ヴァルチャー (キャラクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 (Template:表記揺れ案内)
  • バルチャー
ヴァルチャー
出版の情報
出版者 マーベル・コミック
初登場アメイジング・スパイダーマン』 2号(1963年5月)
クリエイター スタン・リー
スティーヴ・ディッコ
作中の情報
フルネーム エイドリアン・トゥームス(Adrian Toomes)
種族 人間
所属チーム シニスター・シックス
シニスター・トゥエルブ
著名な別名

ブラッキー・ドラコ(Raniero "Blackie" Drago),

クリフトン・シャロット(Clifton Shallot)
能力 飛行能力と鋭い翼
増強された体力・耐久力
天才的な頭脳

ヴァルチャー (Vulture)は、スパイダーマンシリーズに登場する代表的なヴィランの一人である。ハゲタカ(英語でヴァルチャーと呼ぶ)のようなスーツを着て飛行することができる。

実写映画シリーズ“マーベル・シネマティック・ユニバース”の『スパイダーマン:ホームカミング』にも登場。

初代[編集]

原作漫画[編集]

本名は、エイドリアン・トゥームス(Adrian Toomes)。

天才的な技術者・発明家であったトゥームスは、親友のグレゴリー・ベストマンと共に「エレクトロニクス」という会社を経営していた。会社内では、ベストマンが運営をしており、トゥームスは電磁波を利用して飛行を可能にするハーネスなどの画期的な発明品の開発に専念していた。しかし、ベストマンはトゥームスを裏切って、彼の利益を横取りしたり、最終的には会社の支配権を全て握ってトゥームスを追い出すなど悪行を行った。それでもトゥームスは飛行ハーネスの開発を完成させ、復讐者となって「エレクトロニクス」社の金をすべて盗み出した。この経験を経て、飛行の快感と強化されたパワーに酔いしれた彼は、バルチャーと名乗り犯罪者への道へ進むことを決意する[1]

その後も味を占めた彼は、警察に犯罪予告をする大胆さも見せ始めた。それを聞きつけたスパイダーマンは、バルチャーを倒すだけでなく、戦闘時に写真を撮影してデイリー・ビューグルに売り込もうと考えたのだった。結果的に、ヴァルチャーは公衆の面前で侮辱され、怒り狂った彼はスパイダーマンへの復讐に執着するようになった。

ちなみに、彼を撮影したことによってピーターはデイリー・ビューグル社のカメラマンになることができた。

  • 1963年発行のアメイジング・スパイダーマン第2号で初登場を果たし、グリーンゴブリンドクター・オクトパスと並んでスパイダーマンを代表する最も古い悪役の一人として、度々スパイダーマンの前に立ちはだかってきた。
  • 1964年発行のアメイジング・スパイダーマン アニュアル1号にて、ドクター・オクトパス、ミステリオサンドマンエレクトロクレイヴン・ザ・ハンターのスパイダーマンの宿敵5人と共に、悪のヒーローチームシニスター・シックス(邪悪なる6人)を結成し、初代メンバーとしてスパイダーマンと対戦する。
  • 2016年発行の『スーペリア・スパイダーマン』では、ドクター・オクトパスに乗っ取られたスパイダーマンと対戦し、こてんぱんに打ち負かされて大ケガを負った。その上、オクトパスがスパイダーマンの肉体を乗っ取っていることにも気づかなかった。

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

二代目[編集]

本名は、ブラッキー・ドラコ(Raniero "Blackie" Drago)。

1967年発行のアメイジング・スパイダーマン第48~49号で登場。事故で瀕死の重傷を負ったトゥームスと刑務所で同房だった黒人の犯罪者。トゥームスから継承者として選ばれた。

実際は、トゥームスを事故でケガを負わせたのはブラッキーの策略で、バルチャーの名を我が物にしようと企んだ卑劣な男。若さという点ではトゥームスに勝っていたが、経験や専門知識で大きな差がみられ、結局トゥームスに打ち負かされて役割を返上することになった。

三代目[編集]

名は、クリフトン・シャロット(Clifton Shallot)。

1974年発行のアメイジング・スパイダーマン第128号で登場。元エンパイア・ステート大学の教授で、肉体をバルチャーに突然変異させた。殺人現場を見たメリー・ジェーン・ワトソンを口封じのために殺害しようと執着する。

