ヴァシリコ・ブリャチスラヴィチ (ヴィテプスク公・12世紀末)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヴァシリコ・ブリャチスラヴィチロシア語: Василько Брячиславич、? - 1209年以降)は、ヴィテプスク公ブリャチスラフの子である。ヴィテプスク公(在位:1186年 - ?)。

1180年、父ブリャチスラフと共にドルツクを包囲した(ru)。1186年、義父のスモレンスク公ダヴィドドルツク公フセスラフ、ロゴジュスク公ヴァシリコ(be)らの支援を得てヴィテプスク公位に就いた。1196年にはオレグ家と共闘してスモレンスク公国軍を破った(ru)

1209年、ヴァシリコの娘がウラジーミル大公フセヴォロドの後妻となった。タチシチェフ(ru)、ウォイトウィチ(uk)らの説では、娘の名はリュバヴァとされている。また、ブリャチスラフという息子の存在が知られている。

参考文献[編集]