ヴァリー・フォージ (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
USS Valley Forge
艦歴
起工 1943年9月14日
進水 1945年7月8日
就役 1946年11月3日
退役 1970年1月15日
その後 1971年10月にスクラップとして売却
除籍 1970年1月15日
性能諸元
排水量 27,100 トン
全長 888 ft (m)
艦幅 93 ft (28.4 m)
全幅 147.5 ft (45 m)
吃水 28.7 ft (8.8 m)
機関 ウェスティングハウス製蒸気タービン4機, 4軸推進, 150,000 shp
最大速 33 ノット (61 km/h)
乗員 士官、兵員3,448名
兵装 5インチ(127 mm)連装砲4基、5インチ単装砲4基
4連装40mm機銃8基、20mm機銃46基
搭載機 90 - 100

ヴァリー・フォージ(USS Valley Forge, CV/CVA/CVS-45, LPH-8)は、アメリカ海軍エセックス級航空母艦。艦名はジョージ・ワシントンが1777年から78年にかけて駐留した野営地に因む。

艦歴[編集]

ヴァリー・フォージは1943年9月14日、ペンシルベニア州フィラデルフィアフィラデルフィア海軍造船所で起工した。1945年7月8日、アレグサンダー・A・ヴァンデグリフト夫人(海兵隊司令官の妻)によって命名、進水し、1946年11月3日、ジョン・W・ハリス艦長の指揮下就役する。

艤装完了後ヴァリー・フォージは1947年1月24日にノーフォークを出港しパナマ運河を経由してキューバグアンタナモ湾に向けて整調航海を行う。3月18日に巡航を終えると、オーバーホールのためにフィラデルフィアへ帰還する。7月14日にフィラデルフィアを出港、8月5日にパナマ運河を通過した。ヴァリー・フォージは14日に母港のサンディエゴに到着し、太平洋艦隊に加わる。第11航空団を乗艦させた後沖合で射撃、飛行訓練を行う。10月9日にハワイに向かい、機動部隊は真珠湾沖で三ヶ月の訓練を行った後1948年1月16日にオーストラリアに向けて出港する。シドニー訪問後オーストラリア海軍との合同演習を行い、続いて香港へ向かった。

香港から中国青島に向かう途中に、機動部隊に対して大西洋経由で帰還せよとの命令が下る。護衛駆逐艦と共にヴァリー・フォージは世界一周航海を継続した。マニラシンガポールトリンコマリーセイロンサウジアラビアのラス・タヌラに寄港し、ペルシャ湾での活動後にスエズ運河を通過し、ヴァリー・フォージはスエズ運河を通過した最大の航空母艦となった。艦は最後に地中海、大西洋およびパナマ運河経由でサンディエゴに到着した。

朝鮮戦争[編集]

1950年6月25日の朝鮮戦争勃発時、第7艦隊に所属しており、香港に錨を下ろしていた。開戦の知らせを受けると一旦フィリピンのスービック湾に移動し燃料を補給し、それから巡洋艦ロチェスターと6隻の駆逐艦で第77任務部隊を編成した。沖縄の中城湾で巡洋艦ジャマイカと空母トライアンフからなるイギリス艦隊と待ち合わせをした後に朝鮮半島近海に出動し、7月3日以降からアメリカ軍・韓国軍への航空支援をおこなっている。 ヴァリー・フォージは実戦において初めてジェット機(F9F戦闘機)を運用した空母となった。 その後トライアンフや8月1日に到着したフィリピンシーとともに釜山橋頭堡の戦いクロマイト作戦において航空支援を行った。 9月以降からはボクサーやレイテが到着したため11月末に一旦帰国し修理を行った。 その後中国軍の参戦により国連軍が窮地に陥ったため12月末に朝鮮沖に急行し、フィリピンシー、レイテ、プリンストンとともに敗走する国連軍の援護を行った。

ベトナム戦争[編集]

1970年1月15日にヴァリー・フォージは退役し、同日除籍された。

艦を博物館として保存するための資金調達が失敗に終わり、ヴァリー・フォージは1971年10月29日にカリフォルニア州ビバリーヒルズのニコライ・ジョフル株式会社にスクラップとして売却された。

ヴァリー・フォージは朝鮮戦争の戦功で8つの、ベトナム戦争の戦功で9つの従軍星章を受章し、3つの海軍部隊栄誉章も受章した。

『サイレント・ランニング』[編集]

ロングビーチでの保管の間に、1971年2月14日から28日までヴァリー・フォージはSF映画サイレント・ランニング』の撮影に使用された。映画の主な場面は宇宙貨物船「ヴァリー・フォージ」で、2,000フィートの長さの貨物室に、地球最後の植物が育てられる6つの大きなジオデシック・ドームを積んでいるという設定であった。

映画のプロデューサーは「宇宙貨物船」の貨物室、コントロール・ルーム、居住区を表現できる場所を探していた。ハリウッドのスタジオ・セットは法外な使用料がかかり、映画の制作費を抑えるために倉庫、貨物船、タンカーを含む様々な場所が調査された。アメリカ海軍に連絡を取って空母の使用に関する質問を行った後、プロデューサーの関心はロングビーチ海軍造船所で廃棄のために保管されていたヴァリー・フォージ、フィリピン・シープリンストンといったタイコンデロガ級航空母艦に向けられた。退役空母は撮影現場として申し分なく、海軍もその申し出に関心を示し、その中からヴァリー・フォージが選ばれた。映画に登場する宇宙貨物船は撮影現場に因んで「ヴァリー・フォージ」と命名された。

ヴァリー・フォージの艦載機格納庫が映画の中で貨物室として使用された。格納庫は塗装が行われ、ポリスチレン材で飾り立てられた。飛行司令所は宇宙船の乗組員のコントロール・ルームと居住区を表すため大きく改造された。隔壁は切断され、カメラ及び俳優の移動ができる広い通路とされた。コンピューター・コンソールや様々なプロップが宇宙貨物船を表現するために取り付けられた。映画スタッフは金属部材が削り取られない限り、船内で望むことを全て認められた。船の動力使用は認められなかったため、動力と水は船外から運び込まなければならなかった。

映画撮影は空母内部の見通しの悪さに妨げられ、撮影法の革新が必要であった。

撮影終了の八ヶ月後、ヴァリー・フォージはスクラップとして売却された。

関連項目[編集]