]」とも呼ばれるこの条件 (4回京都第3週、菊花賞当日の芝外1800m の新馬戦競走のこと)の一戦で1番人気に応えてデビュー戦を勝利する[6]。重賞初挑戦となった京都2歳ステークスではクラージュゲリエに次ぐ2番人気に推されたが、その3着に敗れた[7]

2019年(3歳)[編集]

年明け初戦は条件戦のつばき賞に出走。2番人気となったがレースでは直線で2着ユニコーンライオンを退けて2勝目を飾る[8]と、続いて出走したリステッド競走若葉ステークスでも若駒ステークスを快勝したヴェロックスに次ぐ2番人気に推されたがその2着に敗れた[9]

次走には青葉賞 (GII)を予定していたが、ソエのため出走を見送り、春の全休が決まった[10]

復帰戦の神戸新聞杯では皐月賞サートゥルナーリア、本馬が出走しなかった皐月賞や日本ダービーで善戦した先述のヴェロックスに次ぐ3番人気に推された。レースはサートゥルナーリアが快勝。本馬はヴェロックスに続く形で3着に入り、菊花賞への優先出走権を獲得した[11]

そして迎えたクラシック最後の一冠菊花賞にはサートゥルナーリアが天皇賞(秋)を目指し、ダービー馬ロジャーバローズ屈腱炎により既に引退していた為、皐月賞馬、ダービー馬共に不在となり混戦模様となった中で3番人気に推された。レースでは直線で先頭に立って、外から猛然と追い上げた8番人気サトノルークスをクビ差凌いで優勝、重賞及びGI初制覇を成し遂げた[12]。鞍上の武豊は本馬の父ディープインパクトで制覇して以来の菊花賞5勝目を果たすと共に、最年長50歳での菊花賞優勝、昭和平成令和の3元号全てで菊花賞制覇を達成した初めての騎手となった[13]。調教師の友道康夫は、この勝利で自身の管理馬による牡馬クラシック三冠制覇を達成した[14]

次走は第64回有馬記念に出走。武豊にとっては史上初の3元号での同競走騎乗[15]となり、圧倒的支持を集めたアーモンドアイ、GI競走2連勝中のリスグラシュー、サートゥルナーリアに次ぐ4番人気に推された。レースではスタートが決まらず後方からの競馬となるも、鞍上が「決め打ちしかチャンスがない」[16]と判断し、最後方に待機して前を追走。アエロリットがハイペースで逃げ、結果的にはアーモンドアイ含めて先行勢が総崩れ[17]となる展開の中、最後の直線で脚を伸ばし、優勝したリスグラシューには離されたものの2着サートゥルナーリアにクビ差の3着となった[18]

2020年(4歳)[編集]

有馬記念終了後、「春は天皇賞春、秋は天皇賞秋とジャパンカップを目標に」と公表されたが[16]、4歳を迎えた2020年2月21日、体調が整わないため、天皇賞春を回避することが発表された[19]

競走成績[編集]

以下の内容はnetkeiba.comの情報[20]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2018.10.21 京都 2歳新馬 芝1800m(良) 13 6 9 001.80(1人) 01着 R1:48.0(34.9) -0.0 0武豊 55 メイショウテンゲン 472
0000.11.24 京都 京都2歳S GIII 芝2000m(良) 9 2 2 003.40(2人) 03着 R2:02.2(34.5) -0.7 0武豊 55 クラージュゲリエ 464
2019.02.16 京都 つばき賞 5下 芝1800m(良) 8 1 1 004.50(2人) 01着 R1:47.3(36.1) -0.2 0武豊 56 (ユニコーンライオン) 476
0000.03.16 阪神 若葉S L 芝2000m(稍) 10 4 4 003.20(2人) 02着 R2:02.6(35.2) -0.5 0武豊 56 ヴェロックス 474
0000.09.22 阪神 神戸新聞杯 GII 芝2400m(良) 8 8 8 013.20(3人) 03着 R2:27.5(32.3) -0.7 0武豊 56 サートゥルナーリア 472
0000.10.20 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 18 3 5 006.50(3人) 01着 R3:06.0(35.8) -0.0 0武豊 57 (サトノルークス) 484
0000.12.22 中山 有馬記念 GI 芝2500m(良) 16 4 7 013.40(4人) 03着 R2:31.4(35.0) -0.9 0武豊 55 リスグラシュー 492
2020.11.29 東京 ジャパンC GI 芝2400m(良) 15 2 3 045.40(7人) 6着 R2:23.8(35.0) 0.8 0武豊 57 アーモンドアイ 482
  • 競走成績は2020年11月29日現在

