ワールド・シリーズ・オブ・ファイティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Professional Fighters League
業種

総合格闘技

プロモーター
設立 2012年(8年前) (2012
本社
主要人物
  • ピーター・マレー (CEO)[1]
    レイ・セフォー (社長)
    ジョージ・グリーンバーグ (EVP, EP)[2]
    マーク・ノーラン (EVP)
    ラス・ラムジー (共同創立者)
    ドン・デイビス (共同創立者)
    マーク・レシュリー (共同創立者)
所有者 MMAX Investors
ウェブサイト http://www.pflmma.com

プロフェッショナル・ファイターズ・リーグProfessional Fighters LeaguePFL)旧ワールドシリーズオブファイティング(WSOF)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体。大会はESPNで中継される。

概要[編集]

K-1で活躍したレイ・セフォーを代表とした団体。独自のシーズン制とポイント制を敷き、UFCBellatorに次ぐ第三の団体として、ベテランから若手まで実力者を集め着々と団体規模を広げつつある。

2012年、WSOFがNBCスポーツとテレビ契約を結び設立される。

2013年、海外で活動するブランドとしてWSOF GCを設立。日本、中国、フィリピン、ニカラグアなどで大会を開催した。

2017年、MMAXインベストメントパートナーズがWSOFの経営権を取得し[3]、名称をPFLに変更。

2018年6月7日、huluシアター・アットMSGでPFLとしての第一回大会を開催。同年12月31日に6階級でシーズン優勝戦が行われ、優勝者には賞金100万米ドルが授与された[4]

2019年2月、ESPNとテレビ契約を結んだことが発表された。

ルール[編集]

競技ルールは、ニュージャージー州アスレチック・コミッションが制定した統一ルール(通称:ユニファイドルール)で執り行われる。試合場は十角形のケージ(金網)を使用している。

ポイント制[編集]

各シーズンごとに選手は各階級でポイントを競い合い、上位8選手がプレーオフに進出する。

ポイントシステムは、試合の勝者は3ポイント、敗者は0ポイント、引き分けの場合は1ポイントを獲得する。また1ラウンドで試合を決着させれば3ポイント、2ラウンドは2ポイント、3ラウンドは1ポイントのボーナスポイントを獲得できる。

階級・王座[編集]

2019年[編集]

大会 日付 階級 優勝者 準優勝 3位
PFL 10 2019年12月31日 女子ライト級 アメリカ合衆国の旗 ケイラ・ハリソン ブラジルの旗 ラリッサ・パシェコ カナダの旗 サラ・カフマン
カナダの旗 ボビー・ジョー・ダルジル
フェザー級 アメリカ合衆国の旗 ランス・パーマー アメリカ合衆国の旗 アレックス・ギルピン アメリカ合衆国の旗 ダニエル・ピネダ
カナダの旗 ジェレミー・ケネディ
ライト級 ブラジルの旗 ナタン・シュルテ タジキスタンの旗 Loik Radzhabov アメリカ合衆国の旗 クリス・ウェード
ロシアの旗 Akhmet Aliev
ウェルター級 アメリカ合衆国の旗 レイ・クーパー3世 アメリカ合衆国の旗 デビッド・ミショー ブラジルの旗 グライコ・フランサ
アメリカ合衆国の旗 クリス・カーティス
ライトヘビー級 アルゼンチンの旗 エミリアーノ・ソルディ アメリカ合衆国の旗 ジョーダン・ジョンソン ロシアの旗 ヴォルク・アターエフ
ロシアの旗 ラシッド・ユスポフ
ヘビー級 ロシアの旗 アリ・イザイエフ アメリカ合衆国の旗 ジャレッド・ロショルト ロシアの旗 Denis Goltsov
アメリカ合衆国の旗 ケルビン・ティラー

2018年[編集]

