ヴァルポリチェッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ヴァルポリチェッラ
DOC Valpolicella
制定年月日 27/12/1990  
ガッゼッタ・
ウッフィチャーレ番号
14/05/1991,
n 111
収穫量(ブドウ/ha 120 q
最大収穫量 70.0%
ブドウの自然アルコール度数 10.0%
ワインの最低アルコール度数 11.0%
最低乾燥エキス分 18.0‰
製造用に許可されたブドウ品種
  • コルヴィーナ: 40.0% - 70.0%
  • ロンディネッラ: 20.0% - 40.0%
  • モリナーラ: 5.0% - 25.0%
出典:Ministero delle politiche agricole

ヴァルポリチェッラ (Valpolicella) は、イタリアD.O.C.ワイン。その名前は作られる地域から来ていて、北イタリアのヴェネト州ヴェローナ近郊で作られるイタリアを代表する赤ワインの一つである。

ヴァルポリチェッラのボトル

ブドウ品種はコルヴィーナ、モリナーラ、ロンディネッラ、ロシニョーラ、ネグラーラ・トレンティーナ、バルベーラサンジョヴェーゼ等である。

古くからの栽培地域である、サンタンブロージョ・ディ・ヴァルポリチェッラサン・ピエトロ・イン・カリアーノネグラールマラーノフマーネで生産されたものはクラッシコ (classico) 、ヴァルパンテーナ (Valpantena) 地区産はヴァルパンテーナを名乗ることが可能。

その他の栽培地域として、イッラージ、ヴェローナ、カッツァーノ・ディ・トラミーニャグレッツァーナコロニョーラ・アイ・コッリサン・マウロ・ディ・サリーネサン・マルティーノ・ブオン・アルベルゴチェッロ・ヴェロネーゼドルチェートレニャーゴペスカンティーナメッツァーネ・ディ・ソットモンテッキーア・ディ・クロザーララヴァーニョが認定されている。

レチョート (Recioto) は乾燥させたブドウの房レチエ (recie) を使用する甘口ワイン。レチエからは発砲性のスプマンテと、辛口のアマローネ (Amarone) が作られる。

アマローネ (Amarone) を醸造した半干しブドウを再利用して香り付けした、リパッソ (Ripasso) と言う手法で醸造されるワインもある。

関連項目[編集]