四代目[編集]

名は、ジミー・ナターレ(James "Jimmy" Natale)。

2009年発行のアメイジング・スパイダーマン第592号で登場。元ギャングで、意図せずして酸性の唾を武器とする新たなバルチャーになってしまった。長らく活躍していたが、2011年にパニッシャーに殺され、トゥームスが再びバルチャーの地位を取り戻すことになった。

MCU版[編集]

MCUの『スパイダーマン:ホームカミング』では、マイケル・キートンがウィング・スーツを身に纏った怪人であるエイドリアン・トゥームス/バルチャーを演じる。

キャラクター像[編集]

元々は残骸処理会社の経営者で、“ニューヨーク決戦”の後始末を任されたことから、新しいトラックを購入し人材を雇ったにも関わらず、トニー・スターク/アイアンマンが米国政府と共に組織した“ダメージ・コントロール局”の介入により失業してしまう。自分の家族や部下を食わせるためにと、職を奪われたことへの腹いせも含め、政府に未提出だったチタウリの残骸などを再利用して利益を得ることを思い付き、それ以降は部下たちと共に自身の装着するウィング・スーツやハイテク武器を作り、犯罪者への密売を生業とするようになった。自身は武器の材料に作り変えるヴィランらの残骸及びダメージ・コントロール局管理下の物資などの奪取・回収の他、邪魔者の対処も自ら行う。

収入源が武器密売という点を除けば、普段は立派な邸宅に住んでおり、活力に満ち、職場では部下たちに、家庭では妻のドリスと一人娘のリズに心から愛情と思いやりを注ぎ、面倒見も良い理想的な人柄の持ち主で、リズをパーティーに誘いに来たピーター・パーカー/スパイダーマンにも直接の初対面時には非常に友好的に接していた。一方で理不尽で合点がいかないことに直面したり、トラブルやアクシデントで事が思うように運ばなくなると、他者や物に当たってしまい、邪魔者は脅迫や実力行使に出てでも排除しようとするほど癇癪持ち[注釈 1]

あくまでも武器密売は家族や部下たちの生計のためであり、失業する遠因となったトニーを恨んでいるものの、現在の生業のためにトニーたちアベンジャーズへ開発した武器を使用しての直接的なテロ行為などは行わず、ヒーローたちや捜査機関に見つからないよう長年暗躍を続け、事業を軌道に乗せていた。

ツール[編集]

バルチャーのエグゾスーツ
トゥームス/バルチャーが装着する、彼専用の高性能ウィング・スーツとヘルメット。禿鷹を想起させるデザインで、本体に取り付けられた一対の操縦桿を握って操作し、背部のジェットエンジンと、ティルトローター式のタービンエンジンを搭載し高い可動性を持つ機械製の巨大な両翼の働きで自在に空中を飛行し、ホバリングと2本のアンカー射出、遠隔操作によるスーツ単体での自律飛行と石柱も破壊するほどの体当たり攻撃、壁面への密着も可能で、刃物状の両翼端で物体を挟み切ることもできる。さらに翼の一部はデコイ・ドローンとなる。両脚部には無骨で切れ味鋭い近接格闘用の鉤爪が装備されており、自動車程の重量物をも器用に捕らえ、そのまま吊り下げての運搬も可能な高い利便性も有しているなど、スパイダーマンのハイテク・スーツにも匹敵するほどの機能の数々を有している。
ヘルメットには展開するバイザーと、緑色のインタフェース、酸素の薄い高度でも飛行できるように酸素マスクを搭載しており、両目部分は緑色に光る。
普段はバルチャーの一味のアジトの作業場の専用の台座に置かれ、トゥームスはこれを廃品回収と敵対者との戦闘に使用する。しかし、アベンジャーズ・タワーから輸送される荷物を巡る戦いでダメージが蓄積したため自壊し、大破する。
ブラスター
強力なブラストを発砲するビームガン。ブライスの粛正と[注釈 2]フェリーでのピーターやFBI捜査官たちとの戦闘で使用し、ピーターのウェブに縛られて取り落とすものの、その際の衝撃でコアが暴発して、より強力なエネルギー波が放出。フェリーを真っ二つにする。
マター・フェーズ・シフター
4個の小型発生機からなる物質位相器。4個の発生機を屋根や壁面に並べながら設置し、起動させると発生機が設置された範囲内を非物質化させる。
トゥームスによって、ダメージ・コントロール局のトラックのコンテナや、スターク社の輸送機内に侵入するために用いられる。
真空密封シール
貼り付けることで密閉空間を真空状態にする特殊シール。トゥームスはメイソンからこのシールの制作を何度か推し進められていたが、何故か頑なに拒否し続けていた。
しかし、“最後の仕事”としてアベンジャーズ・タワーから輸送される荷物を奪取する作戦を計画したことでメイソンに作らせ、飛行するスターク社の輸送機内へ安全に侵入するために輸送機の壁面にエグゾスーツを密着し、その内側にシールを貼り付けて、周囲との気圧の差を減少させ、この状態を維持させた。そこからトゥームスは、マター・フェーズ・シフターで機内に侵入する。