大会 日付 階級 優勝者 準優勝 3位
PFL 11 2018年12月31日 フェザー級 アメリカ合衆国の旗 ランス・パーマー アメリカ合衆国の旗 スティーブン・サイラー ブラジルの旗 アレッシャンドリ・アルメイダ
アメリカ合衆国の旗 アンドレ・ハリソン
ライト級 ブラジルの旗 ナタン・シュルテ ロシアの旗 ラシッド・マゴメドフ アメリカ合衆国の旗 クリス・ウェード
ブラジルの旗 チアゴ・タバレス
ウェルター級 ロシアの旗 Magomed Magomedkerimov アメリカ合衆国の旗 レイ・クーパー3世 ブラジルの旗 Handesson Ferreira
セルビアの旗 ボヤン・ベリチコビッチ
ミドル級 アメリカ合衆国の旗 ルイス・テイラー ロシアの旗 Abusupiyan Magomedov スウェーデンの旗 Sadibou Sy
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ハワード
ライトヘビー級 アメリカ合衆国の旗 ショーン・オコンネル ブラジルの旗 ヴィニシウス・マガリャエス ロシアの旗 ヴォルク・アターエフ
カナダの旗 Smealinho Rama
ヘビー級 ブラジルの旗 フィリップ・リンス アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・コープランド アメリカ合衆国の旗 アレックス・ニコルソン
アメリカ合衆国の旗 ジャレッド・ロショルト

開催履歴[編集]

WSOF[編集]

大会名 開催年月日 会場 開催地
WSOF 18: Moraes vs. Hill 2015年2月12日 エドモントン・エキスポセンター カナダの旗 アルバータ州エドモントン
WSOF 17: Shields vs. Foster 2015年1月17日 プラネット・ハリウッド・リゾート&カジノ アメリカ合衆国の旗 ネバダ州ラスベガス
WSOF 16: Palhares vs. Fitch 2014年12月13日 マクレラン・カンファレンス・センター アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州サクラメント
WSOF 15: Branch vs. Okami 2014年11月15日 USFサンドーム アメリカ合衆国の旗 フロリダ州タンパ
WSOF 14: U.S. vs. Canada 2014年10月11日 エドモントン・エキスポセンター カナダの旗 アルバータ州エドモントン
WSOF 13: Moraes vs. Bollinger 2014年9月13日 サンズ・カジノリゾート アメリカ合衆国の旗 ペンシルベニア州ベスレヘム
WSOF 12: Palomino vs. Gonzalez 2014年8月9日 ザ・ジョイント アメリカ合衆国の旗 ネバダ州ラスベガス
WSOF 11: Gaethje vs. Newell 2014年7月5日 オーシャン・センター アメリカ合衆国の旗 フロリダ州デイトナ
WSOF 10: Branch vs. Taylor 2014年6月21日 ザ・ジョイント アメリカ合衆国の旗 ネバダ州ラスベガス
WSOF 9: Carl vs. Palhares 2014年3月29日 ザ・ジョイント アメリカ合衆国の旗 ネバダ州ラスベガス
WSOF 8: Gaethje vs. Patishnock 2013年1月18日 セミノール・ハードロック・ホテル&カジノ アメリカ合衆国の旗 フロリダ州ハリウッド
WSOF 7: Karakhanyan vs. Palmer 2013年12月8日 PNEアグロドーム カナダの旗 ブリティッシュコロンビア州バンクーバー
WSOF 6: Burkman vs. Carl 2013年10月26日 バンクユナイテッド・センター アメリカ合衆国の旗 フロリダ州ケープコーラル
WSOF 5: Arlovski vs. Kyle 2013年9月14日 レベルカジノ アメリカ合衆国の旗 ニュージャージー州アトランティックシティ
WSOF 4: Spong vs. DeAnda 2013年8月10日 シチズンバンク・アリーナ アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州オンタリオ
WSOF 3: Fitch vs. Burkman 2013年6月14日 ザ・ジョイント アメリカ合衆国の旗 ネバダ州ラスベガス
WSOF 2: Arlovski vs. Johnson 2013年3月23日 レベルカジノ アメリカ合衆国の旗 ニュージャージー州アトランティックシティ
WSOF 1: Arlovski vs. Cole 2012年11月3日 プラネット・ハリウッド・リゾート&カジノ アメリカ合衆国の旗 ネバダ州ラスベガス

参戦選手[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]