ヴァイマール伯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ヴァイマール伯Graf von Weimar)は、現在のドイツテューリンゲン州に存在した独立した政治勢力及び当該地域の領主の爵位である。949年の記録に残るヴィルヘルムが最初のヴァイマール伯として知られている。ヴァイマール伯家の出自は明らかではないが、バーベンベルク家と親族関係にあると推測されている。ヴィルヘルムの息子ヴィルヘルム2世(大ヴィルヘルム、治世: 963年 - 1003年)の治下、ヴァイマール伯は、テューリンゲン地方で最も有力な貴族の一門となった。ヴィルヘルム4世(治世: 1039年 - 1062年)は、ザクセン宮中伯およびマイセン辺境伯をも手に入れた。子供を遺さずに亡くなったヴィルヘルム4世の跡を弟のオットー1世(治世: 1062年 - 1067年)が継いだ。彼は、ヴァイマールの統治開始前、既にオーラミュンデ伯となっていた。彼は両領域を統合し、これ以後ヴァイマール=オーラミュンデ伯と呼ばれる。このうちの少なくともヴァイマール側の所領は1365年まで存続した。

ヴァイマール伯[編集]

  • ヴィルヘルム1世 963年まで
  • ヴィルヘルム2世(大ヴィルヘルム) 963年 - 1003年
  • ヴィルヘルム3世 1003年 - 1039年
  • ヴィルヘルム4世 1039年 - 1062年

ヴィルヘルム4世以降は、ヴァイマール=オーラミュンデ伯を参照のこと。

系図[編集]

 
 
 
 
 
ヴィルヘルム1世
(-963)
ヴァイマール伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィルヘルム2世
(930/5-1003)
ヴァイマール伯
 
ポッポ
 
ジクベルト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィルヘルム3世
(-1039)
ヴァイマール伯
 
 
 
 
 
ポッポ1世
(?-c.1044)
ヴァイマール伯
イストリア辺境伯
 
アグネス
=ザクセン宮中伯フリードリヒ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴィルヘルム4世
ヴァイマール伯
 
オットー1世
ヴァイマール=オーラミュンデ伯
 
アリボ
(-1070)
助祭
 
ウルリヒ1世(-1070)
クライン辺境伯
イストリア辺境伯
ヴァイマール=オーラミュンデ伯
 
ソフィーア
(ハンガリー王ベーラ1世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーダルベルト2世
バレンシュテット伯
 
アーデルハイト
伯領相続人
 
ヘルマン2世
ロートリンゲン宮中伯
 
ウルリヒ2世
(-1112)
イストリア辺境伯
ヴァイマール=オーラミュンデ伯
 
アーデルハイト
(チューリンゲンの伯ルートヴィヒ娘)
 
ポッポ2世
(-1098/1103)
イストリア辺境伯
 
リヒャルディス
(シュポンハイム伯エンゲルベルト1世娘)
 
リヒャルディス
=シェイエルン伯オットー2世
 
アーデルハイト
1=フリードリヒ2世・フォン・レーゲンスブルク
2=ウダルシャルク・フォン・ルルンガウ
 
ヴァルブルガ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アスカーニエン家
 
 
 
 
ハインリヒ2世
ライン宮中伯
 
 
 
 
 
 
 
ゾフィー
(-1132)
=アンデクス伯ベルトルト2世
 
ヘートヴィヒ
(-1162)
=ボーゲン伯アルベルト2世
 
ポッポ3世
(-1141)