ヴァルプルガ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴァルプルガ
256 Walpurga
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
(ヴァルプルガ族?)
発見
発見日 1886年4月3日
発見者 ヨハン・パリサ
軌道要素と性質
元期:2007年10月27日 (JD 2,454,400.5)
軌道長半径 (a) 2.998 AU
近日点距離 (q) 2.786 AU
遠日点距離 (Q) 3.209 AU
離心率 (e) 0.070
公転周期 (P) 5.19 年
軌道傾斜角 (i) 13.31
近日点引数 (ω) 48.45 度
昇交点黄経 (Ω) 183.06 度
平均近点角 (M) 103.03 度
物理的性質
直径 63.34 km
スペクトル分類 X
絶対等級 (H) 9.80
アルベド(反射能) 0.0530
■Template (■ノート ■解説) ■Project

ヴァルプルガ (256 Walpurga) は、小惑星帯に位置する大きな小惑星の一つ。一部の研究者はヴァルプルガないしロミアに代表される小規模な小惑星族があると考えている。

1886年4月3日にオーストリア天文学者、ヨハン・パリサがウィーンで発見し、聖ヴァルプルガにちなんで命名した。

関連項目[編集]


前の小惑星:
オッパヴィア (小惑星)
小惑星
ヴァルプルガ (小惑星)
次の小惑星:
シレジア (小惑星)