描写[編集]

スパイダーマン:ホームカミング
ニューヨーク決戦から現代まで、武器の開発・密売業を成功させ続けてきたが、部下のジャクソン・ブライス/ショッカー(初代)とハーマン・シュルツが取引現場をピーター/スパイダーマンに見られて騒ぎを起こしたことでピーターに目をつけられてしまい、自ら赴いたダメージ・コントロール局のトラックからの物資奪取も、フェリーでのマック・ガーガンらとの取引も、ピーターの妨害によって失敗し、スパイダーマンに対する憎悪を募らせていく。
フェリーの一件でFBIやトニーにまでその存在を認知されたために、実質的に商売が困難となりつつある程追い詰められ、最後の仕事と称して一攫千金を狙い、遂にアベンジャーズ・タワーから輸送される荷物を奪取しようと行動を開始。決行の日、パーティに出席するリズを家に迎えに来たピーターと共に会場のミッドタウン高校へ車で送っていく最中、リズの父親がバルチャーだと先に気付いたピーターの反応や、ピーターがスパイダーマンが現れた場所で「いつもいなくなる」というリズの発言などからスパイダーマンの正体に気づく。この時は先のワシントン記念塔での事故の際に娘を救われたことから銃を突きつけはしたものの、警告で済ませた[注釈 3]
警告を聞き入れずヒーローとして自身を止めに現れたピーターと廃工場、飛行中の輸送機内外、そして輸送機墜落後はコニーアイランドで壮絶な決闘を繰り広げた。最後はスーツが限界に来ていることに気付いたピーターの制止を振り切り、多数のアーク・リアクターが入ったコンテナを持ち去ろうとしたところでスーツが自壊し爆発に巻き込まれたが、ピーターに助け出され捕縛された。
その後刑務所に収監されるも、ピーターには娘と自分の命を結果的には助けて貰ったことにより心動かされるものがあったのか、所内で遭遇したガーガンからのスパイダーマンの正体についての質問ははぐらかす。

余談[編集]

吹き替えは大川透が声を担当した。

トゥームス/ヴァルチャーは独創的な悪役として高い評価を受けた[2]。悪役であるにもかかわらず、娘のデート相手であるピーターを尊重するバランス感覚のある良き父親であり、性差別的なステレオタイプから脱却した多面的なキャラクターであると評されている[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 失業した際も、それを告げに現れ挑発してきた役人に手を挙げてしまい立場を悪くしている。また、ジャクソン・ブライス/ショッカー(初代)も事故に近い形であったが殆ど衝動的に粛清してしまっている。
  2. ^ この時トゥームスは、お灸を据えるために反重力銃をとったつもりだったが、勘違いしてブラスターを撃ってしまった。
  3. ^ もっとも、ピーターが警告を聞き入れないと予想していたのかミッドタウン高校の裏口にショッカー(二代目)となったシュルツを差し向けている。

出典[編集]

  1. ^ スパイダーマン大全[増補改訂版]. 小学館集英社プロダクション. (2017). pp. 65頁. ISBN 978-4-7968-7706-0. 
  2. ^ Abraham Riesman (2017年7月6日). “Spider-Man’s Vulture Is the Best Marvel Movie Villain in Years”. Vulture. 2017年12月28日閲覧。
  3. ^ Leah Thomas (2017年7月14日). “How 'Spider-Man: Homecoming' Avoids One Of Pop Culture's Most Sexist Tropes”. Bustle. 2017年12月28日閲覧。