ヴァシリー・ペロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴァシリー・ペロフ
Перов Автопортрет.jpg
自画像
生誕 (1834-01-02) 1834年1月2日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国トボリスク
死没 1882年6月10日(1882-06-10)(48歳)
Flag of the Russian Empire (black-yellow-white).svg ロシア帝国モスクワ
教育 モスクワ美術学校

ヴァシリー・ペロフ (ロシア語: Васи́лий Перо́в 1834年1月2日ユリウス暦1833年12月21日〕 - 1882年6月10日ユリウス暦1833年5月29日)は、ロシア画家

経歴[編集]

ロシア帝国トボリスクで誕生した[1]。父親は検察官[1]。彼は1846年にアルザマスにあるアレクサンダルストウピン美術学校に通う、この頃、腕前の良さによってニックネームとして「筆」«перо» にあやかったペロフの名を受けた[1]。1853年に名門モスクワ美術学校に入学、主にセルゲイ・ザルヤンコのもとで学ぶ、1861年に修了した。1856年、帝国美術アカデミーで発表したスケッチで小銀勲章を受賞した。 1861年に絵画「村の説教」で大金勲章を受賞、海外旅行の給費金を受け取った。1862年にエレーナと結婚した。同年に西欧諸国へと旅発ち、ドイツのベルリンドレスデンデュッセルドルフといった数々の都市を訪問、その後、フランスのパリに向かった。この旅行中、彼はヨーロッパの街の生活場面等をたくさん描いた。1864年の秋にモスクワに戻り、妻の叔父の家に住んだ。1866年、アカデミー会員の称号を受け、1871年にモスクワ美術学校の教授になった。同時期に移動派へ参加。1882年、結核によって亡くなり、亡骸はモスクワにあるドンスコイ墓地に埋葬された。

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Vasily Perov. Biography”. 2014年5月17日閲覧。