血統表[編集]

ワールドプレミア血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系
[§ 2]

ディープインパクト
2002 鹿毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ウインドインハーヘア
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere

*マンデラ
Mandela
2000 栗毛
Acatenango
1982
Surumu Literat
Surama
Aggravate Aggressor
Raven Locks
母の母
Mandellicht
1994
Be My Guest Northern Dancer
What a Treat
Mandelauge Elektrant
Mandriale
F-No.3-d
母系(F-No.) 3号族(FN:3-d) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 5×4 [§ 4]
出典
  1. ^ [21]
  2. ^ [22]
  3. ^ [21][22]
  4. ^ [21][22]


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本競馬においては、顕著な活躍(GI・JpnI級の競走優勝、あるいは主要国際競走優勝馬と同じ馬名)や種牡馬登録などによって保護された馬名以外は、登録抹消後に一定期間を経れば再利用することができる。競走馬#馬名登録のルールも参照のこと。
  2. ^ 同条件で京都競馬場で行われた新馬戦は2008年の1着アンライバルド→2着リーチザクラウン→3着ブエナビスタ、2009年の1着ローズキングダム→2着ヴィクトワールピサなど後の活躍馬を輩出している。

出典 [編集]

  1. ^ ワールドプレミア|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2020年10月26日閲覧。
  2. ^ ワールドプレミア”. JBIS-Search. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月30日閲覧。
  3. ^ World Premier(GB)”. JBIS-Search. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年12月30日閲覧。
  4. ^ 「マンデラの2016」が2億4000万円”. netkeiba.com. 2020年10月19日閲覧。
  5. ^ ワールドプレミアの軌跡 菊花賞でG1初制覇!武豊騎手が3元号G1制覇を達成”. netkeiba.com. 2020年10月19日閲覧。
  6. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【2歳新馬】京都5R ワールドプレミアが「伝説の新馬戦」制す” (日本語). サンスポZBAT!競馬. 2019年10月20日閲覧。
  7. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【京都2歳S】ワールドプレミア直線で盛り返すも3着 武豊「気性が若い」” (日本語). サンスポZBAT!競馬. 2019年10月20日閲覧。
  8. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【つばき賞】ワールドプレミアが差し切りV” (日本語). サンスポZBAT!競馬. 2019年10月20日閲覧。
  9. ^ 【若葉S】ワールドプレミアしぶとく伸び2着 つかんだ皐月賞優先出走権 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月20日閲覧。
  10. ^ 【JRA】ワールドプレミアはソエのため春全休へ | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月20日閲覧。
  11. ^ 【神戸新聞杯】ワールドプレミアが3着で「菊切符」ゲット 武豊「距離は問題なかった」 : スポーツ報知”. hochi.news. 2019年10月20日閲覧。
  12. ^ 【菊花賞】ワールドプレミアが悲願のV 武豊、父ディープにささげるV導く(スポニチアネックス)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2019年10月20日閲覧。
  13. ^ 【菊花賞】ワールドV! 武豊が史上初3元号GI制覇”. サンスポZBAT!競馬 (2019年10月21日). 2020年5月5日閲覧。
  14. ^ 【菊花賞】友道師 牡馬3冠「うれしい」 武豊を絶賛「さすが」”. スポニチ Sponichi Annex (2019年10月21日). 2020年6月23日閲覧。
  15. ^ 【有馬記念】武豊 令和元年はプレミアVで飾る!有馬史上初3元号騎乗へ高まる期待”. www.sponichi.co.jp. 2019年12月29日閲覧。
  16. ^ a b 【有馬記念】ワールドプレミア納得3着 豊の作戦はまった「ためるだけためて」 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年12月29日閲覧。
  17. ^ 【有馬記念】アーモンドアイまさかの9着で初の馬券圏外 ルメール「冷静に走れなかった」” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2019年12月22日). 2019年12月29日閲覧。
  18. ^ 【有馬記念】大外から猛追! ワールドプレミア3着” (日本語). サンスポZBAT!競馬 (2019年12月23日). 2019年12月29日閲覧。
  19. ^ ワールドプレミア天皇賞回避 友道調教師「症状は重いものではない」”. スポーツ報知 (2020年2月22日). 2020年5月5日閲覧。
  20. ^ ワールドプレミア | 競走馬データ - netkeiba” (日本語). netkeiba.com. 2019年10月20日閲覧。
  21. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ワールドプレミア|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年10月20日閲覧。
  22. ^ a b c ワールドプレミアの血統表”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2019年10月20日閲覧。